堕落した韓国のエリートスポーツ…文政府の「政治介入」の背後にある [성백유가 고발한다]

今、韓国は日本の過ちを真似している。 エリート スポーツ ポリシー。 日本は 1964 年の東京オリンピックで 16 個の金メダルを獲得し、アメリカとソ連に次いで 3 位でした。 母国でのオリンピックで国際的なスポーツの堅実なプレーヤーとして台頭した後、彼は好成績を収め続けました. 1968年メキシコ五輪で3位、1972年ミュンヘン五輪で5位、1976年モントリオール五輪で5位だったが、1988年ソウル五輪でトップ10から脱落した。 その答えは、エリートスポーツへのサポートの減少です。 1970 年代、政府が社会的スポーツを重視するようになると、つまり、一般の人々がプレーするスポーツの裾野が広がり、エリート スポーツへの主流の関心は徐々に低下していきました。 こうした背景もあり、1984年のロサンゼルス五輪では7位、ソウル五輪では14位(金メダル4個)と低迷が続いた。

2020年東京オリンピック(2021年開催)で日本が復活しました。 27 個の金メダルを獲得し、米国と中国に次いで 3 位にランクされました。 これを可能にした背景には、政策の変化もあります。 1990 年代後半、日本は再び国営エリート スポーツの重要性を認識し、支援を強化しました。

今回は韓国。 韓国は 1988 年のソウル オリンピックで 4 位に終わり、オリンピックの舞台で初めて日本を破りました。 その後も1992年バルセロナ、1996年アトランタ、2002年シドニーと日本を席巻し続けたが、2006年アテネ五輪で再び逆転。 日本は 5 位で、韓国 (9 位) を上回った。 前回の東京五輪では、韓国は金メダル6個で16位だった。

以前は、金メダリスト候補は銀メダルを獲得した後でも、頭を下げて「人々に申し訳ない」と言っていました。 メダルの色だけでなく、4位や5位のようにメダル圏外に押し出されても、選手たちが誇らしげに楽しんでいる姿を見ると歓声が上がります。 私はそれが悪いと言っているわけではありません。 ただし、注意すべき点は確かにあります。

最近、大韓民国体育委員会の幹部から質問ではなく、「4 位と 5 位のフィニッシュをどれくらい応援すればいいですか?」という質問がありました。 オリンピックだけでなく、最近開催された各種国際大会で韓国チームの成績が急落することを恐れたからだ。

いくつか例を挙げてみましょう。 7月27日、東アジアサッカー連盟E-1選手権大会の決勝戦で、パウロ・ベント監督率いる韓国サッカー代表チームが日本に0対3で敗れたイースト(EAFF)2022(東アジアカップ)。愛知県。 、 日本。 昨年3月の日本戦に0-3で敗れて以来、連敗中。 今年2月の北京冬季五輪では、ショートトラックだけで2個の金メダルを獲得し、総合14位に終わった。 ちょうど4年前の2018年平昌五輪(7回目)で、スキーやボブスレーなど様々な種目でメダルを獲得したのとは全く別物だった。 平昌五輪、開催国は? この大会を除くと、2014年ソチオリンピック(13位・金メダル3個)、2010年バンクーバーオリンピック(5位・金メダル6個)、2006年トリノオリンピック(7位・金メダル6個)は明らかに目標を下回った。 前述の東京 2020 オリンピックも、最近の夏季オリンピックの中で最もパフォーマンスが低かった。

しかし、不思議なことに、スポーツ界だけでなく一般の人からも反省や批判がなかなか聞こえてきません。 東京五輪でも準決勝まで進み、メダルを獲得できなかった女子バレーボールは「美しい敗戦」と称賛された。 セクシュアリティについて語りたい人がいれば、「時代は変わった」「エリートスポーツではなく、大衆によって直接社会的スポーツを行うことがより重要である」という、いわゆる「コンセプチュアルな」著名人の声が、その雰囲気を沈めた. 「なぜ国民は代表チームの成績を気にしすぎるのか」など、政治色の強い警告もあった。 または「性的優位性からの脱出」。

    2020年東京オリンピックの女子バレーボール銅メダル決定戦で、韓国チームがセルビアに0-3で敗れた後、キム・ヨンギョンがチームメートを抱きしめている. ニュース1

考えてみましょう。 ナショナルチームとは? 代表に選ばれ、太極のブランドを身につけて国際大会に出場したスポーツスターたちは、良い成績を収めれば「国威を上げる」というプライドのために、より一層努力した。 そして国民はまた、国威を高め、団結するための彼の努力を惜しみなく称賛しました。 太極ブランドの前で保守とリベラルが一つになった。 行き過ぎたナショナリズムには気をつけなければならないが、エリートスポーツは明らかにそのようなポジティブな機能を持っていた。 これが今崩壊しつつある。 人口の崖や世間の意識の変化によるプレイヤーベースの減少は、自然な変化と考えることができます。 問題は、政界のゆがんだ認識と一部陣営の丼ぶり想定で政策がうまくいかないことだ。

朴槿恵政権は、大韓体育協会と生活体育協会の統合を進める中で、2015年にスポーツ革新委員会を発足させた。 その目的は、社会的スポーツを促進することです。 総統は、全教組総裁の安陽玉と文化体育観光部の金正二次官が共同議長を務め、この分野の有識者が改革を主導した。

しかし、文在寅(ムン・ジェイン)政権下で、この委員会がスポーツ界に定着した。 スポーツ革新委員会の委員長には、チョ・グク前法相に近い政府系女性運動家が就任した。 さらに、スポーツ倫理センターの議長は、元レクリエーション副大臣が占めていました。 先進的なリーダーが要職に就いたスポーツイノベーション委員会は、既存のエリートスポーツシステムを完全に無視し、身も凍るような改革を試みた。 文化スポーツ観光省と教育省は、学生アスリートの勉強する権利を保証するために、毎週の競技会の禁止を勧告しました。 シーンを無視した委員会の勧告により、プレーヤーだけが被害を受けました。 ほとんどのスポーツでは、施設が不足しているため、週末に大会が開催されません。 学生アスリート、保護者、関係する専門家は皆、これは非現実的な推奨であると叫びましたが、無視されました. その後、卓球のシン・ユビン選手とキム・ナヨン選手が高校を中退した。 7月のウィンブルドンで14歳未満の男子シングルスで優勝したチョ・セヒョクも、学校と国際大会を同時に受講することが難しく、大学を中退した。

2019 年 6 月、韓国代表選手協会や韓国オリンピック聖火協会などのスポーツ団体は、

文在寅(ムン・ジェイン)政府が2018年アジア大会後の国会監査でエリートスポーツを精査した様子を見ることができる.アン・ミンソク文化体育観光会長とソン・ドンヨル野球チーム監督が電話した. 当時、ソン・ヘウォン下院議員を含む与党議員は、選手の選出を不当だと非難した。 金メダルを獲得したマネージャー。

これが政府の立場であり、スポーツ産業が大企業からの支持を得るのを難しくしている。 政治家が「エリートスポーツは必要ない」と公言する中、大韓体育協会系の団体は「会長を持つ」ことが難しかった。 大韓スケート連盟と大韓アイスホッケー協会も1、2年、会長が不在だった。

今、政権が変わりました。 尹錫烈(ユン・ソクヨル)政府は、スポーツ革新委員会の勧告の副作用を認め、改善案を出すことを約束した。 2002年のワールドカップで赤シャツを着て叫んだ「韓国」を再現できるよう、新政府の正しい政策に期待する.成功した日本のスポーツが崩壊するのに時間はかからなかった.再び強くなるために20年以上。 これは、韓国のスポーツ界が教訓として学ばなければならないことだ。

ペク・ユソン (c_project@joongang.co.kr)


Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。