[팩트체크K] 日本より先に韓国が消える?

「出生率が死亡率を上回らなければ、日本はいずれ消滅する。それは私たちの世界にとって大きな損失になるだろう」

これは、アメリカの電気自動車メーカーであるテスラの CEO であるイーロン マスクが最近のツイートで述べたことです。 ツイートは去年の 日本の人口は 64 万人以上減少しました。これは 1950 年以来最大の減少であり、11 年連続で減少しています。共同通信の記事を読んで書いた。

イーロン・マスク氏のツイッター投稿。 今は消されたイーロン・マスク氏のツイッター投稿。 今は消された

少子化と人口減少に常に関心を寄せてきたマスク氏は、日本の急速な人口減少に懸念を表明していた可能性がありますが、一部の人々がそれを否定した後、記事は「不適切」と批判されました。

このニュースは全国メディアでも取り上げられ、関連記事ごとに何百ものコメントを受け取るほどの注目を集めました。 多くの ” 本当の問題は日本ではなく韓国だ」みたいな反応でした。 「私たちが先に滅びます」主張も多かった。 この認識はどこから来て、それが本当にあるのか.

インターネット上の記事コメントの再構築インターネット上の記事コメントの再構築

■ 合計特殊出生率、韓国 0.81 対 日本 1.34

私たちの懸念の根拠は、上記の最後のコメントでも言及されている出生率データです。 正確に言うと ‘合計特殊出生率’いいえ。 出産適齢期の女性が生涯に産むと予想される子供の平均数意味

昨年 (2021 年) の韓国の合計特殊出生率は 仮勘定 0.81それでおしまい。 これは、関連データを集計して以来の最小の数値です。 ただし、昨年の出生統計は8月に確定すると予想されているため、その後は数値が変わる可能性があります.

2021年出生統計(暫定) / 統計庁資料2021年出生統計(暫定) / 統計庁資料

1.34として知られる日本の合計特殊出生率データは2020年のものですいいえ。 最新の資料はまだ公開されていません。

厚生労働省が発表した2020年合計特殊出生率データ厚生労働省が発表した2020年合計特殊出生率データ

両国の合計特殊出生率のデータには1年の差があるものの、関連報道を踏まえると「韓国が先に消える」のではないかという懸念があるようです。

■ 50年間のデータに拡大… 韓国の出生率低下傾向が際立つ

単年度のデータだけでは判断できません。 そこで、過去 50 年間のデータを調べました。 経済協力開発機構 (OECD) を使用して、同じデータを持つ国間の比較を行いました。 OECD は、加盟国の人口分布に関する広範なデータを提供しており、データは国別に受信され、自己修正されるため、国間の比較に適しています。

1970年から2020年までのデータを見ると、 すべての加盟国で、出生率は過去よりも低くなっています。いいえ。 これは世界的な傾向です。 韓国と日本は最下位いいえ。

1982年までOECD平均(2.84~2.15人)を大きく上回っていた韓国(4.53~2.39人)は、その後40年近くトレンドが逆転せず、日本はこの間に一度もOECD平均を上回っていません。 特に日本では、1970 年から 1982 年にかけて、その数は 2.16 から 1.77 でした。 10年先の少子化アプローチ。 合計特殊出生率は、人口置換レベルを下回っています。 2.1未満なら「出生率の低い国」、1.3未満なら「超少子化国」です。のように見える

ところで 2001 年以降、韓国と日本の間の状況は変化した。 しばらくの間、私は日本との浮き沈みを経験しました。 韓国の合計特殊出生率 2001 年には 1.31 と日本の 1.33 を下回り、現在に至るまで着実に減少している。これが、人口統計学の専門家が、韓国の出生率が 2002 年以降上昇していると言う理由です。その時から、韓国と日本はすでに「非常に出生率の低い国」に入っています。

韓国の合計特殊出生率 2016年以降、減少傾向が加速しています。それでおしまい。 2020 年には 1.17 から 0.84 に低下しました。 複雑な要因はあるものの、統計局の担当者は、この時期に結婚数が激減したことが影響していると説明する。

OECD加盟国の合計特殊出生率グラフで2016年から2020年までの期間を延長OECD加盟国の合計特殊出生率グラフで2016年から2020年までの期間を延長

統計韓国のデータ。  2016年以降、結婚数は大幅に減少しています。統計韓国のデータ。 2016年以降、結婚数は大幅に減少しています。

一方、同時期(2016年~2020年)は 日本は韓国に比べて1.44から1.33を記録それでおしまい。 減少率は韓国より遅い。
韓国は、合計特殊出生率が 1 を下回った唯一の OECD 加盟国です。行う。

■「2080年の人口、韓国3500万人、日本8400万人」

では、この状況が続けば、数十年後の韓国と日本の人口はどのくらいになるでしょうか? 繰り返しになりますが、政府のデータに基づく国連の人口データを見ると、 2080 年の韓国の人口は 3,500 万人、日本の人口は 8,400 万人と推定されています。それが可能だ。 これは、現在からそれぞれ 1,600 万人と 4,200 万人の減少です。 一方で 世界人口 2021 年の 78 億人から 2080 年には 106 億人に 増加はっきりとしたコントラストになりました。

高齢化もさらに進むと予想されます。 韓国では、2070年までに全人口の年齢の中央値である「中央年齢」が62歳になり、老齢依存率が100.6倍になる。 老齢依存率とは、労働年齢(15~64歳)の100人が養わなければならない高齢者人口(65歳以上)を指します。 2070 年までに、すべての生産年齢人口が少なくとも 1 人の高齢者をサポートする必要があります。いいえ。

■単純計算で「韓国はもっと早く消える」

日本の人口の半分以下で急速に低下している合計特殊出生率と、数千万人減少している将来の人口予測の結果を考慮すると、 「韓国の人口は日本よりも早く滅びる可能性がある」という議論は可能性のある議論ですいいえ。

しかし、 これまでの状況が今後も発展し続け、他に変数がないという前提で考えられる話。つまり、条件が検証された場合、 「算術的に可能」という意味ですが、実際にそうなることを保証するものではありません。. 現実には、政府や社会が努力を怠ったり、内外の変数を作り出したりすることは難しいからです。

複数の人口統計および統計の専門家 人口動態の変化 少数の統計に基づく予測に対する警告行う。 明確なデータに加えて、社会文化的要因を測定することが困難または不可能であると言われているだけでなく、政治的、経済的、医療的健康的側面も複雑に作用していると言われています.

人口当局 チョ・ヨンテ ソウル大学校公衆衛生大学院教授「我々が日本よりも早く滅びるという主張は、算数でしか見ることができない結果だ。だから完全に間違っている。言うのは難しい」と彼は言った。 」と指摘した。

統計庁のノ・ヒョンジュン人口動向室長も、人口の変化を予測するのは直線的ではないという点を指摘し、「だから政府の政策が重要だ。 「人々の関心が加われば、出生率の変化は十分にあり得る」と述べ、数字だけで悲観的に判断するのではなく、適切な政策や社会的努力によって変えることができるという事実を強調した。 .

写真機材写真機材

■少子化対策の努力も「ミミ」…効果的な政策の必要性

しかし、出生率の低さに対処するための努力は、これまでのところ満足のいく結果をもたらしていないというのが一般的な評価です。

政府は、大統領直属の協会の少子高齢化委員会を設置し、2006 年からは関係省庁が共同で運営している。 出生率の低下と人口の高齢化に対処するための 5 カ年計画作成され、宣伝されました。 出生率が低い理由には、労働市場の格差と不安定な雇用、教育における競争の激化、住宅価格の高騰などがあります。 社会経済的要因が大きな役割を果たすと診断されたので

昨年策定した第4次計画には、2025年までの計画が含まれています。 「個人の生活の質の向上」を基本方針とし、乳幼児手当の創設や育児休業制度の拡充、多子家庭への支援拡大など、育児負担の軽減に重点を置いた。

しかし委員会自体は 過去 15 年間の政策について、彼は次のように述べています。やったよ。 コンテンツは完全に第 4 プレーンに含まれていました。 彼は、より根本的で社会的に構造化されたアプローチの必要性を強調しました。

少子高齢化対策委員会の関係者は「当初は出産や子育てにお金を出す手段だったが、現在は単なる支援機関ではなく、生活の質そのものを向上させる全体的な方向に進んでいる。 “

チョ・ヨンテ ソウル大学校公衆衛生大学院教授限られた資源をめぐる過度の競争は、少子化の最も基本的な要因です。言った。 したがって、現在の競争システムをより柔軟にすることをお勧めします。 競争の激しい社会では、再生産への欲求よりも、自らの生存に集中せざるを得ません。

しかし、社会の競争構造を変えることは、思ったほど簡単ではありません。 だからこそ、時代の状況に即した効果的な政策が急務であることが常に強調されています。

※ 報道支援:チェ・ユリ、SNUファクトチェックセンター研修生記者 ilyoucho@naver.com


■レポート
▷ カカオトーク:「KBSレポート」で検索
▷ 電話:02-781-1234
▷メール:kbs1234@kbs.co.kr
▷ニュースサイト:https://goo.gl/4bWbkG

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。