Ragnarok ’20 Years’ は 3 つの新しい IP でさらに飛躍します

『ラグナロク』の商品化から 20 周年を記念して、Gravity は 3 つの新しいタイプの知的財産権 (IP) を導入することで、さらなる飛躍を遂げます。 世界91カ国で楽しまれているラグナロクIPのオリジナリティとジャンルの多様性をさらに高め、下期の国内ゲーム市場での成長モメンタムを強める。

Ragnarokは、2002年8月に商用サービスを開始したGravityの代表的なオンラインPCゲームです。原作漫画をベースにした広大な世界観、魅力的なストーリー、独特のユーモアのコード、キュートで愛らしい漫画のレンダリンググラフィックが特徴です。 韓国のみならず、台湾、日本、東南アジア、アメリカ、ロシア、ヨーロッパ、中南米で着実に人気を博しています。

グラビティが今年下半期に韓国で公開を準備している3部作タイトルは「ラグナロク ザ ロスト メモリーズ」「ラグナロク アリーナ」「ラグナロクX:ザ・ネクスト・ジェネレーション」。 ファンタジー ストーリー ロールプレイング ゲーム (RPG)、モバイル ストラテジー ロールプレイング ゲーム (SRPG)、マルチプレイヤー オンライン ロールプレイング ゲーム (MMORPG) のそれぞれのジャンル。

Gravity の子会社である Gravity Neocyon が韓国で存在感を示している Ragnarok The Story Memories は、8 月に発売されます。 200以上のオープンフィールドとダンジョンで4人のヒーローとスキルカードを戦略的に使用し、打撃に満ちたバトルのスリルをお届けします。

ラグナロク アリーナは、コレクティブル RPG のカード システムと、RPG ジャンルの特徴であるキャラクターの成長やジョブの切り替えなどの基本的な要素を組み合わせたものです。 主人公の育成はもちろん、モンスターカードの質や相性、配置など様々な要素を考慮した戦略的なバトルが楽しめます。 以前は、5 月に台湾、香港、マカオで発売され、Apple のローカル App Store Free Popular Games ランキングで 1 位にランクされました。 2学期に公開予定です。

同じく下期配信予定の『Ragnarok X: Next Generation』は、原作の内容をベースにカジュアル要素を重視した3DモバイルMMORPGです。 原作の持つ懐かしさを後押ししながら、ゲームのスケールを拡大。 サービスを開始した海外市場でメガヒットと評価され、「ラグナロクブーム」を再燃させた。

グラビティは31日、ソウル江南区ノンヒョンドン(江南区論峴洞)のSJクンストハレでラグナロクのオンライン商品化20周年を記念する「20年ラグナロクフェスティバル」を開催し、ユーザーを招待したオフラインイベントで3種類のラグナロクIP三部作を公開した。タイトルは、さまざまな体験、パフォーマンス、展示とともに、今年の下半期に導入されました。

グラビティ事業部のチェ・ソンウク代表は、「ラグナロク20周年を記念して、ホームユーザーが自分の好みに合わせて楽しめるラグナロク3部作のタイトルを用意した」と述べた。

パク・ジョンウン記者 jepark@etnews.com

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。