韓国、米国、EU が緊縮財政を強化中。なぜ日本は金融緩和を要求したのか。

世界的な注目を集めたジャクソンホール会議に出席した米中央銀行(FRB)と欧州中央銀行(ECB)の高官は、高水準の金利維持の必要性を強調した。 日本銀行(BOJ)は金融緩和スタンスを維持すると発表したが、韓国銀行もインフレを安定させるために利上げを予測した。

クリーブランド連銀のロレッタ・メスター議長は27日(現地時間)、ワイオミング州ジャクソンホールで開催された年次経済政策シンポジウムで、FRBが来年初めに4%強を基準に利上げすると予測した。 6 月と 7 月に FRB は大きな飛躍を遂げ、一度に 0.75% ずつ引き上げ、ベンチマーク金利を 2.25 ~ 2.5% に引き上げました。 Mester は、これらの水準の金利が 2023 年までこの水準に留まると予想しています。

FRBのジェローム・パウエル議長は、前日のジャクソンホールシンポジウムでの基調演説で、「経済に負担をかける可能性のある高水準の金利が存在する」と述べた.

11 年ぶりに主要金利を引き上げた ECB も、強い緊縮策を示唆しました。 外国メディアによると、ECBのイザベル・シュナーベル事務局長は同日、ジャクソンホールの会議で講演し、「たとえ景気後退に入っても、正常化への道を歩み続けるだろう。それ以外の選択肢はほとんどない。 ” 彼は言った。

彼はまた、中央銀行は、インフレ圧力が緩和され、強力な行動をとる必要があるという最初のシグナルで通貨の引き締めをやめるべきではないと強調した. 「予防的な利上げは合理的な政策オプションです」と、ECB の専務理事兼中央銀行総裁の Martins Kazax 氏は述べています。

ECB は先月、基準金利を 0.5 ポイント引き上げることで、11 年ぶりに「大きな一歩」として金利を引き上げました。 さらなる利上げが発表される中、政府高官の強い発言により、ECB が大きな飛躍を遂げているという憶測があります。

韓国銀行のイ・チャンヨン総裁/写真=聯合ニュース

主要国の強力な緊縮政策を背景に、韓国銀行の金融政策委員会も利上げ政策を維持すると予想される。 今月まで4回連続で政策金利を引き上げた韓国銀行の金融政策委員会は、今年も2回残っている10月と11月に連続して利上げする可能性が最も高い.. 韓国銀行は、歴史上前例のない6回連続で政策金利を引き上げると予想されています。

ジャクソンホール会議に出席した韓国銀行のチャンヨン総裁は、「BOKの金融政策は韓国政府から独立していたが、FRBの金融政策から完全に独立していたわけではない。

一方、日本銀行の黒田東彦総裁は大国とは逆の見方をして注目を集めた。 「日本のインフレ率は年末までに2%か3%に近づき、来年はさらに1.5%に下がると予想されている」と彼は言った。

7 月の日本の消費者物価上昇率は 2.4% でした。 物価上昇率は日銀目標の2%を4カ月連続で上回り、上昇率も加速している。

日本銀行は国債を大量に保有しているため、金利を引き上げることができないと考える人もいます。 今年3月末現在、日本銀行の総資産736兆円のうち、国債は526兆円。 これは、全国の総収支の半分に相当します。

金利が上昇すると、国債の価格が下落し、差額分の価値が失われます。 このためブルームバーグは、「日銀が緩和的な金融政策を放棄すれば、非常に大きな国債を保有することで巨額の損失を被ることになる」と分析しています。

韓国、米国、EUが緊縮政策を強化…日本が「イージーマネー」と呼んだ理由

ジャーナリスト チェ・ソンヒ ハンギョンドットコム csun00@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です