韓国、今年の数学オリンピックで2位…「力のメダル」

[시사뉴스 김도영 기자] 今年の国際数学オリンピックでは、韓国は中国に次ぐ104か国中2位にランクされました。 5日には、プリンストン大学の韓国出身の許浚教授が、ノーベル数学賞を受賞したフィールズ賞を受賞した。

特に、フィールズ賞の受賞者の多くは国際数学オリンピックのメダリストであるため、2番目と3番目のJun-iHeo教授の誕生に大きな期待が寄せられています。

ノルウェーのオスロで開催された第63回国際数学オリンピック(IMO)で、6日から16日までの合計11日間、理科ICT省▲崔武神(ソウル科学高等学校2)▲Junhui Bae(ソウル科学高等学校)学校2)▲李ギュドン(ソウル科学高等学校2)▲キム・ドンヒョン(ソウル科学高等学校3)▲チョン・ユちゃん(ソウル科学高等学校1)▲ジンヨンボム(ソウル1科学高校)韓国代表団の6人の学生は、メダルを獲得したと発表した。

この大会には、104カ国から589名の学生が参加し、競い合いました。

国別ランキングを見ると、▲中国が1位、韓国が2位、米国が3位、ベトナムが4位、ルーマニアが5位、タイが6位、ドイツが7位、イランと日本が8位、イタリアとイスラエルが10位である。

1位になった中国代表チームは、6人のフルスコアで金メダルを獲得しました。 1994年のアメリカに続き、チームメンバー全員が満点を獲得したのはこれが2度目です。

韓国代表団の全員がソウル科学高校から来ているという事実は注目に値する。

金メダルを獲得した学生の崔武神は、42点中40点を獲得し、個人12位という好成績を収めた。 また、ペ・ジュンウィとイ・ギュドンは昨年同様、今年も金メダルを獲得した。 キム・ドンヒョンは、銅メダルを獲得した2020年の大会に続き、今年は銀メダルを獲得しました。

コンテストは7月11日から12日までの2日間にわたって行われ、1日3問、代数、幾何学、数論、数学の組み合わせなど、さまざまな分野で合計6問、各質問が7点満点で採点されました。 。

今年は、質問の難易度が前年よりやや低くなり、金、銀、銅メダルの合格点はそれぞれ34、29、23ポイントと、前年よりも高くなりました。

今年、国際数学連合(IMU)は、韓国の全国数学グレードの最高グレード5への昇格を確認しました。パフォーマンスも広く含まれていました。

第1回国際数学オリンピックは1959年にルーマニアで開催され、数学の世界で才能のある学生の学習意欲を刺激し、国際的な友情と文化交流を促進することを目的として、毎年世界中を旅しています。 各国で、大学教育を受けていない20歳未満の学生6名まで参加できます。 韓国は1988年以来毎年6人の学生を代表しており、2012年と2017年に1位になりました。来年は日本の千葉県で開催されます。

今年フィールズ賞を受賞した許浚教授、ソン・ヨンス教授、ソ・インソク教授、シン・ソク教授(カリフォルニア大学バークレー校)を教えたことで有名なソウル国立大学のキム・ヨンフン教授、等大きく貢献しています。

国際数学オリンピックの韓国代表団を率いる韓国数学オリンピック会長のクム・ジョンヘ氏は、「この大会を通じて、学生たちが数学への関心を維持し、世界をリードする世界クラスの才能になることを願っている。将来の科学技術は、韓国の数学と科学の発展に貢献します。」

一方、この国際数学オリンピックでは、物理学(7月10日〜17日)、生物学(7月10日〜17日)、化学(7月10日〜18日)の分野で国際科学オリンピックの結果が次々と発表されます。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。