Subs Letter Evening (8/5): 前に「頑張ろう」、後ろに「お兄ちゃん」…友達からのゴシップ



仕事帰りのニュースまとめ、Subsletter Evening。

手紙の8月5日のサムネイル

日本の衆議院副議長だった元政治家は、「日本は過去に韓国を植民地化した。日本は兄のようなものだ」と言いました。 しかし、発言した江藤衆議院議員は、韓日国会議員交流会で以前から活発に活動しており、昨日(4日)、両国の国会議員が合同会談を行った。 2年半ぶり。 来日した国会議員たちの前で「韓日交流を深めよう」と後ろから唾を吐く二面性を持った長老たちの姿をどう見るべきだろうか。

「植民地時代の朝鮮と日本は兄貴のようなものだ」

江藤氏の発言は日本のメディアで放映され、自民党会議での江藤氏の発言が掲載されました。 「韓国はある意味で兄弟関係だ」と彼は言った。 彼は「韓国との協力を通じて韓国を注意深く観察し、指導することによって、韓日関係を確立しなければならない」と主張した.

報道陣が声明の意味を尋ねると、衛藤は「日本は過去に韓国を植民地支配した。それを考えると、日本はある意味で韓国の兄のようなものだ」と説明した。 という質問に対し、「日本人はアメリカと日本との関係は対等だと思っているのか?

と発言 "正直なところ、日本は私の兄貴です。 私たちは韓国と緊密に連携し、協力し、観察しながら指導する必要がある大きな措置を持っています。"

また、「日本は常に主導的立場に立つべき」と述べ、「経済力、戦後の日本の国際社会の地位、国際機関における日本の地位など、あらゆる面で日本が韓国より優れている」と主張した。

江藤氏の発言は、韓国と日本が横の関係ではなく、上下関係が明確な縦の関係にあるという認識を明確に示している。

ただ、発言にも意図があるようです。 両国議員の交流会が2年半ぶりに日本で開かれた日に発言が出たためだ。 昨日、韓日医師会所属の野党代表と野党代表が2泊3日で日本を訪問し、日本のパートナーである日本東洋医学会とコロナ後初めて交流を促進する方法について話し合った( 4番目)。

韓国と日本のクリニックの合同会議

また、ETOは日韓東洋医学会の会員でもあります。 国会議員との会談では、良い交流をしようと話し、日本の記者との会談では、「日本は兄のような存在であり、韓国をうまくリードすべきだ」と発言した.

ヱトーのコメントに「本当にごめんなさい」

訪日した韓日議員連盟所属の野党・野党議員たちと一緒に見てみませんか。 イ・ヤンス、カン・ミングク、ペ・ヒョンジン(人民力)、ユン・ホジョン、キム・ハンジョン、キム・ジュヨン、イム・オギョン、パク・ジェホ(民主党)、カン・ウンミ(正義党)、ヤン・ヒャンジャ(無所属)。 .

コングレス フェデレーション ミーティング

連合代表は民主党のユン・ホジョン代表で、「非常に遺憾な発言をした。 尹議員は「(昨日の)合同理事会で『小渕金大中の精神』に従って歴史認識に後退があってはならないと(日本側に)申し上げたが残念だ。と述べたが、金大中小渕の精神とは、1998年10月に金大中大統領と日本の小渕恵三首相が採択した合意の精神を指している。 21世紀の新しい韓日パートナーシップ」、過去の認識を含む。

尹議員は江藤議員の謝罪要請に対し、「話し合って決める」と即答を避けた。

ユン・ホジョン

お詫びの内容は、協議の上決定いたします。 個人的な意見を言うつもりはありません。 私たちは、この認識が日本に 10 年前から存在していたことを知っています。 日本で極右の声が聞こえていないか心配です。

謝罪の要求について、議員の立場は少し異なっていた。 特に、ヤン・ヒャンジャ代表は「エトの発言は、過去の記憶にとらわれただけの少し古風な認識かもしれない。 韓国はすでにいくつかの点で日本を凌駕している先進国です。 やったよ。 一方で、一部の議員は「韓日関係改善の議論の障害にならないことを願う」と慎重な立場を取っている。

エトって誰? フレンドリーですか?

江藤氏は、日韓医師会の会員、韓日医師会の日本人パートナー、PLDの最大派閥であるアベパの上級顧問など、輝かしい経歴を持つ政治家です。 81 歳で 13 期の国会議員を務め、1995 年から 1996 年まで国防相、2009 年から 2012 年まで衆議院副議長を務めました。

江藤氏は日帝強占期の1941年、全羅南道康津市で生まれたため、韓国とのつながりがある。 彼の父親は日本のパトロール隊員だったと言われています。 1945年の解放後、日本に移り住み、1970年代から政治活動を始めたので、私の政治人生は半世紀になります。

衛藤の韓国訪問

彼は自民党の親韓議員に分類され、ユン大統領を阻止するために5月のユン・ソクヨル大統領の就任式の際に日本代表団として韓国を訪れた.

私は、A級戦犯が収監されている靖国神社によく行きます。

衛藤靖国

8月15日は日本の開国記念日であり、春と秋には例年の祖先祭祀が行われる。 やったよ。

あなたの本当の色を知っていますか? 忘れたら爆発する

衛藤が頻繁に靖国神社を参拝し、日本の右翼運動を主導した安倍派の最高顧問であったことを考えると、言い換えれば、植民地侵略と侵略戦争の象徴である靖国神社を参拝し、次のように述べた。 「右翼の軍国主義者と呼んでもいい」 戦争ができる国を作ることを生涯の課題と考えた安倍派の一員であることを考えると、昨日(4日)の言葉は真実ではないようだ。

江藤氏の発言について、韓日議員連盟の一部議員は「間違った言葉」と呼び、一部の議員は「予定された言葉と行動」について異なる解釈をした。 日韓医師会の活動で獲得した友好団体のレッテルはマスクの可能性が高い。

安倍靖国

問題は、日本の役人の言葉が忘れられる限り繰り返されることです。 韓日関係の改善は、日本の政治家が歴史を直視し、右傾化の中で軍国主義の本質を手放すまでは容易ではない。 発言の謝罪を要求するなどの強い行動が、発言の繰り返しをやめる出発点ではないでしょうか。

一日の一部

文字用宇宙開発の歴史

韓国初の月周回衛星「タヌリ」が宇宙に打ち上げられた。 空間開発の重要な瞬間を簡単に見てみましょう。 左から韓国初の人工衛星ウリビョル1号(1992年8月)、アリラン1号(1999年12月)、科学技術衛星1号(2003年9月)、ナロ(2013年1月)、ヌリ(2022年6月)、タヌリ(今日)はイメージです。

(写真=聯合ニュース)

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。