尹大統領、安倍首相に直接哀悼の意…韓日関係の展望は?

◀ アンカー ▶

尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領も同日、在韓日本大使館の安倍前首相の葬儀場を訪れた。

韓国政府は弔慰外交などで韓日関係改善に向けた努力を続けてきたが、日本の憲法改正や強制労働問題など、過去の問題が鍵を握るとみられる。

ソ・ヘヨン記者がお伝えします。

◀ レポート ▶

在韓日本国大使館の安倍晋三元首相の香炉。

今日の午後、ここを訪れた尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領は沈黙している。

「安倍前首相のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族と日本国民に心よりお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表した。

「私たちの最も近い隣国である韓国と日本が緊密に協力することを願っています。」

[윤석열 대통령]
「訃報にとてもショックを受けました[d’Abe]. ご遺族と日本国民の皆様に心よりお悔やみ申し上げます」と謝罪した。

尹大統領は、韓日関係の修復に強い意志を示し、格別の厚意を示したと解釈される。

政府は、日本側が追悼式の時期を確認した後、韓徳洙(ハン・ドクス)首相率いる高官代表団を派遣し、弔意のレベルを引き上げる計画だ。

追悼プログラムのほか、パク・ジン外相の訪日も調整されている。

韓国政府は積極的な「弔問外交」を通じて韓日間のハイレベル交流を進めているが、韓日関係の改善にはまだ長い道のりがあるようだ。

衆院選で自民党が大勝し、安倍首相への同情を背負った自民党は、改憲を推し進める見通しだ。

「自衛隊の憲法規定」を明記した憲法改正は、韓日関係にとって悪いニュースになりかねない。

[남기정/서울대학교 일본연구소 교수]
「もし(日本国憲法が)変更されれば、日本がいわゆる『軍隊を持つ国』になることを象徴する意味で、韓国を含む周辺国が神経質になるのは当然だ…」

また政府は、日本企業の資産が現金化される前に、官民協議会を開いて強制動員被害者の意見を求め、解決策を模索する方針だ。

MBCニュースのソ・ヘヨンです。

映像カバー : キム・ギョンベ / 映像編集 : パク・ビョングン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。