尹 ポストツアー 輸出ダイナミクスの確保… イラン論争の完全封鎖

TF設置と金融委員会の「大規模活動報告」…基調講演「官民チーム」
大統領府関係者「地域の深刻な治安状況に対処してください」

尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領は、アラブ首長国連邦(UAE)大統領から300億ドル(約37兆ウォン)の投資公約を受け取ったことを機に、大規模な「輸出力の活性化」に乗り出した。

14日から21日までの6泊8日のアラブ首長国連邦とスイス旅行では、自称「韓国」が強調した「官民ワンチーム」基調講演を行う予定だ。 No.1CM」、今後のアクションの中心に。

大統領府関係者によると、尹大統領は24日、韓国とアラブ首長国連邦との間で調印された覚書(MoU)と契約の合計48件に対する事後措置を実施するためのタスクフォース(TF)の編成を命じた。彼らの帰国直後。 韓国へ。

このプロジェクトの主な目的は、企画財政部、商工資源部、中小企業・新興企業部などの関連省庁のチームを形成することにより、輸出と投資の成果の迅速な作成を支援することです。金融サービス委員会。

大規模な投資の性質上、大企業、中堅企業、中小企業が有機的な連携を進める必要がある場合、政府はコンソーシアムの形成や海外展開を積極的に支援します。

彼はまた、金融政策を監督する金融サービス委員会の仕事に焦点を当てることを計画している.

ユン委員長は今週、法務部と公正取引委員会を皮切りに、行政安保部、統一部、報復部、金融委員会、公正取引委員会から土壇場での業務報告を受ける予定だ。貿易委員会。

特に、金融委員会の活動報告は、金融界の官民の主要担当者が一堂に会する「大規模活動報告」の形になると報じられている。

大統領府の幹部は電話で、「産業が成長するためには、金融が必然的に後を追わなければならない」と述べ、「国を企業に変えようという考えだ」と語った。

今年のツアーも「営業外交」に力を入れているようだ。

例えば、ある当局者は、国は資源豊富なアフリカ諸国との経済協力の可能性を積極的に模索すると述べた。

アラブ首長国連邦と緊密な関係を築いてきた李明博元大統領を中東特使として派遣し、訪問のフォローアップを急ぐという話も出ている。

しかし、高齢で長期間投獄されていた前大統領の健康問題などを考慮し、大統領府の内部判断は時期尚早とのこと。

尹、輸出力確保に「ポストツアー」…「イラン論争」への障壁 (全文)

一方、大統領府は尹大統領の「イラン発言」をめぐる論争に一線を画している。

尹大統領は15日、UAE派遣部隊のARK部隊を視察し、「最も脅威の国であるUAEの敵はイランであり、我々の敵は北朝鮮である」と述べた。

これと関連し、大統領府の高官は電話で「尹大統領は、UAEで働く兵士たちに深刻な治安状況に対処するよう指示した」と述べた。

旅券関係者は、「軍の最高司令官である尹大統領は、最高司令官としてアラブ首長国連邦に派遣された兵士に指示を出した」と説明した。

「韓国大統領の兵士に対する指揮権の行使に関するイラン側の態度を遺憾に思う」と述べた。

論争が続く中「外交の災難」と野党が攻勢を強める中、野党はより断固たる立場で野党攻勢に巻き込まれないという立場と読みとられる相手国とイランの大使の招待。

一方、次の目的地として日本と米国が検討されており、2 月か 3 月頃に予定されています。

特に、日本の強制動員補償問題の解決に向けた韓日間の土壇場での調整をいかに迅速に進めるかが、今後のツアー日程を左右する最大の要因になると見られている。

大統領府内では、強制動員問題の解決策を三・一運動前に極力見つけるべきであり、韓日首脳会談で両国関係を改善すべきだという意見も出ている。

ただ、日本問題に敏感な国民感情もあり、政府レベルでの議論を注視しながら、可能な限り慎重な姿勢を維持しようという雰囲気もある。

/ユンハプニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です