[World Now] 塩味を1.5倍にしたマジックスティック…日本で開発

塩味を高める電気箸が日本で開発されました。

今回開発した箸は、食べ物が触れるところが金属でできています。 手首に取り付けられた小さな器具と箸は細いワイヤーで接続されており、手首の器具から箸に流れる微小な電流が「塩味」の源であるナトリウムイオンを強化します。

箸を開発した科学者は、明治大学の宮下芳明教授です。 日本では、健康上の理由から減塩食をしている人を対象に箸の性能をテストし、塩辛いものでも味が強いとの証言をしました。

宮下教授は、「弱い電流でナトリウムイオンを箸で食品から口に運ぶことで、塩味が1.5倍向上した」と述べ、世界初の開発を強調した。

「電気味」技術…世界初

宮下教授と関連研究を行っている日本の飲料会社キリンホールディングスは、2019年から塩味箸、いわゆる「電気味」の共同研究を行っています。「電気味」は、微小電流を利用する技術です。塩味の基礎となる塩化ナトリウムイオンと、うまみの基礎となるグルタミン酸ナトリウムの活性を制御して、食べ物の味をより強くしたり甘くしたりするために、人体に影響を与えません。 。

キリンの関係者は、「日本人は食事でかなりの量の塩を消費するので、伝統的な方法で塩分摂取量を減らす場合は、好きな食べ物を減らすか、当たり障りのない食べ物を食べるべきです」と述べ、「塩味の箸」を開発することの重要性を説明しました。 。

研究チームは電動ワンドのプロトタイプに取り組んでおり、来年までに市場に投入することを目指しています。 塩味を加える電気箸が販売されている場合、研究チームは、ナトリウム摂取量が限られている高血圧患者がそれらを広く使用することを期待しています。

電動ワンドは来年発売予定

[World Now]    塩味を1.5倍にしたマジックスティック…日本で開発

ロイターによると、日本人の1日の平均塩分摂取量は10.9gであり、世界保健機関(WHO)の推奨する5gの2倍以上です。 塩分を過剰に摂取すると、高血圧や脳卒中のリスクが高まります。

電気箸を開発した宮下教授は、味と技術をつなぐさまざまな試みを行っていることで知られています。 昨年末、いわゆる「テレビを味わう」を開発・デモンストレーションしました。 酸味、甘味、塩味など10種類の味覚サンプルがテレビ画面に表示され、特定の食品が出てきたら、味を組み合わせてスプレーします。 テレビのサニタリーフィルムを舌でなめることで味わうことができ、チョコレートの画面をなめると甘い味わいになります。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です