膝に悪い… 韓国人の「くせ」が長寿の秘訣?

膝に悪い… 韓国人の「くせ」が長寿の秘訣?

キム・ソヒ健康朝鮮記者

床に座ってテレビを見たり、座りっぱなしの生活は膝の健康によくありませんが、長寿の秘訣かもしれません. 座りがちなライフスタイルは、健康で長生きする「ブルーゾーン」の人々の特徴であることがわかりました。

◇ 長寿の指標となる座りっぱなしの生活は体幹を鍛える

座りっぱなしの生活は、健康長寿につながります。 これは、床に座ったり立ったりするときのコアの強度と柔軟性が自然に向上するためです. 研究によると、床に座るのはスクワットに似ており、コアと脚の強度を高めるのに役立ちます. また、直立姿勢で床に座ると、関節のバランスを保つのに効果的です。 実際、「世界の5つのブルーエリア」の1つである日本の沖縄では、人々は椅子に座る代わりに、床に座って読書をしたり、食事をしたり休んだりするなど、座りっぱなしの生活を送っています. . さらに、ブラジルのリオデジャネイロ大学の研究は、European Journal of Preventative Cardiology に掲載されており、51 歳から 80 歳までの人では、床から立ち上がる能力が重要な予測因子であることがわかりました。 . リンク。 研究期間中、座れない人は座れる人に比べて死亡リスクが5~6倍高かった。

ただし、長時間座っているよりも、30 分おきに起き上がる方がよいでしょう。 実際、長時間座っていると免疫システムが弱まり、病気にかかりやすくなり、代謝機能が低下し、コレステロール、トリグリセリド、血圧に悪影響を及ぼす. 30分ごとに短時間立ち、背中をまっすぐにし、腕を高く上げてまっすぐにします. この動きは血行を良くするだけでなく、骨盤や背骨への圧力を和らげる働きもあります。

◇睡眠を十分にとる

座りがちなライフスタイルに加えて、ブルー ゾーンに住む人々がより長く健康的な生活を送る方法を次に示します。

▶睡眠=十分な休息と十分な睡眠も長寿に重要な役割を果たします. 確かに、十分な量の質の高い睡眠は、体の疲労を和らげ、全体的な免疫システムを強化するのに役立ちます. 中国の青島大学の研究によると、7 時間の睡眠は心臓病や脳卒中による死亡リスクを低下させることがわかりました。

▶社会交流=周囲と良好な関係を保つことが長寿の秘訣。 ブルーゾーンでは、100 歳以上の人々が信仰共同体に属しており、平均余命が 4 歳から 14 歳に伸びました。 米国のハーバード大学医学部の研究によると、沖縄で「モアイ」と呼ばれる社会交流プログラムが健康に良い影響を与えた.

▶ストレス管理=健全なストレス管理もブルーゾーンの長寿の秘訣です。 実際、沖縄人は祖先を偲ぶ時間をとることもあり、サルデーニャ人は定期的に「ハッピーアワー」を開催しています。 前向きな考え方と心を育むことは、ストレスレベルを下げ、免疫システムを高めるのに役立ちます.

▶カロリー制限=カロリー制限も長寿に役立つ。 実際、週に数日だけ定期的にカロリー制限を行うだけで、生存回路と長寿遺伝子が活性化されます。 アメリカのパシフィック・ヘルス・インスティテュートの研究チームは、沖縄のブルーゾーンの人々の食事を分析し、カロリー制限が長寿に貢献していることを発見しました. 特に、お腹が8割埋まったと思ったら箸を置く「はらはちぶ」という食生活を実践していました。 別の研究では、参加者が低カロリーの食事を週 5 日、3 か月間続けたところ、体脂肪と体重が減少し、血圧が大幅に低下したことがわかりました。 彼らはまた、100歳以上の人によく見られるホルモンIGF-1(インスリン様成長因子)も発見しました.

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。