MEDI:GATE NEWS 若手医師による遠隔診療ガイドライン…対面診療の基礎・一次医療機関を中心に

非対面医学研究会が作成した「非接触治療ガイドライン」。 出典=遠隔治療研究会

[메디게이트뉴스 박민식 기자] 若手医師で構成された遠隔治療研究会は25日、漢陽医科大学本館で開かれた大韓医療倫理学会大会で「遠隔治療ガイドライン」を公開した。 .

このガイドラインは、国の医学界が策定した最初のガイドラインであるという点で、発行前から注目を集めていました。 実際、米国と日本では、医師会などの医学界が遠隔治療のガイドラインを作成しましたが、韓国では、厚生省が 8 月に保健福祉省がガイドラインを作成していないと発表しました。遠隔治療プラットフォーム企業(遠隔治療仲介事業者)のガイドラインに従う。

ガイドラインでは、対面治療が基本であり、遠隔治療は補完的かつ補助的な方法として使用されるべきであることが強調されています。 また、これまで軽視されてきた患者の安全と医療提供システムの問題にも焦点を当てました。 遠隔治療中の各対象者の義務については、患者、医師、遠隔治療プラットフォーム企業のうち、最近論争の対象となっているプラ​​ットフォーム企業が最も多く従うべき問題を抱えています。

対面処理は「基本」…「プラットフォーム企業は利便性を優先すべきではない」

非対面医学研究会のチョン・ファンボ会長が発表したガイドラインによると、「対面治療」とは、診療所で医療関係者が患者と向き合う治療の一種。 「遠隔医療」とは、情報通信技術を利用して提供できるあらゆる種類の医療サービスを含む概念と定義されています。

彼は、対面治療が最も信頼できる診断と治療の形態であり、すべての治療の基礎であるべきだと強調しました. 対面医療に加えて、またはそれに加えて、遠隔で提供される非対面医療を使用する必要があることが明らかにされました。

ガイドラインは、遠隔治療中に医師と患者を接続し、医療費を支払い、処方箋を送るなどのサービスを提供する遠隔治療プラットフォーム企業に大きな懸念を表明し、「彼らは生活の利便性を求めているだけです。

これに対し、「人の命や健康に関わる分野であるため、倫理面や患者さんの安全に配慮する必要があります」との質問がありました。

ジョン・ファンボ遠隔治療研究会会長が遠隔治療ガイドラインの内容を発表。

「患者の安全」は最優先事項…患者IDの確認から代替医療の推奨の禁止まで

このガイドラインは、医療関係者、リモートケア仲介業者、政府など、リモートケアに関わるすべての関係者が、「量的成長と利便性」よりも患者の安全と公衆衛生を優先すべきであることを明確にしました。

患者の身元確認については、医療関係者は患者が治療を受けているかどうかを慎重に確認する必要があり、患者には協力する義務があり、プラットフォーム企業には患者の身元確認に対する技術協力義務があると述べられていました。

また、医師が安全と判断できる環境でのみ遠隔治療を行うことや、医学界や各学会が非医療現場で疾患や症状ごとに治療ガイドラインを作成することも推奨されました。 対面診療環境です。 また、遠隔治療の指示は医師の診療の権利を尊重しなければならず、プラットフォーム企業は医師に代替または恣意的な処方を推奨したり強制したりできないことも強調されました。

これに加えて、 ▲遠隔治療プラットフォーム企業に対する倫理的及び法的問題に関する教育及び資格の管理 ▲遠隔治療プラットフォーム企業に対する患者の安全を守る義務 ▲義務 ▲遠隔治療プラットフォーム企業に対する緊急プロトコルの確立… ▲遠隔治療プラットフォーム企業…患者の安全に関連する部分には、医薬品を迅速に配送するための流通ネットワークを確立する義務が含まれています。

遠隔治療の実施は「一次医療機関」…対象ごとの義務となるとプラットフォーム企業が「最大」

遠隔診療の原則は、医療提供体制の問題に関係していたので、第一に、実施機関は「一次医療機関」に限定すべきであるということでした。 また、遠隔治療は、移動が困難な患者や医療脆弱地域の住民、社会経済的に弱い立場にある人々の医療アクセシビリティを向上させるために実施でき、災害時でも利用できることが明らかになりました。

医療スタッフは、遠隔治療の限界を明確に認識しており、提供が困難であった十分な病気と健康のカウンセリングと教育のために、対面治療の補完的な手段として使用することを推奨しました。. 時間とスペースの制約のため。 しかし、アクセシビリティの向上という名目で、医療脆弱層の治療を遠隔治療だけで行うのではなく、対面治療と遠隔治療を適切に組み合わせる必要があることが強調されました。

ガイドラインでは、遠隔治療に携わる患者、医師、遠隔治療対象者の業務を調べたところ、遠隔治療仲介事業者が9と最も業務が多かった。 ▲代替医療の推奨の禁止 ▲治療中の緊急事態への対応体制の整備 ▲医療関係者への患者さんに必要な情報の的確な提供 ▲患者情報の保護 ▲遠隔治療技術の向上に向けた取り組み ▲情報伝達に対する管理者の責任処方箋など ▲遠隔処理(代理処理等)の不正利用防止。

患者様に対しては、 ▲治療に必要な正確な情報の提供 ▲医療関係者の信頼と尊重 ▲なりすまし、代理治療の禁止 ▲服薬指導の誠実な実施 ▲処方薬の譲渡・転売の禁止 ▲処方箋の許可の制限委任状が義務として定められています。 、医師は、▲医療専門家の倫理を尊重する▲患者の識別義務を尊重する▲継続的な治療を提供する▲適切な治療を提供する▲薬物乱用の管理などの義務を遵守する必要があると言われています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です