MEDI:GATE NEWS ボンボン公園で生活の質を犠牲にしなければならないので、脳外科と脳神経外科を選択する… 医師の数を増やしても問題は解決しない

写真 = ゲッティ イメージズ バンク。

[메디게이트뉴스] 先月24日、大変残念なことがありました。 ソウル峨山医療センターの看護師が脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で死亡した。 脳神経外科医からすれば「コイル塞栓術」は失敗し、次善の策である「脳動脈瘤クリップ結紮術」に進む予定だったが、手術の意思がなく、ソウル大学病院に転院した。 . . ネット上でこの記事へのコメントを見たネチズンたちの怒りは急上昇した。 彼らは、病院がスタッフの一人を保護できなかったことに失望したと言われています.

しかし峨山病院の医師たちは最善を尽くしました。 自然くも膜下出血は通常、膨張した風船状の脳動脈瘤の破裂によって引き起こされます。 ここで重要な治療法は、出血が止まった脳動脈瘤の再破裂を防ぐことです。 再発した場合、生存率は半分以下になるため、可能な限り生存率を高めることが目的です。 方法には、大腿大腿動脈から脳血管にアクセスするコイル塞栓術と、頭蓋骨を開いて手術するクリップ結紮術の2つがあります。 峨山病院では、患者にコイル塞栓術を試みたが失敗し、患者は次善の選択肢であるクリップ結紮術を試みるためにソウル大学病院に移送された. .

開頭手術が必要なクリップ結紮ではなく、コイル塞栓術が行われたと思われがちですが、実際に患者さんの場合、脳動脈瘤の位置からコイル塞栓術の方がクリップ結紮よりも優れていると医療関係者が判断しました。 ほとんどの場合、最良の治療法はクリップ結紮を伴わないコイル塞栓のみです。

クリップ結紮は、故人のような困難なケースがなければ必要なかったでしょう. コイル塞栓術は、クリップ結紮ができなかったためにやむを得ず行われた手術のように見えますが、そうではありません。

さらに、韓国の医師不足が原因で事件が起こったという事実は、真実とはかけ離れた主張です。 実際、韓国は人口あたりの脳神経外科医の数が世界で最も多い国です。 世界脳神経外科連盟 (WFNS) の 2016 年の調査によると、韓国の 10 万人あたりの脳神経外科医数は 10 万人あたり 4.75 であり、協力機構および経済発展 (OECD) の 38 か国の中で日本に次いで 2 番目に多い。 5.89。 これは、OECD 加盟国で 3 番目に大きいギリシャの 2.51 の 2 倍です。

今年の初めまでの4年間、脳神経外科の研修を受けました。 その間、脳出血、脳疾患、中枢神経系疾患に関する世界中の記事やテキストをいくつか読みました。 と、何度もショックを受けました。 その理由は、韓国の医療が貧弱だったからではありません。 それはまったく逆でした。 実際、韓国では実施できなかった脳神経外科治療は、多くのいわゆる先進国で実施されていました。

2 つの例が利用可能です。 1つ目は下垂体脳卒中のケースで、これは下垂体腫瘍の拡大によって引き起こされる梗塞または出血を意味します。 下垂体脳卒中が起こると、下垂体腫瘍が視神経などの周囲の構造を圧迫し、激しい頭痛、眼瞼下垂、意識喪失などのさまざまな症状が発生します。 これらの症状が発生した場合、韓国では通常、数日以内に緊急手術が行われます。

しかし、イギリスなどのヨーロッパ諸国では​​、下垂体脳卒中による眼瞼下垂に対して、薬物治療と外科的治療の効果を比較した記事があります。 この記事を読んで驚きました。 実際、外科的治療と薬物治療の有効性を比較するには、数十人、場合によっては数百人の患者を薬物で治療する必要があります。 手術ではなく無条件で手術が必要な患者さんには、薬を出して治療効果を分析するしかありません。

2つ目は、脳動脈瘤破裂患者の治療時間です。 脳動脈瘤が破裂した場合、最も重要なことは、新たな破裂を避けることです。 脳動脈瘤が破裂すると、再び破裂すると生存率が半分になるため、出血は止まらずに止まります。 韓国の脳神経外科医は、脳動脈瘤が破裂した場合、文字どおり「できるだけ早く」コイル塞栓術またはクリップ結紮術を行うことを知っています。

しかし、ヨーロッパはどうですか? 欧州脳卒中学会(ESO)のガイドラインによると、脳動脈瘤の破裂の目標は「72時間以内(介入)」です。 72時間という数字を見た時、読み間違いかと思い何度も読み返しました。 私がこれまでに持っていた最長時間は12時間でした。 それでも手遅れだったので、足を転がしました。 韓国の脳動脈瘤患者がコイル塞栓術とクリップ結紮術を 24 時間以内に受けられないことは想像に難くない。

クリップ結紮をしていない状態で、いわゆる「開頭も出来ない」とのことで、誠に申し訳ございませんでした。 脳神経外科で4年間の研修を経て、現在は脊椎を専門としていますが、緊急開頭術を数十回行ってきたので、緊急開頭術ができないわけではありません。 ほとんどの神経外科医はこれを行うことができます。

ただし、クリップ結紮の難易度は異なります。 クリップ結紮は、開頭術と同様に脳の損傷を最小限に抑え、脳葉の後退、必要に応じて脳の部分切除、クリップによる正確な血管の結紮を必要とします。 他の処置がうまくいっても、クリップの噛み方が少し悪いと、脳梗塞で意識が戻らないケースも少なくありません。 1つもミスをせずに完璧に進めたとしても、死亡するケースは少なくありません。 損傷した脳組織の出血が少しでもひどい場合は、夜間の手術が終わった後でも、すぐに新しい手術を行う必要があります。 そうしないと患者が死ぬからです。 このように、クリップカラー戦術の難易度は高いです。 一般的な開頭術の難しさとは比べものになりません。 参考までに、コイル塞栓術はクリップ結紮ほどではありませんが、難易度は非常に高いです。

これらの手術を行うことができる医師には2種類あります。 数百床以上あるベッドの中で、大病院の教授級の医療関係者と、パク・ボンとの生活の質を捨てて教授級の医療関係者になったフェロー(理工学、ポスドクに比べて)しかいない。 医師がいくら増えても、脳神経外科医が増えても、クリップ結紮ができる医師は決して増えません。 看護職と比較すると、看護師がいくら増えても、処遇改善で先輩看護師が増えても、看護師長は増えません。 結局のところ、医学部がこの悲劇的な事件に対する答えであるというさまざまなグループの主張は、真実とはかけ離れています.

医療チームとして、看護師が患者の命と健康のためにどれだけ懸命に働いているかを最もよく知っているのは、おそらく医師でしょう。 だからこそ、今回の悲劇的な出来事に多くの医師が同情しています。 心も痛いです。 この記事を書く前に、何度考えたことかわかりません。 故人の魂は棄権しましょう。



※コラムはコラムニストの私見であり、本記事の編集方針とは一致しない場合があります。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です