Neurofit、Vuno、JLKなどの国内医療AI企業→日本市場を目指す

[데일리메디 구교윤 기자] 日本政府が医療用人工知能(AI)ソフトウェアの規制を迅速に緩和するにつれて、国内の医療用AI企業は市場をめぐって争い始めました。

業界筋によると、日本の厚生労働省は8日、今月初めからコンピューター断層撮影(CT)ベースのAI医療機器と磁気共鳴画像法(MRI)に健康保険料を適用することを決定した。 日本政府は、将来的に医療用AIソフトウェアのレビュープロセスを短縮し、規制当局の承認なしに更新を許可する予定です。

日本政府がAIソフトウェアの規制を緩和する中、国内の医療AI企業は、厚生労働省から医療機器の認証を取得したり、地元企業と提携して販売を確保したりするなど、日本市場への参入を加速しています。ネットワーク。

まず、脳疾患のAIソリューションを専門とするNeurofitは、6日、変性脳疾患の診断ソフトウェアが日本の厚生労働省から医療機器の認証を取得したことを発表しました。

Neurofitの認定ソフトウェアは、AIテクノロジーを使用して脳のMRIを分析し、アルツハイマー病や血管性認知症などの神経変性疾患で観察される脳の萎縮と白質の変性を分析するソリューションです。

既存の脳画像解析製品であるアトラスをベースにしたソフトウェアは、脳画像のセグメント化に最大24時間かかり、解析失敗率が高いため、スタッフが医療を利用することが困難です。 特に、韓国人とアジア人の脳分析は、西洋の脳基準に基づいてしか分析できなかったため、限界がありました。

Neurofitが開発したソフトウェアは、脳の画像を5分でセグメント化して分析し、人種、年齢、性別を問わず脳の画像を分析できます。 MRI装置の世界的メーカーであるGEフィリップスキヤノンなど、さまざまなMRI装置からの画像を分析することができます。

特に、脳血管性認知症や脳卒中の多くの患者で観察される認知症の将来の診断と脳白質変性の重症度のために、脳萎縮の分析機能を定量化することが可能です。

ニューロフィットは、将来的には日本の地元の医療機器販売会社と協力して市場に参入する予定です。

Vunoは、前日の5日にも、日本のパートナーであるM3が医療用AIのスペシャリストであるM3AIを作成したことを発表しました。

特に、VUNOは、医療AI販売機能を備えたパートナーとともにローカル市場をターゲットにします。
以前、Vunoは2020年にAIベースの胸部コンピューターCT画像読み取りサポートソリューションの日本の配布権についてM3と契約を結びました。

M3 AIは、医療用AI事業を本格的に立ち上げるためにM3が設立した販売・マーケティング会社です。 M3は、日本最大のクラウドベースの医用画像保存および伝送(PACS)会社であるPSPとの合弁事業を通じて会社を設立しました。

M3は日本最大の医療情報プラットフォーム企業であり、ソニーは33.9%の株式を保有しており、臨床研究計画や遠隔医療など幅広い医療活動を行っています。

2017年には専門の医療AI部門を設置し、2020年にはNo.1のNOBORIと連携して医療AIプラットフォームを運用しています。

Vunoは、地元で最高の販売ネットワークを持つM3 AIの主要パートナーとして、コラボレーションを通じて地元の医療機関をターゲットにすることを計画しています。

イ・イェハ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。

さらに、JLKは最近、肺疾患のAIソリューションについて、厚生省の総合医薬品医療機器機構から緊急承認を受けました。

JLKは、日本最大の遠隔医療機関であるDr.Netを使用して、X線肺疾患の検出精度を検証しているため、日本市場への参入が容易です。

JLKソリューションは、商業クリニックや病院でX線を撮影するときに、放射線科医のレベルの精度で画像を読み取ります。

JLKの関係者は、「日本では技術集約型のAIソリューションが承認されているため、日本の肺疾患に対応できるようになる」と語った。

また、「中核技術分野である脳疾患や多がん治療薬については、米国などの先進国からのライセンスを日本以外にもさらに拡大していきます」と付け加えた。

現在、日本には約20の承認された医療用AIソフトウェアがあると推定されています。 これは米国の6分の1、韓国の半分です。 日本は、すべてのソフトウェアアップデートを新しいものとして扱い、フィルタリングしますが、規制緩和によりほとんどのプロセスを削除します。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。