世界的に有名な放射線の専門家「プルトニウムを含む日本の福島からの汚染水の放出は、人的大惨事になるだろう」 – Hyundai Health Times


Friends of the Earth Japan の最高経営責任者であるミツタ カンナ氏は、日本政府と東京電力が福島原子力発電所からの汚染水を処理したが、放射性物質を含む水がまだ大量に残っていると述べた。 写真は、日本の福島原子力発電所近くの汚染水貯蔵タンクを示しています。 (写真提供:グリーンピース)


「放射能で汚染された水中のプルトニウムは、最も致命的な毒です。」


地球の友の光田カンナ専務理事「東京電力は汚染水を処理したが、放射性物質は残っている」


崔京淑市民放射線監視センター活動家「ユン・ソクヨル政権は汚染水の排出に積極的に対応しなければならない」

[현대건강신문=채수정 기자] 「放射性元素は、何千マイルも移動する魚に集中しているため、放射性水を太平洋に放出する計画は、医療災害になるでしょう。」

元医師で世界的に著名な放射線専門家のヘレン・コルデコット博士は11日、国会で開催された「日本の福島原子力発電所からの汚染水の海洋放出に関する国際フォーラム」で警告した。

200の放射性元素をリストアップしたヘレン・コルデコット博士は、次のように述べています。福島原発の汚染水から129△プルトニウムが検出された。

特に、プルトニウムに関して、ヘレン・コルデコット博士は次のように述べています。 それは多発性骨髄腫を引き起こし、放射性です。 24,000年の半減期で250,000年。

「放射性元素は何千マイルも移動する魚に集中しているため、放射能に汚染された水を太平洋に放出する計画は、医療上の大惨事になるでしょう」と、ヘレン・コルデコット博士は言いました。 「要素は食物連鎖生物に集中しているため、希釈は汚染された水の適切な解決策ではありません.」

Portrait-of-retouching.gif
ヘレン・コルデコット博士

フレンズ・オブ・アース・ジャパンの事務局長であるミツタ・カンナ氏は、日本政府と東京電力が福島原子力発電所からの汚染水を処理したが、放射性物質を含む水がまだ大量に残っていると述べた。

幹事長の光田カンナ氏は「東京電力は放射性物質が基準を超えて処理した水の7割を『二次処理』で排出し、基準以下に排出する計画だが、説明がなかった。存在する放射性物質の量まで。」 「現在、129 万立方メートルが 1,020 のタンクに保管されています」と彼は言いました。

東京電力が発表した放​​射線影響評価報告書の問題点を報告した神奈光田ゼネラルマネジャーは、次のように述べています。世界に向けて放流中ですので、福島では問題ないとのことです。

最後に、光田カンナ専務理事は「核廃棄物などの負の遺産を後世に残すことになる」とし、「原発はどこの国でも止めるべきだ」と述べた。

討論者として、韓国の環境活動家ユン・ソクヨルは政府に対し、福島での汚染水の放出への対応を監視すると語った。

市民放射線監視センターの活動家である崔京淑(チェ・ギョンスク)氏は、「韓国政府はWTOの訴訟に勝利し、福島での海産物の輸入禁止を支持した。

活動家の崔京淑(チェ・ギョンスク)氏は、「大統領選挙の過程で、ユン・ソクヨル次期大統領が、科学的に安全と認められれば除隊を認めると言った」と述べた。

外国の環境団体の活動家は、日本の福島からの放射性物質の影響が、米国のカリフォルニア州にも影響を与えていると証言しています。

パネリストとして、カリフォルニア州社会正義教育財団のソン・ソンスク最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。 「これは、福島からの放射性粒子が、果物や野菜が育ち、動物が住むカリフォルニアの土壌を汚染したことを示しています」と彼は言いました。

太平洋アジア核平和連帯の共同設立者(創設者)であるツクル・フォースは、福島からの汚染がカリフォルニア沿岸に到達した証拠として、カリフォルニア沿岸でのセシウム137レベルの上昇とセシウム134の発見を提示しました。

「カリフォルニア州のビーチの水モニタリングは、クラウドファンディングを通じて個人的に資金提供されているため、連邦政府や地方自治体からの関心が不足しています」と、ツクル フォースの創設者は述べています。 「政治家と協力して日本政府に圧力をかけることが重要です。彼らは死を支持すべきです。」 海上投棄の廃止を求める日本政府の決議。

国際フォーラムの参加者は、福島原子力発電所からの汚染水への対応において、関係国の連帯が重要であることで一致した。

孫社長は、「被害者や近隣諸国の安全や同意を確保せずに、福島原発から汚染水を太平洋に放出することは、人類と環境にとって大きな災難となるだろう。 「これは対処する必要がある」と彼は言った。 .

市民放射線監視センターの崔京淑(チェ・ギョンスク)活動家も「福島からの汚染水の海への流出は、私たち全員の問題なので、私たちは必ず連帯活動を行う」と述べた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です