[사회][뉴스큐] 大統領府ファッション画報論争…「韓服の現代解釈」vs「なぜ日本式スーツ」


「ブルーハウスとファッション!」

有名モデルのハン・ヘジンが花いっぱいの華やかなドレスを着て横たわっている場所、

ブルーハウスゲストハウスです。

74年ぶりに一般公開された大統領府が写真撮影の場に変身する中、論争が高まっている。

一緒に画面を見ましょう。

誌面では「ブルーハウスとファッション!」と題してグラビアも掲載。

合計32枚の写真を含むグラビア撮影は、青瓦台の本館、迎賓館、サンチュンジェ、ノクジウォンで撮影されました。

写真撮影について、文化遺産管理局は、「私たちの文化遺産への関心が訪問につながることを確実にするために、ヴォーグとの協力を奨励しました」と述べました.

しかし、これについての見解は非常に分かれています。

一部のネチズンは、「かっこいい」、「権威を解放するような気がする」、「エジプトのピラミッドやフランスのベルサイユ宮殿で写真を撮るように、これらの作品は文化的価値を高める」などのコメントを寄せた.

一方で、否定的な反応も珍しくありませんでした。

「ディプロマはありますが、今回は合格しました。」 「国民的地位が軽すぎるようだ」などの回答。

論争の中で、タク・ヒョンミン元議定書記官がSNSに「国家の尊厳が落ちた」と投稿するなど、論争が広がっている。

論争が大きくなるにつれて、文化遺産管理局はデータを再公開し、説明を始めました。

今回のグラビア撮影は、74年ぶりにオープンした青瓦台を紹介するためのもので、現代的な韓服の試みは新しい試みだと感じた.

タク・ヒョンミン秘書官は今朝、韓服の再解釈に関する文化財庁の説明に対して、正直ではないと述べた。

[탁현민 / 전 청와대 대통령비서실 의전비서관 (오늘, 김어준의 뉴스공장) : 아주 솔직하지 못한 거라고 생각해요. 그 결과물들을 실제로 보시면 아시겠지만 한복만 찍은 게 아니에요. 다른 여러 가지 복장들을 다 갖추고 있고 또 심지어는 일본의 아방가르드 대표 디자이너인 류노스케 오카자키라는 사람의 작품도 그 에 있어요. 그런 것들을 자꾸 숨기는 거예요.]

論争が大きくなるにつれて、Vogue Koreaはウェブサイトに投稿されたすべての画像を非公開にしました.

文化財庁も、大統領府での撮影など許可基準を厳格に施行し、多様な意見を慎重に受け入れると明らかにした。

しかし、今回の画報論争を受けて開かれた大統領府の管理・運営方法については、さらなる検討が必要だという指摘もある。

YTN パク・ソクウォン (ancpark@ytn.co.kr)

※「あなたの報告がニュースになる」

[카카오톡] YTNを検索してチャンネルを追加

[전화] 02-398-8585

[메일] social@ytn.co.kr

[저작권자(c) YTN 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です