今回も韓国と日本の「トヨタ災難」がまたしても3失点

突破しようとするナ・サンホ。 大韓サッカー協会 (KFA)

ベントゥーホも日本に無得点で敗れた。

愛知県豊田市の豊田スタジアムで開催される「2022東アジアサッカー連盟(EAFF)東アジアカップ(E-1)」で、パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表が日本と対戦する。 27日午後7時20分、敗北。

韓国は日本に敗れた後、2勝1敗(勝ち点6)で2位にとどまった。 4連覇目前だった韓国は、この試合で大敗を喫し、プライドを傷つけられた。 直近の試合である昨年3月に横浜で行われた評価戦では、0対3で敗れ、2試合連続無失点。 日本は最終戦を制し、勝ち点7で優勝。

前方にはチョ・ギュソン(キムチョン代表)が配置され、両側にはナ・サンホ(FCソウル)とオム・ウォンサン(蔚山現代)が配置された。 中盤にはクォン・チャンフン(キム・チョン社長)、キム・ジンギュ(全北現代モータース)、クォン・ギョンウォン(ガンバ大阪)が座った。 守備ではキム・ジンス(現代全北)、チョ・ユミン(大田ハナ市民)、パク・ジス(キムチョン代表)、キム・ムンファン(現代全北)が並んで立った。 ゴールキーパーのグローブはチョ・ヒョヌ(蔚山現代)が着用。

韓国は前半を通じて日本の攻勢に苦しんだ。 日本からの前向きな圧力により、ベントゥーホの独自の構造は適切に機能しませんでした。 パスはしばしばカットされ、ボールをドアに入れることさえ困難でした. 前半は枠内シュートが無かった。

危機も何度かありました。 前半19分、相手のプレッシャーにクォン・ギョンウォンがボールを失った後、相馬祐希の左足シュートが右ポストに直撃。 前半34分、チョ・ヒョンウは相馬のコーナーがゴールに向かうのを防ぐのに苦労し、チョ・ヒョンウはミズノ・ゴタの右足シュートをキャッチした. 0-0のまま前半終了。

キム・ジンス代表キャプテン。 大韓サッカー協会 (KFA)

後半戦、悪夢が目の前に繰り広げられた。 後半4分、ジョエル・フジタのクロスを相馬がヘディングで合わせて先制。

最初のゴールを決めた後、ムードはより完全に日本に移りました。 韓国は後半11分にオム・ウォンサンを落とし、ソン・ミンギュ(全北)を投入して雰囲気を変えようとした。 しかし、過ぎ去った流れは戻ってこなかった。

後半19分、相馬選手のコーナーキックと佐々木翔選手のヘディングで再びゴールを奪う。 韓国は反則だと抗議したが、審判の判定は変わらなかった。

韓国は、代替マップや防御戦術など、さまざまな変更を加えましたが、日本を止めることはできませんでした。 とりわけ
日本の前進圧力は無力でした。 後半23分、クォン・チャンフンとパク・ジスが交代し、イ・ヨンジェ(キムチョン)とチョ・ヨンウク(ソウル)が投入された。 クォン・ギョンウォンが後列に降りてきた。

後半27分、パスプレーで日本は完全崩壊。 西村琢磨の突き抜けたパスは、右サイドを掘った小池龍太と同点。 小池選手のクロスに牧野秀人選手がゴール。

韓国は後半31分にソン・ミンギュの最初の効果的なシュートを放ったが、形勢を逆転させることはできなかった。 一方的に撃退された最悪のパフォーマンスで韓国は屈辱的で壊滅的な敗北を喫した。

ジャーナリスト チャンホン キム kch0949@kukinews.com すべての記事を見る

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です