「ユン・ソクヨルとクク・ヒムダン、支持率が急落する日本で頭を下げる」: 頻繁にニュース

金正大元国会議員は尹石烈(ユン・ソクヨル)政権と国民勢力党との間の親日的で横暴な行動を撃つつもりだった。

金前議員は22日、フェイスブックで「政権発足時の失敗したユン・ソクヨル政権には非公式の三党体制があった」と述べた。 Seocho-dongpa) とシャーマン (巫堂、先生?




金前議員は、読売新聞や産経新聞などの日本のマスコミは、支持率が急落する尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権の下で韓日関係が適切に改善されるかどうか疑問を呈していると指摘した。

「韓日国交正常化」を口実に、日本との首脳会談を懇願する尹石烈(ユン・ソクヨル)政権の親日行動を狙ったものだ。

続いて金元議員は「尹大統領は日本との関係をすぐに改善できないほど必死だ。料理をするな。日本が解決しようとしている仕事を韓国政府が支援するという別の奇妙な考えは何だ」と述べた。

また、金元議員は、「ムン・ジェインのラバが走っているので、日本に味方できず、政府を中傷するので、せっかちな人が増えている。走っている。”

2018 年 12 月 20 日の自衛隊の船舶周辺における低レベルおよび低レベルの脅威について、金氏は文在寅政府の対応が自衛隊に指針を与えたと指摘した。哨戒機が追跡レーダーを標的にするのは間違っていた。 . 国民勢力党の辛元植(シン・ウォンシク)議員は、文在寅(ムン・ジェイン)政権を「日本の海上哨戒機を特定し、軍事対応を地上の司令官に別の指令として委ねる非常に危険な政策」と批判した。ジュンアン。 8月18日日報。

しかしキムの言葉は全く違う。

キム元議員によると、当時、「日本が度重なる低レベルの脅威飛行を繰り返したとき、軍内には『警告灯さえも発射すべきだ』という雰囲気があり、野戦指揮官は野戦指揮官であるという世論が広まった。より広範な自己決定の決定を与えられるべきです。」 . その意図は、わが軍を狙った日本の武力挑発が、予想よりもはるかに深刻であったということです。

金前議員は「対応をこの程度(レーダー面)に限定するという指針が出されたが、かつて軍司令官を務めた辛議員の指摘は意外だ」と語った。 「なぜ彼はこれを明らかにしたのですか?それは日本に対する過去を清算し、降伏することではありませんか?」 彼はシン議員の親日的で横暴な行動に言及した。

以下、全文です。


政府 政府

尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権発足時の失敗は、非公式の三党体制が原因だった。 まず、貧しい与党(與黨、民衆の力)、与党の上の本党(酒黨、ソチョドンパ)、シャーマン(巫堂、師匠? ) 本体の上。 これがダイエット、つまり精神幹細胞の考え方です。 野党三党(国民の権力、民主党、正義の党)よりも、私的権力志向が強く国民に押し付けてきた。 これに憤りを感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、忘れていれば現れる​​法律関係の記事や、民間チャンネルによる放送や情報発信などの記事によって、公権力の質や政治への信頼が大きく損なわれています。 . つまり魅力のない政権になってしまった。

尹錫烈(ユン・ソクヨル)読売道の大統領は最近、「支持率の低い尹大統領は米国にとって大きな負担だ」と題する米国メディアの記事を受けて、「韓日関係を改善したい」と日本に語った。できるだけ早く最高のタイミングで関係を築きましょう。」 次々と指摘されるが、日本側は「(尹会長は)支持率が急落するなど、この問題に適切に対応する能力に疑問を示している」と報じた。世論が反対すると予想される解決策を追求するよう説得する責任(世論)。 違いはありません」と彼は警告した.中国と北朝鮮のメディアは言うまでもない.

日本が尹石烈(ユン・ソクヨル)政権を気遣ってくれていることには感謝しているが、岸田政権も状況が変わらないことを忘れているのは本当に残念だ。 成立当時50%台に迫った岸田政権の支持率をさらに急落させた致命的な要因は、統一教会問題だった。 戦死した安倍首相やその側近の多くが統一教会と関係があることが分かった以上、岸田内閣はとんでもない。 7月の参議院選挙以降、支持率が30%にまで落ち込んだ現政権の支持率は、尹大統領と大差ない。 未亡人の射精未亡人は知っています。 神道や仏教の国教の影響が強い日本の政界に統一教会が加わったことで、政治の舞台を駆け巡る宗教とシャーマンの違いは何なのか。

こういう時こそ、冷静に考えて自分を大事にすべきだが、尹大統領は有事ですぐに日本との関係を改善できないことに不安を感じている。 彼は移行期間中に政治諮問グループを日本に派遣すると述べ、彼が権力を握った後、パク・ジン大臣が派遣されました。 加えて、韓日の局長級諮問機関とは何なのか、なぜ韓日首脳会談が二度と開かれなかったのか? 岸田首相と会談した朴鎮長官は、「徴用工の補償問題については、良い解決策を準備している」と首を横に振った。 韓国政府が日本が解決する仕事を引き継ぐという別の奇妙な考えは何ですか? ウィキリークスが公開した 2008 年 6 月の全文によると、同じく 2008 年にイ・ミョンバク大統領が牛肉の輸入解禁で致命的な打撃を受けたとき、パク・ジンブーン大臣は米国当局者に次のように語った。抗議者を「テクノロジー。武装した都市ゲリラ型の市民的不服従」と呼ん​​でいます。 この時点で、認識のフレームは変更されていません。

ラバが走るからゴブリンも走る。 文在寅(ムン・ジェイン)政権を貶し、日本を味方につけず焦った人が増えた。 人民権力のシン・ウォンシク議員は、2019年2月に軍当局が海軍に送った「日本の哨戒機対応指針」を突如暴露した。 「日本の海上哨戒機を特定し、地上の司令官に軍事的対応を別の指令として割り当てることは非常に危険な政策」と批判した. この時、日本からの低レベル威嚇飛行が相次いだことから、軍内には「威嚇射撃もすべき」という雰囲気があり、現場の指揮官はもっと出撃すべきだという世論が広まった。しかし、かつて軍の司令官を務めていたシン議員が、この点に限定して対応するよう指示したことを指摘するのは意外である.なぜ彼はこれを明らかにするのでしょうか.日本に対する過去を清算して降伏するためですか?

いろいろ聞きます。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。