UAMドローン開発の概要1516ソウル高尺ドームエキスポ

「ドローンとUAMの開発を簡単に」…15-16日にソウルの高尺ドームで展示会

防衛ドローンとロボットの展示会…ドローンサッカートーナメントも開催されます。

(セジョン=聯合ニュース)記者キム・ドンギュ=ソウルで、交通の未来を変え、最新のトレンドを垣間見るドローンと都市交通(UAM)の発展を学ぶイベントが開催されます。

国土交通省は14日、ソウルの高尺スカイドーム野球場で15日から16日まで「2022コリアドローン/ UAM博覧会」を開催すると発表した。

今年で3周年を迎えるこの博覧会は、「UAMチームコリア戦略フォーラム」などの政治・学術イベント、ドローンレースやドローンのサッカーなどのスポーツ大会、ドローンのサッカーなど、さまざまなプログラムで開催されています。最新技術のデモンストレーションと経験。

初日の午後2時15日には、プレイベントとして、2025年のUAMの商業化に向けた政府の政策の方向性や民間事業計画について話し合う戦略フォーラムが、省の監督の下で開催されます。土地、インフラ、輸送。

会議では、元喜龍国土交通部長官が、UAMの早期商業化のためのUAM法の制定、パイロットプロジェクトの推進、コア技術の実証と研究開発計画などの政策の方向性を発表する予定です。

午後3時から3時まで、ウォン大臣、未来モビリティイノベーションハ・ホングの会長、ドローン企業とUAMの代表、公的機関の長が出席して、博覧会の開会式が行われた。

イベント期間中は、配達・物流、保安検査、監視・偵察など、さまざまな目的でドローンを見ることができるテーマ別展示ホールを常時運営します。

ドローンとUAMインフラホールに加えて、無人防衛システム広報ホールと中小規模のドローンエンタープライズホールなど。 ドローンやUAMに関連するさまざまな先端技術を紹介するために設置されます。

特に、陸軍、海軍、空軍が分散している防衛無人システム推進センターでは、約40種類の陸・海・空のドローンやロボットが展示されています。

陸軍は「アーミータイガー」を中心とした人工知能(AI)科学技術ドローンロボット戦闘システムを導入し、海軍は無人海洋戦場環境システム「スマートネイビー」を導入し、空軍は「MUM-」を展示します。 T’、無人と有人の戦闘機システムの組み合わせ。

ドローンを使ったスポーツ大会は2日間にわたって行われます。

9カ国から約70人のアスリートがFAI認定の「2022FAIコリアドローンレースインターナショナルワールドカップ」に参加しています。

韓国が主な発展途上国であるドローンサッカー大会には、中国、日本、フランス、ベルギーの外国人チームを含む4リーグ(第1、第2、第3、大学リーグ)から100チーム以上と1000人の選手が参加した。ドローンフットボールトーナメントコントロールスキルの競争

イベント会場では、キャリアガイダンスや航空就職支援プログラム、今後の国際航空認証会議、ドローンシミュレーターやラッフルを使ったドローンのパイロット体験などのイベントやイベントも開催されます。

元喜龍大臣は、「UAMとドローンの将来の機動性は、人々の豊かで便利な生活を変える機会であり、企業が100年ぶりに航空業界で世界と競争する機会である。 私はしません」と彼は言った。

dkkim@yna.co.kr

(終わり)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。