ワールドカップ : サッカー 外国リーグ : スポーツ : ニュース : ハンギョレ新聞社

アルゼンチンのリオネル・メッシが16日(現地時間)、アラブ首長国連邦のアブダビで行われたアラブ首長国連邦との強化試合で、チームの4番目のゴールを決めた. アブダビ/EPA 聯合ニュース

カタール 2022 ワールド カップは、秋の夜にサッカー ファンを目覚めさせる世界的なフェスティバルです。 あなたが韓国のファンなら、手のひらに汗をかいて見る韓国のゲーム以外に注目すべきゲームは何ですか? 見逃すと見逃されるグループステージの試合を見つけようとしました。

________
ドーハの日本の奇跡?

最初に公開されるのはグループEのドイツ対日本戦(11月23日22時)。 死のグループ(スペイン、ドイツ、日本、コスタリカ)での日本の最初のゲームとして、それが日本の最大のライバルの困難な行進の始まりを示すという点で興味深い. 2018年のロシアワールドカップで韓国がドイツに勝った記憶があるので、当時の試合と比べてみると面白いです。 驚くべきことに、日本はうまくいく可能性があります。 両チームのFIFAランキングは現在ドイツが11位、日本が24位。 ロシアで開催されたワールドカップの時点で、ドイツは世界ランキング 1 位でした。 無敵に近かった4年前よりステータスが下がっている。 一方、日本チームの構成はワールドカップ史上最多であり、デス組でなければ準々決勝進出は可能だったと推測される。 ただし、重量は依然としてドイツに傾いています。 ドイツが優勢です (1 勝 1 引き分け)。

フランスのカリム・ベンゼマがカタールのドーハにあるハマド国際空港に到着。 ドーハ/AFP聯合ニュース

フランスのカリム・ベンゼマがカタールのドーハにあるハマド国際空港に到着。 ドーハ/AFP聯合ニュース

________
フランスは勝者の呪いを克服できるでしょうか?

11月27日午前1時、“現王者”フランスとデンマークのグループD戦も興味深い。 グループDの1位と2位を決める試合と目されており、強敵デンマークに対し、呪いの勝者フランスがどのように現れるかが注目される。 この大会を前に、ポール・ポグバやエンゴロ・カンテといったフランスの主力選手が相次いで負傷した。 「ソン・フンミンの元同僚」として知られるデンマークのクリスチャン・エリクセンも注目を集めている。 エリクセンは、昨年6月の2020欧州サッカー選手権大会(ユーロ2020)のフィンランド戦で心臓発作で倒れた後、奇跡的に一命を取り留めた。 両チームのFIFAランキングでは、フランスが4位、デンマークが10位。 フランスは8勝2分6敗で首位。

16日(現地時間)、オマーンのマスカットで行われたオマーンとの強化試合でドリブルをするドイツのレロイ・サネ(中央)。  Muscat/Reuters 聯合ニュース

16日(現地時間)、オマーンのマスカットで行われたオマーンとの強化試合でドリブルをするドイツのレロイ・サネ(中央)。 Muscat/Reuters 聯合ニュース

________
無敵のアルマダと戦車隊

スペイン対ドイツのグループ E 戦 (11 月 28 日 04:00) は、グループ ステージのすべての試合の中で「最大の試合」であり、事実上決勝戦です。 現在、スペインはFIFAランキングでドイツを抜いて7位ですが、これまでの優勝回数を見ると、スペインは1回(2010年)しか優勝していませんが、ドイツは4回(1954年、1974年、1990年、2014年)優勝しています。 両チームの対戦成績はドイツが9勝8分8敗でリードしているが、ほぼ接戦だ。 世代交代を迎えたスペインがどのような姿を見せるのか、注目が集まっている。 スペインはユーロ2008、2010年南アフリカワールドカップ、ユーロ2012と連覇し、主要大会3連覇という金字塔を打ち立てた。 それ以来、スペインは、ペドリ、エリック ガルシア、フェラン トーレスなど、2000 年代初頭に生まれた選手を中心にチームを刷新し、輸血の成功者として評価されています。

ポーランドのロベルト・レヴァンドフスキが16日(現地時間)、チリとの強化試合を控え、ポーランド・ワルシャワの国立競技場に到着し、微笑んでいる。 ワルシャワ/AP聯合ニュース

ポーランドのロベルト・レヴァンドフスキが16日(現地時間)、チリとの強化試合を控え、ポーランド・ワルシャワの国立競技場に到着し、微笑んでいる。 ワルシャワ/AP聯合ニュース

________
世界最高得点者は誰?

世界最高のストライカー同士の激しい競争が好きなら、グループ C のポーランドとアルゼンチンの試合 (12 月 1 日午前 4 時) を見逃すわけにはいきません。 今大会最後の炎を燃やした元バルセロナの主力シューター、リオネル・メッシ(アルゼンチン)と、現バルセロナのストライカー、ロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド)が激突する。 記録は、これら 2 人のプレーヤーが世界クラスのゴールスコアラーであることを証明しています。 現役選手で600ゴール以上を記録したのはクリスティアーノ・ロナウド(818ゴール)、メッシ(786ゴール)、レヴァンドフスキ(603ゴール)の3人だけ。 レヴァンドフスキは、いわゆる「新世界」に近い唯一の選手です。 両チームのバランスシートではアルゼンチンが6勝2分3敗で優勢。

イ・ジュニ記者 givenhappy@hani.co.kr

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です