[fn이사람] 「事故の危険性について語り続ける若い羊飼いの役を演じます」











チェ・ヨンファ、三星火災海上保険、企業セキュリティ研究センター上級副社長
大雨等の危険要因を防止する地域
神戸大学卒業後、教職に就くも現場に戻る。
百貨店のメインステージ、大型物流倉庫など
人の命を守ることに完璧はありません。

[fn이사람] "事故の危険性について語り続ける若い羊飼いの役を演じます。"

「若い羊飼いになっても構いません。常に報告し、事故を未然に防ぐこと。それが私たちの使命です。」

チェ・ヨンファサムスン消防海洋安全研究所長(写真)は、韓国では数少ない防災専門家だ。 大型ビルや工場、倉庫などの危険因子を事前に洗い出し、事故や事故を未然に防ぎます。 昨今の大雨による被害を未然に防ぐことも防災の専門家の役割です。

2000 年代初頭まで、この分野の専門家はあまりいませんでした。 防災専門家の数は、国の経済成長に比例します。 生計を立てるのが難しい今、安全よりも生産性と効率性が求められます。 防災の分野で有名な話に、国民所得が1万ドルあれば国は防災に関心を持ち、2万ドルになると開花し、3万ドルになると活性化するというものがあります。

崔さんが神戸大学で防災学の博士号を取得したとき、国民所得は1万くらいで、誰も興味を示さなかったので気をつけていました。 都市計画防災の修士号を取得後、韓国人間居住研究所に2年以上勤務。

金大中(キム・デジュン)政権で広域都市計画チームに参加した時、勉強の必要性を感じました。 崔課長は「プロジェクト全般を管理するには専門的な勉強が必要だった」と話した。

日本とアメリカを考えた結果、日本を選びました。 米国の防災産業では、保険が基本であり、民間セクターが中心です。 日本は国の中心でした。 私たちの状況は私的ではなく国家的なものであるため、私は日本に行きました。

防災の分野で名高い神戸大学で3年間の博士課程を修了後、国立大学に戻り教授に。 しかし、地面への渇望がありました。 そんなわけで、4年半ぶりに三星消防に入社。

崔主任は「本と現場は時差があり、理論と現場は違う。めまぐるしく変化する現場を体験したかった」と話した。

過去13年間、韓国だけでなく海外でもさまざまな場所で事故防止活動に携わってきました。 百貨店、半導体工場、石油化学工場、造船所などのお客様を訪問。 現在も週に一度、お客様が現場に出向き、事故の危険性がないか再確認しています。

最近は大型倉庫での事故防止にも力を入れています。 コロナ19以降、配送戦争が勃発し、首都圏近郊に大型物流倉庫が建設された。 近年、数々の事故が社会問題となっています。 崔シェフが大型物流倉庫に足を運び、リスク要因を細かくチェック。

体は硬くても自尊心は高い。

「私たちの仕事は、社会全体の視点から事故防止に主導的な役割を果たすことです」と彼は言いました。

崔署長は「事故防止に完璧はない」「お客さまの財産と命を守るために、防災の専門家は常に新しい技術を模索しなければならない」と指摘。

Pride@fnnews.com イ・ビョンチョル記者








Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。