30年間、経済政策の失敗と実践を繰り返してきた日本政府、ヨンヒョジョンによる日本産業の分析

動揺する日本(2)アベノミクスの余波
事業成長 → 賃金アップ 期待外れ
「安倍政権は国民のカネを盗み、企業準備金を積み上げた」
107兆円超予算の3分の2は福祉と借金返済
「円」と構造改革の欠如に酔いしれる.小さなもの、部署、支部を除​​いてカートは空です

2012 年 12 月 26 日に日本で最も長く首相を務めた安倍晋三元首相が就任したとき、日経 225 指数は 10,395 でした.2019 年 9 月 15 日現在、退職日指数は 23,656 でした.在職率は 230% で、過去の首相の中で 3 番目に高い。

失業率は 4.3% から 2.2% に低下しました。 大規模な景気刺激策であるアベノミクスが、20 年間不況に苦しんでいた日本経済の活性化に貢献したと評価されているのはこのためです。

アベノミクスは、大規模な金融緩和、積極的な財政政策、そして大胆な成長戦略という 3 つの矢で構成されています。 3本の矢が触れて業績が上がれば、設備投資や賃金アップにつながり、所得や分配が増えることで消費が増えるという考えでした。

所得が増えても設備投資や賃金アップを無視

企業業績を上げる代表的な方法は、円安を誘導することでした。 発足時の1ドル=85.35円だった円は、2015年6月には125.21円まで下落した。法人税率は2014年に34.62%引き下げられ、2018年には29.74%になり、企業の負担が軽減された。 その代わりに、彼は税収を増やすために消費税を 2 回引き上げました。

しかし、増加した純利益を設備投資や賃上げに使う代わりに、会社はそれを準備金に変えました。 2012 年に 304 兆円(約 2929 兆ウォン)だった企業準備金は、2018 年には 1.5 倍の 463 兆円に達した。設備投資の伸び率は 3%で、2000 年代の 4.2%よりも低い就職に関しても消極的でした。 人件費負担を軽減するために、非正規労働者を増やしました。

その結果、期待されていた賃金、所得、消費の増加は見られませんでした。 2012 年末に -1.9% だった実質賃金の伸び率は、2019 年末には -1.1% でした。

日本政府は30年間、経済政策の失敗と実践を繰り返してきた [정영효의 일본산업 분석]

企業利益に占める労働コストの割合である労働分配率は、72%から66%に低下しました。 アベノミクスの 8 年間で、名目国内総生産 (GDP) は 492 兆円から 505 兆円に変化しませんでした。

駒沢大学名誉教授の小栗隆氏は「安倍政権は国民から金を盗み、企業の準備金を積み上げた。

2022年、安倍首相の辞任から3年目、日本経済はアベノミクスの影響に苦しんでいます。 金融緩和と財政拡大政策への過度の依存と、規制改革と成長部門への投資の軽視により、経済のファンダメンタルズは弱体化しています。 日本の潜在成長率は、2005 年に 1% ラインが 1% ラインを超えて以来、ほぼ 20 年間 0% の範囲で推移しています。

第一生命経済研究所の長浜敏宏チーフエコノミストは毎日新聞の取材に対し、「生産性を左右する労働市場改革は、解雇規制の根幹に触れていない」と語った。

日本政府は30年間パッチワークと実技を繰り返してきた

構造改革を無視し、いじくり回して日本経済を弱体化させているのは、安倍政権だけではない。 横浜市立大学のクック・ジョンホ教授は、日本の長期にわたる「失われた 30 年」不況を「政策の失敗と閉鎖によって失われた 30 年間の成長」と定義した。

彼が指摘したように、日本政府と与党自民党の経済政策における失敗と実践は 30 年間繰り返されてきた。 日本経済が1956年から1973年にかけて年平均9.1%の成長を続ける中、日本政府は1973年を「福祉元年」と定め、大規模な社会保障制度を創設しました。

しかし、1973 年は高度成長期の終わりの年でもあります。 当時作られた大規模な社会保障制度は、常に日本の足を引っ張っています。

日本政府は30年間、経済政策の失敗と実践を繰り返してきた [정영효의 일본산업 분석]

今年の日本の予算は107兆5,964億円で、10年連続で過去最高を記録しました。 赤字国債の発行は、毎年予算の約 3 割を占めている。 確かに、少子高齢化で税収が足りません。 今年度予算では、社会保障施設(36兆円)と国債償還費(24兆円)だけで予算全体の3分の2を占める。 これが、日本政府が新しい成長戦略に予算を集中させることが難しい理由です。

元ゴールドマン・サックスのアナリストで、菅義偉元首相の「経済の頭脳」であるデービッド・アトキンソン氏は、「地震のような大規模な災害が発生した場合、1兆円以上の借金を抱えた国は回復できないだろう」と警告した。首都。”

◆シェフのスペシャリテは食べられない

デフレ脱却という日本政府の目標は間違っているとの指摘もある。 野村総合研究所の木内隆英チーフエコノミストは「日本経済の低迷はインフレではなく、潜在力の低下によるものだ。

材料、部品、設備の製造を中心とした経済構造の修正を怠ったと批判されている。 日本のものづくりの強みは、信頼性の高い製品を量産する技術です。 しかし、デジタル製品の構造が単純なデジタル製品の時代に移行したため、日本が長年培ってきた精密加工技術を使用する余地が少なくなりました。 労働生産性は主要国の底辺にとどまっているが、低価格でそこそこの品質を提供する中国に対抗するため、値下げに苦戦している。

アップルのようなビッグテックの出現で米国経済が軌道に乗る中、日本の時価総額上位の銘柄は依然としてインフラストラクチャー企業で満たされています。 日本生産性本部主任研究員の木内康宏氏は「1990年代は労働効率が付加価値につながったが、今はコスト削減が価格低下の源泉になっている。

東京=ヨンヒョジョン特派員hugh@hankyung.com

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。