海洋水産省は、締約国のロンドン条約および議定書会議で、福島原子力発電所からの汚染水の問題を提起します


[이미디어= 김한결 기자] ロンドン条約および議定書について、英国で 3 日から 10 月 7 日まで開催された「第 44 回ロンドン条約および第 17 回ロンドン議定書締約国会議(以下「締約国会議」という)における海洋漁業省日本の福島原子力発電所からの汚染水の処理について、彼は当事者間でも議論されるべきだと主張した.

「ロンドン条約・議定書」は、海洋環境を保護するために廃棄物の海上投棄を禁止し、各国がそれを正しく適用しているかどうかを確認し、議論するための国際協定です。 2019年以来、韓国政府は、日本の原子力発電所からの汚染水の処理に関する議論がロンドン条約および議定書の締約国会議で開催されることを主張してきました。 現在、福島原子力発電所からの汚染水の安全性は、国際原子力機関(IAEA)の国際検証チームによって検証されています。 しかし、日本政府は、原子力発電所からの汚染水の排出は「海上への排出」ではないとの見解を示しており、「ロンドン条約・議定書」制度で議論する問題ではない」と述べた。

▲関連写真

この「COP」に先立ち、8月に国際海事機関(IMO)の法務部は、福島原子力発電所の汚染防止について、締約国間の合意を通じて「締約国のCOP」で議論することができると解釈した。韓国。 したがって、この「締約国総会」において、私たちの代表団は、損傷した原子力発電所周辺の地下水や雨水が、放射性物質を含むさまざまな汚染物質にさらされた場合、福島原子力発電所に貯留された汚染水が次の地域に放出されると述べました。海、海洋環境、生態系、近隣諸国の市民が影響を受けます。 彼は、健康と安全への影響について懸念を表明し、福島原子力発電所からの汚染水の安全な処理と、ロンドン条約および議定書のシステムにおけるこの目的のための情報交換を主張した. スペインやイタリアなど多くの国も、韓国政府の立場に同情を表明している。 今後、韓国政府は、福島原発の汚染水問題を「ロンドン条約・議定書」制度で議論できるよう努力する方針だ。

一方、韓国政府はメキシコとともに、今回の「締約国総会」で「下水汚泥の海への放流」禁止を提案した。

ソウルの英国大使館海洋水産部長官で国際海事機関(IMO)の代表であり、韓国の首席代表として総会に参加したリュ・ジェヒョン氏は、「このロンドン条約締約国会議で、と議定書、韓国はロンドン条約と議定書のシステムで福島原子力発電所からの汚染水の海への放出のレベルを決定することを決定しました。 彼は、安全保障に関する議論を継続するよう提案し、多くの国から多くの共感を集めました。 します」と彼は言った。

[저작권자ⓒ 이미디어. 무단전재-재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です