オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

アン・チャンリム(左から2番目)は、東京オリンピックの武道館で開催された東京オリンピックの男子73kg柔道授賞式で金メダルを獲得した大野将平の日本国歌としてテグクギを見ています。 26.ヨンハプニュース。

日本の柔道は史上最高のパフォーマンスでオリンピックを終えました。 7月31日に終了する混合チームイベントと東京2020オリンピックのすべての柔道イベントで、日本は柔道だけで12のメダル(金9、銀2、銅1)を獲得しました。 「すべてのイベントで金メダルを集める」という当初の目標には達していませんでしたが、詳細な合計15(男性7、女性7、混合1)のうち12のイベントすべてでメダルを獲得することで、主要国としての地位を確固たるものにしました。イベント。 日本が8月1日時点で17個の金メダルを獲得したことを考えると、柔道は「親孝行」として重要な役割を果たしてきました。 柔道は、この大会で日本人が野球と並んで最も注目したスポーツの1つでした。 また、オリンピック史上初の兄弟(安部雄大52kg、阿部一二三66kg)がオリンピック史上初めて金メダルを獲得した。 特に男子部門では、90kg級と無制限級を除く5つのイベントすべてで金メダルを獲得しました。 なかでも、73kg級に出場した大野将平(29)は、リオ2016大会終了後、今回金メダルを獲得し、柔道選手として2連覇を達成した唯一の選手となった。 女性の中で、彼女は63kgを除いて6つのイベントで5つのメダル(4つの金、1つの銀、1つの銅)を獲得しました。

同日、東京オリンピックで兄妹の柔道家が金メダルを獲得した。 写真は、7月26日の報道で、阿部一二三(男子柔道)、阿部詩(女子柔道)の金メダルを発表した読里(上)、朝日(左)、三景。 東京/聯合ニュース

柔道は1964年に東京オリンピックで公式スポーツとして採用され、1968年にメキシコシティーオリンピックから除外されましたが、1972年のミュンヘンオリンピック以来、オリンピックスポーツとしての地位を維持しています。オリンピックが開催されるたびにすべてのスポーツに勝つという目標がありましたが、彼は毎回期待される結果を達成することができませんでした。 2012年のロンドン大会では、金がなかったのは48年ぶりのことでした。 リオ2016大会では、男性アスリートがすべての体重カテゴリで、金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル4個を含む合計7個のメダルを獲得しました。 専門家は、日本の記録的なパフォーマンスは「政治的支援」と「厚いプレーヤーベース」の結果であると言います。 韓国柔道協会のカン・ドンヨン事務局長は1日、電話で「東京オリンピックが終わった後も、日本政府は大胆な投資を​​続けていることがわかった」と述べた。各アスリートのチームリーダーを一緒に送り、各イベントで、インテリジェンス分析チームを送ってビデオデータを収集します。 柔道代表チームのコーチであるクム・ホヨン氏は、「選手は心理的に安定しているべきだ」と語った。男性と女性。日本には全国に53の学校があり、100人以上の男性アスリートがいます。彼は続けて、「日本では、「1人、1クラス」、高校で柔道または剣道を終えて卒業する必要があります。 剣道では柔道などの道具を購入する必要がありますが、柔道は制服でしかできないため、ほとんどの生徒が柔道を選びます。 一方、韓国はこの大会で銀メダル(ジョグハム100kg級)と銅メダル2個(アンチャンリム73kg級とアンポール66kg級)を獲得し、柔道の力としての誇りを維持している。 。

2011年7月29日に東京オリンピックで行われた男子100kg級柔道決勝で日本のアーロンウルフに敗れた後、韓国のジョーグーシップがウルフの手を挙げます。 ユンハプニュース。

ジャーナリストJangPil-sufeel@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。