[PRNewswire] Finality Globalが長期運用資金で2億4400万ドルを調達


— 日本で稼働中の 3 つの太陽光発電所の運転資金

(東京、2022 年 8 月 4 日 PRNewswire=聯合ニュース) 再生可能エネルギーと持続可能性サービスのリーダーである Final Global Inc. は、長期運転資金として 2 億 4,400 万ドル (290 億円) を調達しました。 融資総額は 70 MW で、最近完成した 3 つの公共太陽光発電所に関連しています。 これら 3 つの工場は、FIT プログラムの下で 18 年間の契約が保証されています。 グローバルな金融機関である野村が当初主幹事/単独引受人を務め、日本の大手商業銀行の 1 つであるあおぞら銀行が主幹事を務めました。

「エンフィニティ グローバルは、2050 年までにカーボン ニュートラルを達成するという日本の野心的な計画を支援することを約束します。

野村のインフラストラクチャおよび電力金融(「IPF」)グループのグローバル責任者であるVinod Mukaniは、次のように述べています。 私たちは、経済におけるエネルギー移行を加速している Finality Global のような世界クラスのチームを含む、クライアント向けのソリューションを開発できることを楽しみにしています。

あおぞら銀行の常務取締役で環境問題部門の責任者である中里浩樹氏は、次のように述べています。 引き続き、移行のための資金調達に注力する」と述べた。

今年初め、Dernierity Global は、すでに日本で 250 MW の太陽光発電ポートフォリオを取得したと発表しました。 10億ドルと評価されるポートフォリオは、日本における業界リーダーとしてのFinally Globalの地位を強化します。

アルティメット・グローバルについて
米国に本拠を置く Finality Global Inc. は、その子会社とともに、再生可能エネルギーと持続可能な開発サービスのリーダーです。 グローバルな再生可能エネルギー ソリューション プラットフォームとして、同社は再生可能エネルギー資産の開発、資金調達、建設、運用、所有に重点を置いています。 北米、アジア、ヨーロッパにオフィスを持つ Dernierity Global は、カーボン ニュートラルを達成し、グローバルなカーボンフリー経済へのスムーズな移行をサポートするための持続可能なソリューションを開発しています。 Enfinity Global の詳細については、www.enfinity.global をご覧ください。

野村について
野村は、30 以上の国と地域にまたがる統合ネットワークを持つグローバルな金融サービス グループです。 東洋と西洋の市場をつなぐノムラは、個人、機関、企業、政府のニーズに、リテール、ホールセール (グローバル マーケッツおよびインベストメント バンキング)、インベストメント マネジメントの 3 つのビジネス ユニットを通じてサービスを提供しています。 1925 年に設立された野村は、規律ある起業家精神、創造的なソリューション、ソート リーダーシップの伝統を通じてクライアントをサポートしています。 野村の IPF ビジネスは、世界中のプロジェクト オーナーに多様な資金調達ソリューションを提供しています。 野村の詳細については、当社のウェブサイト www.nomura.com をご覧ください。

あおぞら銀行グループについて
あおぞら銀行グループは、国内外で事業を展開・展開するユニークな金融グループです。 あおぞら銀行は、金融の専門家として、「新たな金融付加価値を創造し、社会の発展に貢献する」という使命のもと、環境、社会、お客さま、株主、従業員などすべてのステークホルダーのWin-Winに貢献し、貢献します。価値の創造に向けた社会的および経済的志向。

あおぞら銀行は、全国の地域金融機関や多種多様なビジネスパートナーと連携することで、新たなビジネスの創出を実現することを目指しています。 あおぞら銀行は、個人や企業により良いサービスを提供するために、海外子会社、インターネットバンキング、ローンサービス、証券、研究所、投資信託、不動産投資アドバイス、M&Aアドバイス、事業投資などを通じて事業を行っています。 あなたの専門知識を向こう側で活用してください あおぞら銀行の詳細については、ウェブサイト www.aozorabank.co.jp をご覧ください。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1871638/Enfinity_Global_Kurokawa.jpg
黒川プロジェクト

出典: Finality Global

Finality Global、日本で稼働中の 3 つの太陽光発電所向けに 2 億 4,200 万ドルの長期融資を完了

東京、8月。 2022 年 2 月 3 日 /PRNewswire/ — 再生可能エネルギーと持続可能性サービスの大手企業、Finally Global Inc は、最近完成した 3 つの太陽光発電所のための長期融資で 2 億 4,200 万ドル (290 億円) を確保しました。日本は合計70MW。 工場は FIT プログラムの下で 18 年間の契約を結んでいます。 世界的な金融機関である野村がリード アレンジャー/唯一の初期ブックランナーを務め、日本の大手商業銀行の 1 つであるあおぞら銀行がリード アレンジャー/エージェントを務めました。

「2050年までにカーボンニュートラルを達成するという日本の野心的な計画を支援することを約束します。 「金融パートナーである野村銀行とあおぞら銀行からの信頼に感謝しています。」

野村のインフラおよび電力金融(「IPF」)グループのグローバル責任者であるヴィノード・ムカニは、次のように述べています。 「野村は、当社の顧客、特に低炭素経済へのエネルギー移行を加速しているFinaryity Globalのような主要なチームを持つ顧客向けのソリューションを開発できることを楽しみにしています。」

「あおぞらは、Finally Globalの日本における太陽光発電プロジェクトを支援する機会を得たことを嬉しく思います。 「あおぞらは引き続き、再生可能エネルギーの開発と脱炭素経済へのエネルギー転換を目指すクライアントのイニシアチブをサポートする資金調達に注力していきます。」

今年初め、FINITY Global は、企業価値 10 億ドルの 250MW の太陽光発電ポートフォリオを日本で買収したことを発表しました。

アルティメット・グローバルについて
最後に Global Inc. は、その子会社とともに、米国を拠点とする再生可能エネルギーおよび持続可能性サービスの大手企業です。 グローバルな再生可能エネルギー ソリューション プラットフォームとして、再生可能エネルギー資産の開発、資金調達、構築、運用、および所有に重点を置いています。 北米、アジア、ヨーロッパにオフィスを構える同社は、二酸化炭素排出量ゼロを達成し、世界中のカーボンフリー経済へのスムーズな移行を可能にする持続可能なソリューションを開発しています。 Enfinity Global の詳細については、www.enfinity.global をご覧ください。

野村について
野村は、30 以上の国と地域にまたがる統合ネットワークを持つグローバルな金融サービス グループです。 東洋と西洋の市場をつなぐノムラは、個人、機関、企業、政府のニーズに、リテール、ホールセール (グローバル マーケットおよび銀行投資)、投資管理の 3 つの事業部門を通じてサービスを提供しています。 1925 年に設立された同社は、規律ある起業家精神の伝統に基づいて構築されており、クライアントに創造的なソリューションとソート リーダーシップを提供しています。 野村のインフラおよびエネルギー ファイナンスは、世界中のプロジェクト オーナーにさまざまなファイナンス ソリューションを提供します。 野村の詳細については、www.nomura.com をご覧ください。

あおぞら銀行グループについて
あおぞら銀行グループは、国内外で事業を展開・展開するユニークな金融グループです。 私たち金融のプロフェッショナルとしての使命は、「付加価値の高い新たな金融サービスの創出を通じて社会の発展に貢献する」ことであり、環境、社会、顧客、株主、株主など、すべてのステークホルダーの幸福に貢献することです。私たちの従業員は、社会的および経済的価値を創造しようとしています。

あおぞらは、全国の地域金融機関や多種多様なビジネスパートナーと連携し、新たな事業創出の実現を目指しています。 あおぞらは、個人および法人のお客様により良いサービスを提供するために、海外子会社、証券、インターネットバンキング、ローンサービス、証券、研究機関、投資ファンド、不動産投資アドバイス、合併および買収などのサービスを提供するグループ会社の専門知識に依存しています。アドバイスと企業投資。 あおぞらの詳細については、www.aozorabank.co.jp をご覧ください。

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1871638/Enfinity_Global_Kurokawa.jpg
黒川プロジェクト

出典: Finality Global

[편집자 주] このプレス リリースは、データ提供者によって提供されたものであり、聯合ニュースは内容に変更を加えておらず、聯合ニュースの編集方向とは何の関係もないことをお知らせします。
(終わり)

出典:PRニュースワイヤーのプレスリリース

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。