それは大きかったが、パフォーマンスは…中国の半導体株は7ヶ月連続で下落した











上場半導体企業138社 A. 第1四半期に100元を売却したのは2社のみ
時価総額の3.96%に達したものの、太陽光発電に比べると業績は芳しくなかった

[Financial News Beijing = Correspondant Jeong Ji-woo]中国の半導体産業は成長しただけで成果が出ない「実体不足」の状態にあるという「苦しさ」があった。 中国政府の「半導体の成長」に関する声明にもかかわらず、半導体の株価は今年7か月連続で下落した。

8日のジェイル・ジェギョンなど中国メディアによると、中国A株(本土証券取引所)の半導体株は138銘柄、時価総額は3兆6000億元(約692兆ウォン)。 これは、A 株の時価総額の 3.96% に相当します。

「中国版シリコンバレー」と呼ばれる広東省深圳には、A株上場企業が386社あります。 時価総額は 8 兆 7100 億元で、中国の都市の中で最大です。 杭州に上場している企業 (207 社) が 2 兆 8800 億元で続いています。 これは、半導体株の時価総額が、深圳以外の主要都市の上場企業の時価総額を上回っていることを意味します。

ただし、インフラストラクチャ、銀行、不動産、取引などの他のセクターと比較すると、中国の半導体株の全体的な売り上げは異なります。 上場企業のうち、第1四半期の売上高が100億元を超える企業は237社あるが、半導体企業はWentai TechとSMIC(Zhongxin Guoji)の2社のみ。 「1000億元の収益を達成した企業は、主に銀行、財団建設、貿易、港湾物流などの伝統的なビジネスに集中していた」とJeil Jaekyung氏は述べた。

近年急成長を遂げている新エネルギー車や太陽エネルギー産業と比較しても、半導体企業の売上高や純利益は弱い。 同時期、半導体A株138株の総売上高は1448億9500万元、純利益は161億6400万元。

一方、59台の新エネルギー車は6152億4500万元の売上高と358億2100万元の純利益を記録した。 上場企業数は半導体の半分以下だが、売上高は4倍、純利益は2倍以上。 ソーラー業界は78銘柄で売上高2332億元、純利益242.3億元を記録した。

中国の半導体の業績が芳しくないのは、世界最大の半導体輸入国であるにも関わらず、自国の半導体産業のスタートが遅れたという事実によるものです。 これは、技術の進歩、生産能力、人材育成の面で先進国に追いついていないことを意味します。

あるプライベート エクイティ ファンド マネージャーは、次のように説明しています。

世界的な景気後退による半導体市場の成長鈍化も足枷となっている。 米国半導体工業会 (SIA) によると、今年 6 月の世界の半導体売上高は、前年比 13.3% 増の 508 億 2000 万ドル (約 66 兆ウォン) でした。 昨年12月から6月までの28.3%の上昇率は6カ月連続の低下。

その中で、中国での半導体販売が最も弱かった。 6月の中国半導体市場の売上成長率は4.7%でした。 これは、日本が 16.1%、日本と中国を除くアジア太平洋諸国が 11.9%、ヨーロッパが 12.4%、北米が 29.0% と対照的です。

世界経済の減速が懸念されているため、非常に強力な検疫政策であるコロナウイルスゼロの影響を受けています。 市の封鎖により、半導体を必須コンポーネントとして使用する工場は閉鎖され、消費者も半導体を含む製品の消費を減らしました。 中国情報通信研究所によると、今年上半期の中国の携帯電話の総出荷台数は 1 億 3,600 万台で、前年同期比で 21.7% 減少しました。

中国政府による大規模な支援を「盲目的なお金」と認識し、無駄な投資をして事業を立ち上げたという批判もあります。

中国政府は遅ればせながら抑制したが、数十兆ウォン規模の投資はすでに雲の中に消えた。 半導体ブームの象徴であった清華大学、武漢紅信半島製造(HSMC)、淮安和淮、成都巨人などが倒産した。

中国のChosang証券は、「半導体業界は、在庫枯渇圧力が高まるにつれて、第3四半期のピークシーズンほど良くならないだろう」と予測しました。

jjw@fnnews.com チョン・ジウ記者








Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。