SK geocentric、日本企業と高純度半導体洗浄工場の建設に着手

[산업경제뉴스 강민구 기자] SKイノベーションの化学子会社であるSKジオセントリックは、日本の化学会社と提携して半導体用洗浄剤市場に本格参入する。 両社は、需要の増加に対応するため、高付加価値の半導体製品を提供するために大規模に協力します。

SKジオセントリックが1日、SK蔚山団地(以下蔚山CLX)で開催され、SKジオセントリックのナ・ギョンス会長、日本のトクヤマ横田博社長、チャン・スワン蔚山市長、韓国産業団地公社が出席した。蔚山。 リュ・ヨンヒョン事業部長 洗剤の高純度イソプロピルアルコール(IPA)を製造する工場の起工式が行われました。

両社は50対50の比率で約1200億ウォンを共同出資してSTACという合弁会社を設立した。 STACは蔚山市南区上渓洞に2万平方メートル(約6,000坪)の敷地に年間生産能力3万トンの工場を建設する計画で、2023年下半期に完成し、本格的に稼働する予定だ。 2024年の生産。

STAC工場の建設段階では、設計、工場設備の製造、建設、製品の生産、販売などに直接的または間接的に約5,000人が雇用されると予想され、蔚山地域の経済活性化に貢献します。

SK ジオセントリックは、独自のプロピレン原料の供給とマーケティング、プロセス操作とマーケティングを担当し、トクヤマは生産関連の製造技術を提供します。 これにより、確かな品質とコスト競争力のある製品づくりを目指します。

高純度IPAは、主にエレクトロニクス産業、特に半導体製造プロセスでのウエハー洗浄に使用される材料であり、LCD製造用の洗浄剤としても使用されています。 高純度原薬市場は、5G、IoT、AI、DT などの技術進歩に伴い、半導体分野だけでも年平均約 8% のペースで着実に成長しています。 半導体市場の成長に伴い、業界は、製造に使用される高純度 API の需要も増加し続けると予想しています。

トクヤマは、独自の製法で日本や台湾のお客様から技術力を認められた世界のリーディングカンパニーです。 品質管理がしやすいメリットは、反応から精製、出荷までを一つの工場で完結できることです。

蔚山の高純度IPA生産施設では、廃棄物とユーティリティの削減施設を備えた環境に優しいプロセスが適用されます。 両社は、環境に配慮したトレンドに沿って製品の競争力を強化する計画です。

SK Geocentric の Na Kyung-soo 会長は、次のように述べています。 .

トクヤマの横田浩社長は記念講演の中で「SKジオセントリックとのパートナーシップを何よりも大切にしており、台湾、シンガポール、日本のお客様への長年の供給で培ったトクヤマの技術を基に成長しております。 IPA 積極的に市場に参入していきます。

蔚山広域市の関係者は「今回の合弁事業を通じて、両社が国内の高純度IPA市場で大きな相乗効果を生み出すことができるよう、積極的に協力していき、今回の起工式が投資の停滞に拍車をかけることを期待している.世界経済の不安定に。」

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。