日本は福島原子力発電所からの汚染された水を拒絶することを決定します…「放射性恐怖」が成長しています



日本は福島原子力発電所からの汚染された水を拒絶することを決定します…「放射性恐怖」が成長しています

朝鮮日報記者ジョンボジョン

▲汚染された水タンクが設置された福島第一原子力発電所。 /Picture=聯合ニュースDB

日本政府が福島第一原発事故で放射性物質で汚染された125万トン以上の水を海に投棄することを決定した後、論争が勃発した。

地元メディアによると、日本政府は、そのような計画を含む「処理水の処分に関する基本方針」についての閣僚会議で決定した。 この決定は、将来解体される前に福島の原子力発電所の敷地に残された水タンクを排除することにあります。 、ろ過できないトリチウム(トリチウム)は、水と混合して濃度を下げると放出されることが予想されます。 また、排出基準を維持するためのモニタリングを強化するなど、汚染水の排出による被害の防止に努めます。

日本政府の決定は国際的に批判されています。 特に日本に近い韓国の場合、放射線漏れやそれによる直接的・間接的な被害が懸念されており、より鋭い反応を示しています。 同日の朝に発表された声明のなかで、核廃棄物に対する市民行動は、「日本政府は、放射性水を人体に無害なレベルまで希釈し、順次放出することを計画している。 私たちは解放を防ぐためにあらゆる措置を講じ、それを「核テロ」と定義します」と彼は言いました。 政府はまた、この決定に対して「強い遺憾の意」を表明し、「国際的な検証や韓国の科学的監視によって損害が発生した場合、補償や停止を求めるなどの断固たる措置を講じる」と述べた。

消費者はまた、福島からの汚染された水が国内の海に流れ込むことや、家庭やレストランで日本のシーフードを摂取することによって放射線による被害を受けることを心配しています。 実際、福島原子力発電所の汚染水には、トリチウム▲、セシウム134/137、ストロンチウム90などの放射性核種が含まれています。実際、このような汚染水にさらされた魚介類を食べると、放射性物質が体内に蓄積し、内部にさらされる可能性があります。発生する可能性があります。

トリチウムが体内に露出すると、遺伝子組み換えや細胞死を引き起こし、生殖機能を低下させる可能性があります。 ウラン原料の核分裂中に生成されるセシウム137は、筋肉や腸に蓄積したり、DNA組織を切断したりして、▲不妊症▲ミオソーム▲全身性麻痺、白内障、脱毛を引き起こす可能性があります。 ストロンチウム90は体に吸収され、骨や骨髄に蓄積します。これは癌のリスクを高めることが知られています。 さらに、いくつかの研究により、体内に導入された放射性物質が細胞を攻撃し、細胞核にDNA突然変異を引き起こす可能性があることが確認されています。

一方、汚染水を排出するためには、日本の原子力規制委員会による審査・承認が必要となるため、実際の処分には約2年かかると見込まれます。 その後、2041年から2051年にかけて、日本の解体工事が完了する見込みで、長期間発売される予定です。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。