健康と医療のデータを効果的に使用する方法を見つける > ニュース

人民力のキム・ミエ代表は19日、国会議事堂第2小会議室で「データ経済時代、健康・医療データの保護と活用」について討議し、効果的な方法を模索した。健康と医療データの使用。

フォーラムでは、ソウル大学校のホン・ソクチョル経済学教授が「医療および健康データの使用を活性化する価値と戦略」についてプレゼンテーションを行い、企業の市民社会、医療機関、政府関係者が関連する問題について議論しました。 . . サムスン医療センターのヤン・グァンモ教授が討論の議長を務め、カン・ソンギョン事務総長、韓国1型糖尿病協会のキム・ミヨン会長、メディブロックCEOのイ・ウンソル、保険研究所が参加した。パク・ヒウ国民健康保険公団総経理、シン・スネ韓国健康情報サービス・医療部長ピョン・ナムス、保健部医療情報政策課長ジョン・ヨンヒ福利厚生、参加しました。

キム・ミエ代表は開会の辞で、「データ経済の時代に、世界中の国々が国民の健康を促進するためにヘルスケア部門のビッグデータに注目している。. 特に、韓国は国民健康保険を通じて大量の医療データを保有する国であるため、健康と医療におけるビッグデータの使用の意義と重要性も重要です。 共存できること。

この日、ホン・ソクチョル教授はプレゼンテーションを通じてデータ駆動型デジタルヘルスケアの経済的価値と国内外の健康・医療データの動向を紹介し、ビッグデータとマイデータの活用をめぐる課題と対策を紹介した。

彼は、データ駆動型デジタルヘルスケアの経済的価値は、診断精度の向上、将来の健康リスクの予測可能性の向上、ヘルスサービスへのアクセスに対する時空間的制約の克服、および消費者の利便性の向上にあると指摘しました。 医療サービスのレベルを向上させ、誤診による非効率な医療費を削減します。

さらに、消費者の利便性の向上について、「健康的なライフスタイルの実践、パーソナライズされた食品の推奨、健康と金融の組み合わせなどの関連産業により、消費者の利便性と生活の質を向上できることを願っています。製品。 “

ホン教授によると、米国、フィンランド、日本は国家主導の健康ビッグデータを構築しており、企業や研究機関は二次利用法を推進しています。 韓国では、「民間主導の医療・健康データの利活用と創出」を基本政策の方向として、ビッグデータプラットフォームの構築と普及、研究開発投資の拡大、産業振興などの革新的なエコシステムの育成に向けた政策が進められている。労働力の専門家の。 デジタルヘルスケアやビッグデータに基づく高度・精密医療の普及により公衆衛生を向上させる内容を盛り込んだ「バイオデジタルヘルスのグローバルセンターとしての飛躍」などの代表的な行政課題が代表的です。

この国家プロジェクトに含まれる「ビッグデータ」の概念は、機関が管理する健康・医療データです。 一方、個人が管理する「マイデータ」には個人情報が含まれており、顧客は一部の専門家だけでなく、すべての市民です。 これらのデータは相互に補完し合い、高度にパーソナライズされたオーダーメイドのサービスを提供します。

洪教授は、ビッグデータ活用の問題点として、△民間保険会社の健康保険へのビッグデータ活用による医療民営化の加速△個人の健康情報の漏洩と悪用などを指摘した。 誤用やセキュリティの問題、標準化の問題、マイデータの利用情報提供者に対する理解の低さ、経済的な実現可能性の低さなど、デジタルヘルスケアの限界が提示されました。

彼は「1970年代以降、韓国が自動車や半導体などの製造業で力強い成長を遂げることができたのは、政府の全面的な支援と業界のイノベーション努力のおかげだ。私たちは責任を持って実行する必要がある」と述べた。これを実現するための政策だ」と語った。

◇医療機関に積極的な参加を促すインセンティブを与えるべき

カカオトーク_20220919_105739393_06.jpg

一方、ラウンドテーブルでは、医療・健康データの利活用の必要性を理解した上で、個人情報の保護、信頼の確保、インセンティブの付与など、データ利活用のための具体的な方策を準備すべきであるとの意見が一致しました。

カン・ソンギョン書記長は「医療・健康データが金融、食品、保険、医療機器などの分野に影響を与え、消費者の利便性を向上させることができるという発表に同意する。主権意識を確立し、バランスの取れた政策を準備する必要がある」と述べた。データの保護と使用のため。

デジタルヘルスとマイヘルスウェイ特別委員会委員を務めたイ・ウンソル代表は「私のデータである『マイヘルスウェイ』が医療分野で運用されることで、多くの人が恩恵を受けることを期待している。 多くはなく、データを提供するだけであるという認識があります。 何らかの形で医療機関にインセンティブを与えるなどして積極的な参加を促すべきだ。

パク・ヒウ委員は、「経済協力開発機構は、韓国をフィンランドとデンマークと並んで最高レベルの公衆衛生データの入手可能性とガバナンス環境を備えていると評価したが、私は個人的に、ヘルスケアを利用する利害関係者間の信頼は、 「データ3法などの個人情報や仮名情報の利用の根拠が定められているので、保険会社は脆弱な人々を助ける商品を開発することで、社会の信頼を高めるよう努めるべきです。」

「ザ・健康保険」アプリなど、私のデータサービスを作る取り組みを紹介したシン・スンエ理事は「データが何に使われるか分からないので心配している。屈服しなければならない。終わった」と彼は説明した。

チョン・ヨニ理事は「マイデータを医療分野で利用するためには、個人情報の自己決定権を強化するという点で議論を始める必要がある。 この場合の「自己決定権」とは、誰もが自分の情報をいつ、誰に、どの程度使用するかを自分で決定できなければならないことを意味します。

カカオトーク_20220919_105739393.jpg

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。