「ワンマンワールド」記録勢力の崩壊…習近平が水を受ける時代の到来を告げる

3期目が確定…中国の最高指導者選挙

政治局常務委員会のすべてのメンバーは親しい仲間です。
二人称の李昌…李克強辞任
抑圧力の崩壊…「満足」の加速

不満そうな表情を浮かべて歩き出す
李克強などの親しい協力者を失ったことに対する不満の分析
中国の大学に広がる「3期連続」への抗議

共産党は全会一致で修正法案を直ちに可決します
台湾、「侵略の放棄と対立事故」に抗議

実際、習近平を受け入れる時代が始まった。

22日に閉幕した中国共産党第20回全国代表大会、23日の第20期中央委員会第1回本会議(第20回第1回本会議)で、習近平国家主席は3期連続の当選を確認した。また、最高権力機関である政治局常務委員会のメンバーはすべて習近平派で占められていた。

中国の習近平国家主席は、第 20 回党中央委員会の最初の全体会議の後、北京の人民大会堂で開催された新しい常任委員会での記者会見で演説し、政治局常務委員会のメンバーと書記長を選出しました。共産党 23.ニュース

同日、北京の人民大会堂で開かれた第1回本会議で、習主席は党総書記、中央軍事委員会主席、政治局常任委員に再選された。 政治局常務委員会の 7 人の委員は、記者会見に出席した順に、李昌、趙楽機、王暉寧、柴琪、丁学祥の順であった。 丁薛祥と李希で構成されています。 7人は習家軍(習家軍)に分類され、習主席とその側近で構成されています。

7人のうち、新たに加わった4人のメンバーは、李昌(上海党書記)、チャイチー(北京党書記)、丁学祥(党中央委員会主席)、李石(広東党書記)である。指名と来年春に予定されている全国人民代表大会。 全国人民代表大会を機に、首相、中央書記局長、国務院副首相、国務長官への昇格が期待される。 それぞれ中央規律検査委員会。 また、習近平国家主席を含む残りの 3 人のメンバーのうち、中央規律検査委員会の書記である趙楽機は、全国人民代表大会常務委員会の主席 (国会議長) と王羲寧、中央事務局の秘書官は、国政の諮問機関である全国人民政治協商会議の議長になる予定です。


現在の政治局常務委員会のメンバーのうち、中華人民共和国の李克強総理と王陽主席が辞任し、胡春華副総理が入国できなくなった。 . 支配勢力の崩壊と中国共産党の停滞傾向の急速な進展により、習近平主席が将来終身統治を試みる可能性がますます高まっています。 胡錦濤前主席は22日、党大会の閉会式で不快な表情で退場した。

党大会は、中国を前進させる基本原則である「2つの体制(習近平の党内中心的地位の確立と習近平イデオロギーの指導)」と「2つの保護(習近平の党内中心的地位の確立)」について、習主席に忠誠を誓った。統一のための中央指導部の保護)」も明確にした。

党大会決議には「国民の歓迎」という文言は含まれていなかったが、改正後すぐに全文は公表されなかった。 習近平国家主席は16日、党大会の開会式と閉会式での報告書で統一の強力なリーダーシップを強調しており、決議案にも関連する内容が含まれていた可能性が高い。 現在、台湾の独立に対する断固たる反対と抑止も規定されており、兩岸紛争(兩岸:中国と台湾)や米中対立がさらにエスカレートすることが予想される。

党大会で胡錦涛が突然離党

胡錦濤元国家主席は22日、中国共産党の第20回全国代表大会の閉会式で、党規約が採択される直前に突然会場を後にした。

解雇された? 中国・北京の人民大会堂で開かれた中国共産党第 20 回全国代表大会の閉会式で、胡錦濤元国家主席が出席者に何かを言った後、中国の習近平国家主席 (前列右) が震えた表情を見せている前列左から王陽全国人民政治協商会議主席、李克強国務院総理、習主席。 北京=AFP聯合ニュース

23日の日本のNHK放送によると、胡主席は不満そうな顔で習近平の隣に座ろうとした。 彼はまた、支援のために彼に近づいた役人の腕を振ろうとしました。 当局者の要請で席を立った後、彼は習近平国家主席の隣に立って彼に話しかけ、私は彼が簡潔に答えるのを見た。 辞任が確認された共産党青年ギャングの元メンバーである李克強首相(李克强)は、彼の肩を軽くたたき、短い演説を行った後、支持を表明して部屋を出ました. 当時、国内外のジャーナリストが現場を取材。

専門家によると、彼は、胡前主席が意に反して会場を去ったように見える状況と、李首相を含む上級指導者の辞任を理由に、政治的な不快感を表明したという。

中国国営新華社通信は22日夜、中国国内でアクセスが遮断された英語のツイッターアカウントを通じて説明した。 通信社によると、「新華社通信のリウ・ジウォン記者は、胡錦濤が最近、党大会の閉会式に出席することを主張していたことを知った. 今はもっといい」 80歳の全前会長は16日、党大会の開会式で補佐官の支援を受けて入党した。

そんな中、CNNなどによると、中国東部の大学のトイレに「奴隷ではなく、奴隷ではなく、選挙が欲しい」と書かれた習近平国家主席の3期連続就任に対する不満や抗議が中国国内外で広がっている。

中国の習近平国家主席は、6月22日に北京の人民大会堂で開催された中国共産党第20回全国代表大会の閉会式で、修正案に投票するために手を挙げています。

中国、台湾独立反対と抑圧を初めて規定

中国共産党は、中国を統治する原則を定めた党規約で、台湾独立への反対と抑止を最初に規定した。

中国共産党は、全国大会の閉会日の22日、この内容を盛り込んだ改正案を審議し、全会一致で可決した。 改正案の全文は直ちに公表されなかったが、条約決議では、改正直後に「断固として反対し、台湾の独立を抑圧すべき内容」を規定することに合意した。 かつては「祖国統一事業を完遂する」という表現があったが、独立や抑圧に異論はなかった。

台湾の本土機関である大陸委員会は23日、書面で声明を発表し、「(中国は)台湾の侵略と対立の考えを手放さなければならない。 と指摘した

北京=イ・ギジョン特派員、東京=カン・グヨル特派員

[ⓒ 세계일보 & Segye.com, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です