[World Now] 「パチンコ」の人気…日本の権利「北朝鮮のミサイルを開発するために本を売る」ばかげた主張

猪飼野、大阪、日本。

小説『パチンコ』では、主人公のイサクとソンが引っ越してきた場所であり、日本で3代目韓国人として登場するソロモンの故郷です。

猪飼野は強制労働で大阪にやってきた人たちが集まる場所で、韓国の食材を売る市場ができて村ができました。

生野区鶴橋と改名されたこの場所は、朝鮮、特に日本の植民地であった済州島から多くの人々が定住したことから、「日本の小さな済州」と呼ばれています。

地理的に近いことからお金を稼ぐようになったのには理由があると言われていますが、1948年の済州4.3事件による避難も多かったです。

移民の中で、多くの飼育された豚は、当時、生野と呼ばれていました。 現在、日本に住む28,000人の韓国人を含む外国人居住者が全体の21%を占めています。 これは最高四半期と呼ばれます。

[처절한 재일교포 삶의 기록, 소설 ‘파친코’]

「歴史は私たちを失望させましたが、何でも。」
歴史は私たちを台無しにしましたが、関係ありません。

これは小説「パチンコ」の最初の文です。

パチンコは日本のギャンブルエンターテイメントセンターです。 欧米のスロットマシンに似ていますが、日本の法律では「パチンコ」はゲームではなくゲームに分類されているため、日本のパチンコ店は合法的に運営されています。

[1945年の解放後、日本から朝鮮に戻ることができなかった韓国人は差別と軽蔑に直面し、仕事を見つけることができませんでした。

小説のタイトル「パチンコ」は、在日朝鮮人の生活の中で唯一の職業であり、日本で外国人として生きるしかなかったパチンコ貿易とその惨めさを明らかにする中心的な資料として登場します。このビジネスを取り巻く生活。

[애플TV+, ‘파친코’ 공개…해외 매체 ‘극찬’ 릴레이]

「1910年、日本は帝国を拡大し、朝鮮に植民地化した」
「多くの朝鮮人は日本の植民地支配下で生計を失い、故郷を離れて海外に移住した。」
「それにもかかわらず、韓国人は頑張った。何世代にもわたって耐えてきた家族がいる。」

[World Now]    「パチンコ」の人気…日本の右翼 "北朝鮮のミサイルを開発するための本の販売" ばかげた主張

Apple TV +は先月25日、小説「パチンコ」を原作とし、制作費1,000億ウォンを投じたドラマ「パチンコ」を公開した。

最初のシーンから、日本の植民地化の事実から始まり、日本の植民地時代に日本人が韓国人に与えた関東大震災時の日本の抑圧、強制労働、虐殺の物語が詳細に扱われました。 (在日)の悲しみをとらえた。

BBCはそれに5つの星を与え、それを「まばゆいばかりの韓国の叙事詩」と呼び、英国のフィナンシャルタイムズはそれを「パチンコはこれまでのAppleの最高のショーです」と呼びました。

外国のマスコミからも賞賛がありました。

アメリカのメディアであるローリングストーンは、「オリジナルの小説の密度とビデオのユニークな利点が完全に組み合わされている」と述べた。

ハリウッド・リポーター「心を強く揺さぶる時代を超えた物語」

フォーブス「女性の強い精神を込めたショーではなかなか見られない逸品」

[日 네티즌 “파친코 완전 허구..작가가 북한 미사일 자금 지원]

[World Now]    「パチンコ」の人気…日本の右翼 "北朝鮮のミサイルを開発するための本の販売" ばかげた主張
[World Now]    「パチンコ」の人気…日本の右翼 "北朝鮮のミサイルを開発するための本の販売" ばかげた主張

しかし、日本では、ソーシャルメディア、詐欺、歴史のゆがみを中心とした「完全架空のドラマ」とも言われています。

一部の右翼のネチズンは、「韓国が反日ドラマを世界に送った」または「架空の事実を放送するアップルTVを日本から削除すべきだ」と批判し、「韓国と日本の合併は、彼は、「韓国の経済成長は、鉄道や港湾などのインフラの維持に大きく貢献している」と言って、ばかげた主張さえした。

ドラマの主な背景である「パチンコ」産業の80%を占める在日コリアンの半数でさえ、北朝鮮と関係のある勢力であると主張し、小説の販売が反に届けられたという根拠のない噂を広めた-北朝鮮のミサイルの開発に資金を提供する日本のグループ。 支払いました。

右翼の日本人の中には、「映画やドラマが真実である奇妙なK国がある」と皮肉を込めて言ったり、「差別されていると思うなら、戻って」と言って在日コリアンを侮辱する人もいる。

[일본 눈치보기? 애플 ‘파친코’ 홍보 포기]

アップルジャパンは、1000億ウォンのこのドラマの予告編を日本で公開しないなどの宣伝を控えている。

「パチンコ」小説家のイ・ミンジンは1968年にソウルで生まれ、7歳でアメリカに移住し、ニューヨークのクイーンズで育ちました。

先月18日、作家のイ・ミンジンは、ニューヨークタイムズ紙の記事を通じて、アジア系アメリカ人として生きている間に受けた差別と侮辱を暴露し、「この世界ではあまりにも多くの人々が見下されており、変更できない特性のために拒否されました。」

著者は、2019年に米国のハーバード大学で講義中にそう言った。

「私にとって、韓国人は母親、父親、娘、息子です。韓国人は「私たち」のようなものです。私たちは考慮と反省に値します。」

「植民地時代の歴史を持つ国のみんなを悪と呼ぶのはばかげている。私は悪を信じている。悪はあなた自身の歴史について不誠実だと思う。日本は和解を検討し始めると思う」

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。