日本、地方税のプラットフォームはわずか40社…「返礼品の地方自治体間の競争を促進する成功の秘訣」

[지방 활성화 마중물 ‘고향세’ 2부]

「ゴヒャンセの故郷」日本へ…プレゼント鑑賞

自治体の 90% がプライベート プラットフォームを使用

「さとふる」お返し47万個販売

紋別市の「ホタテ」寄贈第1位

限定商品の発掘と地域による差別化

特別展の広告および専門的な「注意」サービス

寄付者からのクレームを集め、製品に反映

約47万件。

日本の代表的な税務プラットフォームであるサトフルの贈答品の返品件数です。 韓国に先立って地方税を導入した日本では、民間部門が地方税プラットフォームを運営している。 基幹自治体である市町村がプラットフォーム上で贈答品の登録を申請した場合、観光税の徴収、贈答品の宣伝・販売、民事上の取扱いを代行します。苦情。 そのようなプラットフォームは 40 以上あります。 プラットフォームごとに差別化された返礼品、親切な説明、季節ごとの展示が追加され、返礼品はマーケットプレイスになりました。 昨年の日本の地方税8302億円(約8兆1885​​億ウォン)の裏には、恩寵があるといっても過言ではない。

◆地方自治体の生死、税制商品=Japan Tax Platforms によると、1,788 の自治体の約 90% がプラットフォームを使用して景品を宣伝しています。

ふるさと第2位の税プラットフォーム「さとふる」にアクセスすると、ランク、商品、地域、企画展の順に返礼品が表示されます。 ランキングでは、昨年の返礼品で最も多く選ばれたのは、北海道紋別市産のホタテ(1kg)。 14,000円の寄付で殻をむいた後すぐに冷める商品がもらえます。 日本最北端の清らかな海岸で育った、みずみずしくふっくらしていると寄付者から熱望されました。 東京から約1400キロ離れた人口2万1000人の漁村紋別は、1キロのホタテを誇り、昨年の地方税徴収(152億9700万円、約1億5088万1900ウォン)で1位になった。

紋別市と競合する都城ふるさと納税推進室の大重健太郎知事は「紋別市は4年前からホタテの養殖を行っており、地方税法人としては初。 これはポイントを示す例です。

昨年里ふるで人気の返礼品トップ10は、農産物5品、海産物5品。

農産物の中でもコメが目立ちます。 地元の米の品種 山形県新庄市から紹介された、人気ランキング第7位に選ばれました。 その秘密は「高品質」。 市は、日本穀物検定協会から22年連続で「特等A」を取得している米であると指摘し、便宜上1粒5kgに分けている。

畜産品も同様です。 福岡県飯塚市が紹介する鉄板焼きバーガー(2位・寄付金1万円)は、牛ひき肉の半調理品。 140gに小分けされた牛肉が20枚入っています。 観光税専用の商品として考案され、タレまで付いていました。 佐賀県嬉野市も、しゃぶしゃぶのお返し(6位・1万円寄付)に、地元産の中でも最高級の牛肉のみを使用したと発表。 品質と利便性が備わっていれば、食品は返礼品として競争力があると読むのがポイントです。

海産物の販促も素晴らしい。 ▲うなぎの味付けセット(3位 寄付金10,000円) ▲カニ足(10位 寄付金25,000円)が注目を集めた。

昨年、さとうふる納税プラットフォームの人気返礼品トップ10は、平均1万3400円の寄付で寄せられた商品で、寄付が1万円台に集中していると解釈できる。

◆季節に合わせた品揃え=ぶどう 韓国で人気の は、日本では持っていないので手に入らないお返しです。

サトフルは8月22日から9月23日まで、長野県須坂市の「シャインマスカット」など4つの関連商品をトップ100に挙げた。 先行予約も活発です。 来年2月に福岡県久留米市から供給されるいちごは、予約限定ですでに28位。 10月から収穫される香川県高松市のみかん(5kg)も6位。

ふるさと納税プラットフォームも風変わりな展示物で寄付者の好奇心をそそっている。 例えば、No.1のプラットフォームであるふるさとチョイスでは、「2022年の新米」特別展示で、地域のお米やおいしいお米の炊き方を詳しく紹介しています。 また、日本の大晦日に食べられる特別な料理である「おせち」の展示も​​始めました。 「11品種のりんご特集」「2021年テレビやSNSで人気のカムバックギフト特集」など、楽しみが尽きません。 年末には「ふるさと納税大賞」で自治体同士の競争も激化。

ふるさとチョイスの宗像信ゼネラルマネジャーは「地方自治体の中には、プラットフォームをテストマーケットとして利用し、寄付者の反応を見て正式に販売を開始しているところもある。いくつかある」と示唆した。

◆官民連携が成功のカギ=日本の税務当局は、ギフト市場の成功要因として「官民協力」も挙げています。

「政府や地方自治体は、景品の宣伝や寄付者からの苦情への対応に限界がある」と、シン事務局長は語った。

総務省の地方税課長である阿久津裕太氏は、「いくつかの地方税プラットフォームが独自の専門サービスを提供しているため、地方税に対する国民の見方が変わり、広告が可能になりました。

サトフル プラットフォームは、600 人の従業員のうち 300 人がコール センターのアドバイザーであるため、ギフト返品の事後管理に取り組んでいます。 地方自治体と連携し、単身世帯向けの限定品やカムバックギフトの企画に成功。

最高執行責任者(COO)の青木大輔氏は「寄付者の声を集め、返礼金に反映させることが地方税の成功の秘訣である」と述べ、「地方税が始まった当初、多くの自治体は何を知らなかったのか」と語った。する必要はありませんでしたが、プラットフォームとのコラボレーションは成功しました。 「私たちは今、お互いに相乗効果を生み出しています。」

東京=キム・ヘデ特派員

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です