ACLと日韓プレミアリーグの権利を確保

[골닷컴] 記者キム・ヒョンジュン=プレミアムIPとキラーコンテンツを確保するための国内外のOTTサービス企業間の競争が激化する中、業界で最も重要なプレーヤーであった孫興民と黄喜燦の行方は、次の3つのプレミアリーグシーズンに向けて決定されました。

韓国で唯一のスポーツOTTサービスであるSPOTVNOWとSPOTVテレビチャンネルを運営するAclaMediaGroup(以下、Acla)は、14日のプレスリリースを通じて、リーグが放送されたと発表した。 その結果、ACLはプレミアリーグの契約を、ヒュンジンリュウと大谷が活躍するMLBなど、これまでに獲得した人気のある海外スポーツ権にまで拡大し、韓国と日本のプレミアムスポーツ放送局としての地位をさらに強化しました。 これらのスポーツはすべて、韓国と日本でOTTスポーツサービスSPOTVNOWを通じて提供されます。

業界によると、プレミアリーグの権利に対するこの入札は、国内のOTTにリンクされたコングロマリット、多数の放送局、および「メディア恐竜」と呼ばれる商用プラットフォームから大きな関心を集めたことが知られており、決勝戦では激しい競争がありました。 入札額。 しかし、ラウンド1からラウンド2までの激しい戦いの後、プレミアリーグの既存の国内出版社であるAclarが最終的な権利を取得しました。

アクラは、この申し出を通じて、韓国の出版権だけでなく、日本のプレミアリーグの権利も取得したと指摘した。 既存のACLは、日本で「SPOZONE」と呼ばれるスポーツOTTサービスを提供していました。 先月から、このサービスは韓国と同じ名前のSPOTVNOWにリブランドされました。 戦略は、日本のプレーヤーである大谷がプレイするすべてのMLBゲームのライブストリームと、リバプールの南野とアーセナルの富谷がプレイするすべてのプレミアリーグゲームのライブストリームを追加して加入者数を増やし、今回の著作権を確保することです。

記事は以下に続きます

特に、Aklarは昨年東南アジア7か国でSPOTVチャネルを立ち上げ、スポーツOTTサービスSPOTVNOWと日本と韓国でチャネルを運営しています。 先月1日、SPOTVチャンネルが香港で放送を開始し、アジア10か国でSPOTVブランドを宣伝しました。 したがって、韓国や日本を含むアジアでのSPOTVの拡大は、この著作権契約によって加速していると推定されます。

ACL関係者は、「大企業の参加により競争は激化したが、今シーズン以降、孫興民と黄喜燦が活躍するプレミアリーグが引き続き普及している」と語った。 中継されます。 今後もK-Sportsプラットフォームの海外展開に注力していきます。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。