多重保険制度を維持し、強制指定制度を導入しない

②日本医療保険制度

・国民健康保険への加入が義務付けられています。

・保険者は専門医療保険と地域医療保険に分かれており、各医療保険内に複数の保険者が存在する複保険体制が整備されている。

・財源は保険料と国庫補助で、国庫補助率は保険種目ごとに異なる。

 

– 民間中心の医療供給システムでは、市民は主要な病院や専門医療機関を含む医療への自由なアクセスが保証されます。

・かかりつけ医制度はなく、かかりつけ医という概念のみであり、政府はかかりつけ医の利用を推奨している。

・医療機関は、制度的に指定されているわけではなく、医療機関の要請に応じて、地域の社会福祉事務所が指定する義務があるため、実際には医療機関の指定を求める制度が運用されている。 また、日本では、医療機関だけでなく保険医も別々に指定する二重指定制度が運用されています。

– 診療報酬制度が採用され、病院レベルでは、完全な診療報酬制度の形態である DPC が拡張されています。 医療費の審査は地域医療保険と職域医療保険で異なり、保険者が独自に審査することもあります。


・一次医療機関、二次医療機関、三次医療機関の分類があり、主に一次医療機関と二次医療機関で一次医療を行い、三次医療機関は主に紹介患者の診療を担当します。 三次医療機関の利用に大きな制限はありませんが、軽症で三次医療機関を受診することはまれです。


・年齢ごとに給付率・自己負担率が異なります。

– 厚生労働大臣は、医療政策と料金を決定する権利を持っていますが、この過程で、中央社会保険医療評議会 (中国の医師会、私たちの健康管理に似ていますが、投票権はありません) に相談します。 .

日本の場合、ドイツと同様に政府が積極的に医療に介入しているが、多重保険制度を維持しており、強制指定制度は導入していない。 韓国と似ているのは、従量課金制であり、一次、二次、三次医療機関の利用に制限がないことです。

日本は、韓国よりも病床数と入院期間が長い唯一の OECD 加盟国です。これは、人口の大部分を占める高齢者が、より高い給付率を享受し、ケアとケアを受けることができるためです。 . 経済的負担のない病院で。 原因となっているようです。


従量課金制、医療機関への適用、複数保険制度、高齢者給付率の高さ、病床数の多さ、入院期間の長期化といった日本の医療制度の特徴を考えると、やむを得ないと思われます。医療費が非常に高くなります。 しかし、日本は、政府支出の割合が高く、家計支出の割合が低い国であるにも関わらず、医療費を削減するために様々な努力を行っています。 その中で、例えば日本では、任意の分業(病院と診療所で院内物流と院外物流を任意に選択可能)により医薬品と物流のコストを削減し、診療所は院内物流が可能です。であるため、駅周辺でなくても近隣に小さな診療所を開設することが可能であり、これも医療費の削減につながる要因の一つと考えられます。





※コラムはコラムニストの私見であり、本誌の編集方針とは一致しない場合があります。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です