医学と健康 : 社会 : ニュース : ハンギョレ

写真データ” alt=”埼玉県みよし町にある認知症専門の託児所「けやきの家」では、認知症の方が子どもたちのために山芋のラップで夕食を準備しています。 . <ハンギョレ>写真データ” />

埼玉県みよし町にある認知症専門の託児所「けやきの家」では、認知症の方が子どもたちのために山芋のラップで夕食を準備しています。 . ファイル写真

1億5000万人。 これは、世界保健機関(WHO)が2019年に予測した2050年の世界の認知症患者数の規模です。5,000万人レベル(2019年から)の最大3倍まで増加すると予想されています。 認知症患者の増加に伴い、海外でも認知症患者に対する様々な施策が推進されています。 高齢化社会を迎えた日本の事例は注目に値する。 日本政府は、2004 年以来、「認知症」という言葉を公式に使用しないことを決定しました。 認知能力に関わる病気のことです。 日本は2012年に「認知症対策5か年計画」(オレンジプラン)を策定し、2015年には地域ケアを強化した「新オレンジプラン」を発表しました。 これは政府全体で2025年までの長期計画を策定しており、政府の大きな課題です。2025年は団塊世代(団塊の世代)が75歳以上になる時期です。 日本では、地域の総合支援センターに「認知症集中初期支援チーム」を配置し、認知症患者やその家族への早期介入を行っています。 このセンターは、認知症患者の状態を管理し、環境を改善し、家族を支援することにより、認知症の人々が自立するのを支援します。 また、担当の医療スタッフと連携してサポートする「認知症医療センター」も併設しています。 認知症患者の勇気を奮い立たせるための全国キャンペーンも実施されました。 また、日本では認知症の人たちのための運動が活発です。 日本認知症協会が設立され、日本政府は被災者の意見を政策に取り入れようとした。 オランダには「認知症の村」として知られるホーヘヴァイクという村があります。 2009年、国や地方団体の協力のもと、認知症患者のケアを専門とする看護師の発案で始まりました。 認知症の入居者約200人が6~7人で1つの家に共同生活を送っています。 スーパーマーケット、レストラン、公園、ウェルネス センター、ビューティー サロン、劇場もあります。 認知症の人は集まって料理をしたり、社交行事を企画したり、買い物をしたりします。 患者の安全のために、約 250 人の介護者、医師、介護者、スタッフが村全体で患者を支援しています。 最近では、英国でもこの村をモデルにした認知症村の創設が進められており、国際的にもこのようなケアシステムの導入が求められています。 英国では、患者は「認知症ケア パスウェイ」ポリシーに従って個別のケースとして分類され、ケアされます。 このポリシーの中心は、認知症ケアマネージャーです。 このマネージャーは、診断、認知症治療の処方、診断後に地域社会で提供できる健康と福祉の分野におけるさまざまなサービスのオリエンテーション、およびサービスの調整と接続を担当します。 . 2015 年以降、すべての認知症患者は認知症ケアマネージャーを任命する必要があります。 ジャーナリスト パク・ジュニョン juineyong@hani.co.kr

参照

健康保険政策研究所、2015
2018 年 HIRA ポリシー トレンド、第 12 巻
2018 年 HIRA ポリシー トレンド、第 12 巻
オランダの長期介護改革、国際社会保障レビュー、2018 年秋

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です