MEDI:GATEニュース [슬립테크2022] 睡眠が少なすぎたり多すぎたりするのは毒です…睡眠の質とパターンも重要です

梨花女子大学ソウル病院神経内科キム・ジヒョン教授。

[메디게이트뉴스 박민식 기자] ソウルのエファ女性大学病院神経内科のキム・ジヒョン教授は、睡眠時間だけでなく、睡眠の質と規則的な睡眠パターンも長寿にとって重要であると指摘した。

キム教授は、16日にソウルのサムソンドンにあるCOEXホールDで開催されたSleep Tech 2022 Sleep Seminarでこれを述べた。キム教授によると、多くの既存の研究では、睡眠が少なすぎる人だけでなく、適切な期間より長く眠った人は、適切な期間眠った人よりも死亡率が高かった。

キム教授は、韓国、日本、シンガポール、中国の成人を対象に実施されたコホート研究の結果を発表し、睡眠時間と死亡率の関係について説明しました。

彼は次のように述べています。「7時間以上眠ると、男性と女性の両方の死亡率は、期間が長くなるにつれて徐々に増加します。 「死亡率は高いです。

「男性の場合、10時間以上眠った人は7時間眠った人よりも癌で死亡する可能性が1.1倍、他の病気で死亡する可能性が1.5倍高かった」と彼は宣言した。 なぜなら、患者が8時間以上眠ると、持続時間が長くなるからです。

キム教授は次のように述べています。「中国の高齢者の研究では、死亡率は8時間の睡眠に比べて7時間未満の睡眠の2倍以上でした。


一般的に、新生児には14〜17時間、26〜64歳の成人には6〜10時間、65歳以上の高齢者には5〜9時間の睡眠が推奨されます。 睡眠が少なからず多ければ多いほど、健康に害を及ぼす可能性があります。

キム教授は、次のように述べています。 「9時間眠り、体がすっきりしていると感じたら、それが適切な睡眠量であるため、あまり多くの数を保持する必要はありません。 その人のために寝なさい。」


品質は睡眠時間と同じくらい重要です。 金教授は「睡眠の質が良く、時間が適切であれば理想的だ。もちろん、睡眠時間が短くても、睡眠の質が良ければ悪くない。見逃せない」と語った。 。 言った。


キム教授はまた、「朝夕のタイプの中で、夕方のタイプの方が死亡率が高い。これは、運動を少なくしないなどの生活習慣が悪いためかもしれない」と述べた。


「朝と夕方のタイプを比較すると、心血管疾患、糖尿病、神経疾患、内分泌疾患、腎臓病、呼吸器疾患、筋骨格系疾患、消化器疾患の発生率が高い」と彼は付け加えた。


キム教授は、「誰もが体内時計を持っており、不規則な生活のためにこの体内時計が壊れると、体に悪影響を及ぼします。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。