No Japanの終わり…日本旅行の予約が1000件爆発

写真=ゲッティイメージバンク

「ビザなしで日本に入国できたので、10月末の航空券を購入しました。久しぶりの海外旅行なので、ビールを飲んだり、近くでショッピングを楽しんだりする予定です。」 (Aさん、30代会社員)

日本政府が 10 月 11 日からすべての外国人をビザなしで旅行できるようにしたことで、2019 年 7 月から続いていた「日本製品不買運動」はほぼ完全に終焉を迎える可能性があります。 「行くな」「買うな」というスローガンで不買運動が本格化したとき、注目されたのは日本の旅行用品、衣類、ビールでした。 衣料品やビールの売り上げはすでに明確な回復局面に入り、コロナ19の影響でストップしていた日本への旅行の予約は、個人旅行が許可されたというニュースで爆発的に増加しています。

旅行業界によると、30日、日本政府のビザなし個人旅行のニュースが最近発表されたため、旅行の予約数が急増した。 ハナツアーによると、9月1日から28日までの日本旅行の予約数は、先月の同時期と比較して1032%増加しました。 最近の Very Good Travel による日本への旅行の予約数は、1 日あたり平均で約 500 件です。 これはボイコットが始まる前のことです。

2019年7月、「素材・部品・設備」をめぐる韓日貿易紛争が勃発すると、韓国で不買運動が本格化し、訪日韓国人観光客が激減した。 韓国観光公社によると、韓国人の日本への出国者数は、2019 年 6 月の 611,867 人から、同年 12 月には 247,959 人に減少しました。

No Japanの終わり?...日本での旅行予約が1000%増加

円安や航続距離を考えると、日本は他国より早く旅行需要が回復すると予想されます。 旅行業界関係者は「旅行需要そのものを見れば、ボイコット前の水準に戻ったと言える。 .

不買運動の主な対象だったビールや衣料品の販売は、すでに明確な回復を見せています。 関税庁によると、今年1~8月の日本のビール輸入量は1万807トンで、昨年同期(5005トン)より116%増えた。

このような雰囲気を感じて、4 つのコンビニエンス ストア (CU、GS25、セブン-イレブン、E-マート 24) はすべて、今年、輸入ビール パッケージの割引に日本のビールを含めました。 2019年8月から日本のビールは関連イベントから除外されていたが、今年からアサヒ、サッポロ、キリン一番が含まれる。

日本のアパレル部門では、不買運動の対象となったユニクロの業績も回復の兆しを見せています。 韓国でユニクロを展開するFRLコリアは、昨年度(2020年9月1日~2021年8月31日)に529億ウォンの営業利益を黒字化した。 この時期、マルニやジルサンダーなどの有名ブランドやデザイナーとのコラボレーション商品は、発売のたびに「品切れ危機」を引き起こし、オープンランを引き起こしました。

ジャーナリスト イ・ミギョン capital@hankyung.com

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です