NATOで初の韓日首脳会談…後半戦で「シャトル外交」復活か

◆NATOサミット◆

「私たちは会いますが、正式な会議ではありません。」

ユン・ソクヨル(尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領)大統領が今月末のNATO首脳会議に出席し、最も注目を集めている韓日首脳会談は、特定の州で行われる予定だ。 韓日は正式な首脳会談を行っていないが、1泊2日の会議室の内外での会談の機会は、首脳間の接点を拡大し、親しい会談の機会を提供することができるとされている.韓国と日本を含むいくつかの国が別々に会合する会談。 両国が多国間会議室で別の時間をとっていない場合、会議は会議室の近くで「別の」会議として行われる可能性があります。

大統領府関係者は、「NATO首脳会議出席の機会として22日に予定されている韓日首脳会談は、現時点では全く予測が難しい」と述べた。 別の当局者は、「我々はまだ適切な時期を待っている」と述べた。 「日本の政治カレンダーもあり、海外での重要な多国間会議に出席した後、韓国と日本の間でより具体的な問題を交換する機運があると確信しています。」

これに先立ち、NHKやテレビ朝日など日本のマスコミは、岸田文夫首相がNATO首脳会議で韓米日首脳会談を推進していると報じた。 また、オーストラリアやニュージーランドなど5か国の首脳会談が検討されているとも報じられた。 日本の読売新聞は、AP4(韓国・日本・オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)サミットの可能性を提起し、韓国大統領府は日本の提案を検討していると述べた.

両国が正式な首脳会談よりも会談を奨励するのは、両国の世論と相手国の政治情勢を考慮した意思表示と解釈される。 首脳間の韓日関係正常化への意志が何よりも強いため、急ぐ必要はないということだ。

来月10日の参院選を前に、日本では依然として強硬保守世論が根強い。 彼は、日帝強占期の強制動員問題など、韓国と日本の間の問題が解決されるまで、決して会ってはならないと述べた。 このような状況下では、選挙の10日前に海外出張する岸田首相に、韓国政府が政治的負担を強いる必要はないと解釈される計算だ。 最近、日本を訪問する予定だったパク・ジン外相も、同じ理由で予定を遅らせたという。 岸田内閣の中間審査の性質上、今後2年間は総選挙はありません。 したがって、与党自民党が圧勝すれば、岸田首相は自身の政治力を基に、韓日関係の解決にもっと積極的に取り組むべきだ。

その結果、今回のNATO首脳会議では、両国の首脳が短時間でも顔を合わせて関係を強化し、今月末の金浦・羽田エアリンクの再開後、韓日外相は会議は続いた。 大統領府の計画です。

以前、文在寅(ムン・ジェイン)元大統領と日本の安倍晋三元首相が両国を訪問したが、平昌冬季五輪や平昌冬季五輪などのイベントのための訪問であり、首脳間の実務訪問である「外交シャトル」ではなかった。 G20サミット。 韓国と日本の間のシャトル外交は、2011年に李明博前大統領が京都を最後に訪問して以来、10年間中断されている。

[한예경 기자 / 박인혜 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。