[World Now] 日台湾半導体アライアンスが本格化…投資は「半々」

投資した「バンバン」研究センターの開設

世界最大のファウンドリ(委託半導体製造)である台湾の企業TSMCは、昨日(24)茨城県つくば市に新しい半導体研究開発センターを開設しました。

研究開発センターの総費用は370億円(約3500億ウォン)で、そのうち190億円(半分)は日本政府が負担している。

これは、台湾に半導体を供給する企業として評価されているTSMCと提携するために、日本政府が政府レベルでどれほどの努力を払ったかを示しています。

昨日の開会式でも、士気を高めるために日本の経済圏司令官が派遣された。

萩生田経済産業大臣は、TSMCが日本の半導体の設計から製造まで重要な役割を果たすことへの期待を秘密にしませんでした。

TSMCのCEO(CEO)であるWei Zhijia氏は、次のように述べています。

迅速な工場建設、新しいカスタムトレーニング

実際、TSMCは研究開発センターに加えて、日本の半導体工場の建設を加速しています。

TSMCは、電子製品で有名な日本のソニーと提携して、熊本県菊陽町に半導体工場を建設しています。

TSMCはこの工場で月に45,000枚の12インチウェーハを生産し、ソニーはこの半導体をスマートフォンのカメラなどに必要なイメージセンターに使用する予定です。

日本の自動車部品メーカーであるデンソーもTSMCとソニーの合弁事業に投資しており、地元の工場で生産された半導体の使用が見込まれています。

日本政府は、TSMCの熊本半導体工場に4,760億円(約4.57兆ウォン)の巨額の補助金を支払うことを計画している。

今年初め、日本は、日本の九州にある8つの高等専門学校で半導体の製造と開発のための新しいカリキュラムを確立する計画を発表しました。

職業高校は、高校と大学を合わせたものと同様に、職業教育を目的とした5年制の高校です。

九州の工業高校に半導体教育コースが集中していることは、TSMC工場が建設されている熊本県が九州地方にあることとは関係がないようです。

TSCMの新工場をきっかけに、九州地域が日本の半導体復活の拠点となる。

TSMCが半導体の才能を日本に吸い込むブラックホールとして機能し、それが日本企業の事業縮小を引き起こすという批判がいくつか出されています。

利害が満たされました

日本は1980年代でも半導体業界のリーダーでしたが、それ以来韓国や台湾に大きく遅れをとっており、国内の半導体需要の60%以上が輸入に依存していることが知られています。

日本の半導体産業とは、「ジョラック産業(葉が色あせていることを意味する)」という言葉を使うだけです。

しかし、第4次革命の時代に「産業の米」と呼ばれる半導体の重要性が増すにつれ、状況を監視できなくなったと判断し、TSMCを大いに支援することに成功しました。

台湾のTSMCの観点から、日本との協力は魅力的なカードです。

半導体産業は衰退しているものの、日本の材料や部品の競争力はまだまだ大きくありません。

それに加えて、TSMCは日本と提携しない理由はありません。それは、優れた日本の労働力と、ファウンドリの市場におけるTSMCの韓国のサムスン電子の強力な追求を保証できるからです。

米国と中国の覇権争いが激化する中、生産拠点や半導体サプライチェーンの多様化の必要性もTSMCの日本進出の理由のひとつです。

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。