日本は公的債務に見舞われています…さらに30兆円を与えてください

日本政府は、30兆円(約292兆ウォン)規模の総合経済対策を準備するため、再び巨額の赤字国債を発行している。 物価高騰への対応論を進めてきたが、そのほとんどが金策であるとの指摘もある。 ビッグセブン(G7)の中で最悪の日本の財政のしわは悪化するだろう。

光熱費削減補助金を申請する


日本のメディアによると、27日、日本政府と与党自民党は26日、29兆円(約282兆ウォン)を超える第2次補正予算編成で合意した。

産経新聞によると、予算案は28日の閣議決定後に臨時国会に提出され、1年以内に予算案がまとめられる。 自治体や商業活動を含めた総商業規模は67兆円と推定されています。 日本の岸田文雄首相は同日、首相官邸で鈴木俊一財務相と会談し、「世界的な景気後退のリスクを相殺できる経済対策を設計する」よう求めた。

日本政府は、世界的なインフレに対応し、国家の競争力を強化するための理論的根拠を前進させてきました。 ただし、ほとんどの対策は寛容性として分析されます。 総合経済対策の核心は、エネルギー価格の高騰で増えた家庭の光熱費や燃料費などの負担を、現金給付や補助金などで軽減することだ。 自民党は、一般家庭の月々の電気代を2割に相当する2000円、都市ガス代を900円引き下げる案を提案している。

日本政府は、電気と都市ガスの料金を引き下げるために電力小売業者に補助金を出しています。 一般家庭の電気は1kW(キロワット)あたり7円、業務用は1キロワットあたり3.5円。 日本経済新聞は、日本政府がこの目的のために来年第1四半期だけで1兆円の予算を投入すると報じた。 都市ガスも1立方メートルあたり30円の補助があります。

製油所への補助金で人為的にガソリン価格を引き下げる制度の確立を目指すことも決めた。 産経新聞は、この措置により、一般家庭は来年1月から9月までの光熱費や燃料費の負担を約4万5000円削減できると試算している。

2050年の公的債務 2527兆円

また、0~2歳のお子さま1人あたり10万円分のマタニティ・育児商品クーポンをプレゼントするプランも。 観光支援や事業再生支援など、経済構造の改革や人的資源への投資を目的とした政策は、付随する施策によってほぼ補完されてきた。

補正予算の大半は国債発行で賄われる。 そのため、すでに1000兆円を超えた国の借金が急増する恐れがある。 昨年末、国内総生産 (GDP) に占める日本の国債の割合は 256% でした。 これはG7の中では圧倒的な1位です。

コロナ19が世界的に拡大した2020年、日本政府は293兆円相当のコロナ経済対策を3回実施しました。 日本の GDP の 54% を占めており、米国のような大国の 30 ~ 40% をはるかに上回っています。 それにもかかわらず、日本のGDPは、今年の第2四半期に、コロナ19が蔓延する前の2019年末のレベルまで回復しただけです。 これは主要国の中で最も遅い回復です。

大和総研は、日本の経済成長率を 1% と仮定すると、2050 年までに公​​的債務が 2 兆 527 億円に達すると予測しています。財政信用の質と国債の金利上昇は避けられません。

一方、マイナス金利政策で国債返済負担を軽視している日銀は、同日から2日間の金融政策決定会議を開いた。。 世界各国の中央銀行が利上げを急いでいるのとは異なり、日本銀行も今回も大規模な金融緩和政策を維持すると予想されます。 会議の結果は28日午前に発表される。

東京=チョン・ヨンヒョ特派員hugh@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です