強制労働の解決策を探しています…独島は10年目の私たちの土地です

5月23日の通常国会で政策演説のため国会本会議場の演壇に立ち、内ポケットにマスクを入れる岸田文夫首相。

韓国と日本が強制労働問題の解決策を見つけるために加速するにつれて、独島の主権と福島からの汚染水の放出が再び重要な問題になります。

外務省によると、ソ・ミンジョンアジア太平洋局長は24日、日本国外務省の船越武宏アジア・オセアニア局長と面談し、強制動員問題の解決策を協議する予定だ。今月末のソウル。 外交筋は、韓国政府が16日に東京で開かれた部長級協議で「三国賠償」などの解決策を提案しているのに対し、日本側は今回の協議で「誠実に対応するための措置」を提案すると見ている。

来月、韓国政府の強制動員問題の解決案と日本の対応案が同時に発表され、両国首脳が会談するという見方もある。

そんな中、日本政府が改めて言及した両国の外交問題が、強制動員問題の解決に変数として現れている。 独島問題はその代表例だ。 日本の林芳正外相は23日の通常国会での外交演説で、独島は「歴史的事実上も国際法上も日本の領土」だと主張した。 日本の外務省は、この主張を10年連続で繰り返している。

外務省のイム・スソク報道官は「度重なる不当な領有権主張に強く抗議し、即時撤回を求める」と述べた。

外務省はコメントで、日本の佐渡鉱山の世界遺産への再登録の推進について、「日本は約束されたフォローアップ措置と世界文化遺産委員会の決定を速やかに実施すべきである」と改めて強調した。 李道勲(イ・ドフン)外務次官は20日、浪岡大輔在韓日本国大使館大使代理を招いて政府の立場を伝えたが、日本側は応じなかった。

福島原子力発電所からの汚染水の放出の問題もマイナス要因になり得る。 共同通信によると、日本政府は13日、汚染水対策に関する閣僚会議を開き、今年の春から夏にかけて汚染水を放出する計画を発表した。 外務省は、「汚染水は、客観的かつ科学的に安全で、関連する国際法と基準に従って処分されるべきであるという立場を引き続き堅持する」と述べた。

専門家たちは、日本の独島領有権主張と佐渡鉱山の世界文化遺産登録推進は、強制労働問題の解決に重要ではなく、一日や二日で解決できる問題ではないと診断した。 ハ・ジョンムン・ハンシン大学日本学教授は「独島問題が慣例化されており、佐渡鉱山も2度目の推進で可燃性は低いだろう。

パク・ウォンゴン梨花女子大学北朝鮮学科教授は「竹島(独島の日本名)と佐渡鉱山の世界文化遺産の推薦期限は決まっているので、変数ではなく定数として考えるべきだ」とコメントした。 . 」 翌月22日が竹島の日で、佐渡鉱山の世界遺産登録の締め切りは翌月1日。

しかし、日本の岸田文夫首相の支持率が史上最低であることから、日本が韓日関係を内政に利用する可能性は否定できない。 朴教授は「岸田内閣の支持率が20%を割れば、国会の解散要求が出てくる可能性がある。

キム・インヨプ記者 inside@hankyung.com

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です