耳元で「ユッ」 落ちてくる蚊がいなくならない?

「小さなイエアカ」蚊による日本脳炎撲滅に向けた努力が必要

気温が下がると蚊が室内に侵入し、日本脳炎などの感染症を媒介するので注意が必要です。 [사진=게티이미지뱅크]

蜂蜜のように安らかな眠りを楽しんでいますが、耳鳴りがします。 「今年の秋は蚊がいるの?」と思ってライトをつけたら。 あなたはすでに刺されます。 夏が終わり、11月が近づいた今でも蚊が猛威を振るっているのは衝撃的です。 蚊の口がねじれた「チョソ」がなくなったが、この蚊は突然変異体なのか?

ソウル市は25地区に設置されたデジタル蚊モニタリングシステム(DMS)を通じて収集された蚊の数を公開しています。 2022 年 8 月の動物数は 55,677 頭で、昨年 8 月から 35.8% 減少しました。 2015年以来、8月としては最低の快晴の夏でした。

9月の蚊の数は増加傾向にあります。 ソウル市が収集した蚊の数は、2018年に▲67,379匹、▲2019年に▲83,274匹、▲2020年に▲95,170匹、▲2021年に90,542匹と増加を続けている。

蚊は暑い夏に活動すると言われていますが、実はそうではありません。 韓国疾病予防管理センターによると、平均気温が高くなると蚊の繁殖が活発になるが、気温が 32 度を超えると蚊の数が減り、活動が低下するという。 真夏の涼しい地下室で眠っている検索結果もあります。 蚊の活動適温は27度で、1日の寒暖差が大きい秋は暖かい部屋に入って活発になるため、蚊が多く感じます。

特に秋は、体が小さく、刺された部分がとてもかゆい「リトルレッドハウス」の蚊が活発に活動します。 彼は日本脳炎ウイルスを持っていることでも有名です。 韓国疾病予防管理センターによると、韓国の日本脳炎患者は主に8月から11月の間に発生します。

日本脳炎は、アカヤブカに刺されて感染すると、5~15日の潜伏期間を経て、発熱や頭痛などの初期症状が現れます。 治療せずに放置すると、高熱、けいれん、けいれん、麻痺などの生命にかかわる急性脳炎に進行し、症状が重くなると死に至ることもあります。 重度の脳炎から回復した後でも、30 ~ 50% の人が認知障害や運動障害、発作などの合併症を発症します。 日本脳炎は簡単な予防接種で簡単に予防できるので、予防接種歴のない成人でも安心です。

蚊に刺されやすい場合は、明るい色の長袖の服を着て、屋外での肌の露出を減らしてください。 蚊が吸血するのを防ぐために、ゆったりとした厚手の服を着るのが比較的安全です。 キャンプやハイキングなど虫の多い場所では、防虫剤を塗り、香りの強い化粧品の使用は避けましょう。

自宅では、ドアの隙間にある小さな雨水穴もしっかりと密閉され、蚊帳が固定されています。 キッチンやシャワールームの排水口に蚊が上ってくるのを防ぐには、酢と重曹を 1:1 で混ぜたもので消毒し、就寝前に排水口を毛布か水の入ったジップロックの袋で覆います。

一方で、興味深い研究結果により、蚊は皮膚のマイクロバイオームに応じて多く刺すことが明らかになりました。 米国ロックフェラー大学の神経科学者は、皮膚に生息する善玉菌が皮脂を食べ、蚊を引き寄せるカルボン酸を生成することを生物誌Cellで報告しました。

神経生理学者のレスリー・ヴォシャル博士が率いる研究チームは、3年以上にわたってこの研究を実施しました。 体臭は、64 人の実験者の腕にナイロン ストッキングを着用することによって収集されました。 次に、数十匹のネッタイシマカが入ったケージに、他人の体臭を含んだストッキング 2 枚を入れ、どちら側に蚊が最も多く集まるかを観察しました。

その結果、実験者の靴下に蚊が群がりました。 蚊がはびこっているサンプルを分析すると、人気のないサンプルよりも 100 倍多くのカルボン酸が含まれていることがわかりました。 研究チームは、体内に生息する善玉菌が皮脂を食べてカルボン酸を生成し、これがチーズのようなチーズ臭や足臭で蚊を引き寄せると分析。

「今蚊に刺されたとしても、3 年後には同じ状態になるでしょう」と Boshol 博士は語った。 .

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です