88歳の国家医師イ・シヒョンは40年間一度も風邪をひいていない

「ニュース、運動、ストレス管理は健康にとって最も重要です」
著書110冊…今年の新刊「現役中の現役」

Dr. Sihyung Lee は 88 歳です。

それでも、彼らは若者と同じくらい活動的です。

彼女の発音ははっきりしていて、彼女は60代に見えます。

自称現役現役軍人。

李博士は 1934 年に大邱で生まれ、慶北高校と慶北大学医学部を卒業し、米国イェール大学で神経精神医学の博士号を取得しました。

帰国後、慶北大学医学部教授、韓国病院(現・江北三星病院)院長を歴任。

2007年江原道洪川郡に自然治癒センター「ヒーリアンズサンビレッジ」を、2009年セロトニン文化センターを設立。

私は最近、汝矣島のカフェで彼に会い、彼の人生の話を聞いた.

――健康管理はどうされていますか?

▲食べる量が減りました。

ご飯を食べてもスプーン一杯です。

朝はそれも食べずに緑の野菜を食べます。

そして、朝はりんごを混ぜたにんじんジュースを必ず飲んでください。

にんじんには、土に含まれるすべての栄養素が含まれていると言われています。

このサイズでこんなにたくさん食べて生きてるなんて言われますが、それが癖になってお腹が空いていません。

体力も問題なく、お腹(おなか)も楽です。

軽く運動することも重要です。

ウエイトリフティングのような激しい運動ではなく、ウォーキングのような軽い運動を指します。

私はストレスに対処するのが得意です。

ストレスが来ると、「それかもしれません」と言って受け入れます。

もう一つ大切なことは、充実した人生を送ることです。

自分の仕事が人々の健康に貢献しているという誇り。

講演、取材、テレビ出演などこれらは私にとってとても大切な食べ物です。

セロトニン文化センターも。 善村と同様、健康にとって最も大切なことは、充実した生活を送ることです。

私は過去 40 年間、風邪をひいたことも痛みを感じたこともありません。

–菜食主義者の食べ物を勧める傾向はありますか?

▲私は必ずしも菜食主義者ではありません。

でもベジタリアンのときは、生で食べません。

茹でて食べるべし。

植物には、セルロイドと呼ばれる膜に囲まれた貴重な自己防衛物質であるファイトケミカルが含まれています。

この膜は噛んでも破裂しません。

生野菜はファイトケミカルを吸収しません。

――起床時間は?

▲朝5時起床。

コーヒーを淹れ、顔を洗い、自分の部屋で30分ほど素手で体操をし、その場で歩いたり走ったりします。

私も瞑想します。

そうすることで、心が清らかになります。

私は午後10時30分に寝ます。

十分な睡眠が取れていない場合は、日中に 15 ~ 20 分の昼寝をしてください。

— たくさんの本を出版されていますが、今回は新しい本を出版されましたね?

▲韓国では80~90年代で200万人。

私たちは、人々が私たちの社会でこれほど長生きするのを (大規模に) 見たことがありません。

新人です

彼は、これらの問題を扱った本「A New Humanity Is Coming」を出版しました。

65 歳以上の人口が総人口の 20% を超えると、超高齢社会と呼ばれます。

韓国も4年後には超高齢社会になる。

超高齢社会については、政府の誰もまだ関心を持っていないようです。

日本は十分に備えていますが、私たちはそうではありません。

老化は75歳から始まります。

あなたはそれを感じます

85歳になると老化が本格的に始まります。

足に違和感があるので、おじいさんだとわかると思います。

孤独は、年をとるにつれて問題になります。

孤独という病気は、他のどの病気よりも恐ろしいものです。

高校時代の親友15人のうち、生き残っているのは2人だけで、全員が亡くなっています。

友達がこのように死ぬと、行き場がなくなります。

それは人々を夢中にさせます。

これらの問題を賢く解決しなければなりません。

この「長寿の沼」を越えなければなりません。

[삶]    88歳の国家医師イ・シヒョンさん "私は40年間風邪をひいていません。"

――病気のない社会をつくるとおっしゃいましたね。 それはどのように可能ですか?

▲ 予防概念が最も弱い国は韓国。

私たちは素早くたくさん食べます。

家に帰れないくらい食べたり飲んだり。

だから病気になる

人生で間違ったことをしたら、自分で直さなければなりません。

生活習慣病は医者では治りません。

健康的な生活を送っていれば、病院に行く必要はありません。

若い時も年老いた時も、重い病気で入院したことはありません。

――子どもの頃、ご家族はどのような状況でしたか?

▲幼い頃、実家はとても裕福でした。

大邱東村飛行場は私たちの土地でした。

成均館だった明倫大学で学んだ父は、郡役所で文化財を管理していました。

私の叔父は日本の早稲田大学に通っていました。

しかし、彼は叔父の独立運動のために投獄されました。

その後、彼は全財産を失いました。

6.25の事件のおかげで、14人家族の当主になりました。

彼は血を売って、米軍の使用人を務めました。

――ハウスボーイ時代の思い出は?
▲ 米兵の残り物は、朝鮮人に粥を作ってくれと言われ、缶詰で出された。

彼らはそれをシチューにして販売したり、単に販売したりしました。

ただ、問題は、紙もタバコも大丈夫だったのに、つまようじが出てきた。

このシチューを食べながら舌の裏を刺したら、血が大量に出ました。

そこで、アメリカの重要な軍事司令官である牧師に会いに行きました。

英語が苦手な私の問題点を話したところ、韓国人が食べることに驚きました。

信じられないかもしれませんが、牧師は私を市場に連れて行き、シチューを 2 杯注文しました。

そしてシチューを食べました。 彼の目には涙がこみ上げてきた。

翌日、在韓全国連軍に対し、「韓国人が食べるので、残り物に爪楊枝を入れてはならない」という通知が送られました。

[삶]    88歳の国家医師イ・シヒョンさん "私は40年間風邪をひいていません。"

— 大邱医科大学に来たきっかけは?

▲家庭の事情で学校に行けなかったのですが、友達が勝手に応募してくれました。

もともと私は普通の大学に行くつもりでした。

入試まで10日足らずで試験勉強をした。

友達が家庭教師として教えてくれました。

当時の友達がいなければ、大邱医科大学に入ることができませんでした。

――弱点は?

▲仕事が多いので、すべてが徹底されていないのが悩みです。

110冊の本を出版されましたが、本の内容が充実しているのに、どうしてそんなに多くの本を書くことができるでしょうか?

本を書くのに1週間かかります。

完全ではないので可能ですが、読者の皆様には十分消化していただけると思います。

読者は完璧な本を必要としません。

私は天才的なパラノイアを持っています。

私は天才ではありませんが、天才だと思います。

英語を話さない大邱の村人がアメリカのイェール大学に留学したのは、天才的なパラノイアでした。

実際、このパラノイアは長い間私の背後にある原動力でした.

――充実した人生を送ってきた?

▲私は成功した人生を送ったと思います。

それは、自分なりの人生哲学があったからだと思います。

それは国のためのアイデアでした。

私が社会精神医学を学んだ理由は、北朝鮮と韓国の分断が原因でした。

統一には北朝鮮との対話が必要ですが、北朝鮮との対話が実現するか心配でした。

それで、社会精神医学を学びました。

――今後の抱負や予定は?

▲ 韓国の伝統的な食卓は、最も健康的な食事です。

しかし、健康食品として提供できなかったのは、農薬や肥料をたくさん使っているからです。

私たちの農家がどうにかして有機的であり続けることを願っています。

このようにして、私たちは農産物を輸出することができます。

これは私の大きな課題の 1 つです。

(ハンソル・ハン記者、ジャーナリスト支援インターン)

/ユンハプニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です