MEDI:GATEニュース [슬립테크 2022] なぜ私は睡眠研究をしなければならないのですか? 睡眠障害のさまざまな原因

[메디게이트뉴스 서민지 기자] いびきや睡眠時無呼吸に悩まされていると、十分な睡眠をとっても、一日中倦怠感や眠気を感じることは避けられません。

崔智穂は、15日、COEXで「韓国ハニー睡眠プロジェクト:睡眠技術2022国際睡眠健康産業博覧会」をテーマに、睡眠ポリグラフ検査教授で睡眠医学センター所長を務めた。睡眠ポリグラフ検査を受けたい場合はどうすればよいですか?」 彼は、治療のための正確な検査から始める必要性を強調しました。

崔教授は「日本の新幹線の運転手が8分間車に乗って駅を通り過ぎた事件があった。また、180人の乗客を乗せた飛行機のパイロットが眠くなった事件もあった。例えば、多くの国が健康のための睡眠補助」と彼は言った。

崔教授は次のように述べています。「睡眠時無呼吸に苦しんでいる場合、または麻痺、特発性過眠症、日中の眠気、頻繁ないびき、倦怠感、睡眠中の息切れ、頻繁なトスとターン、睡眠中の頻繁な目覚めなどの症状がある場合は、また、身体検査で喉頭への挿管が困難な場合や、内視鏡検査による気道閉塞の兆候がある場合は、健康保険が適用され、20%(約15万ウォン)で検査を受けることができます。

いびきや睡眠時無呼吸などの症状で上気道が塞がれると、加齢、睡眠構造の変化、呼吸の生理的変化、肥満など、さまざまな原因で全身にさまざまな有害な問題が発生します。

加齢とともに徐波睡眠(ノンレム睡眠)が減少し、睡眠の細分化と入眠潜時が増加し、睡眠の質と効率が大幅に低下します。 結合組織の変化によっては、気道のサイズが小さくなり、上気道の筋肉の弾力性が低下することで睡眠障害が増加し、肺の弾力性が低下することで無呼吸が発生することがあります。酸素拡散能力と灌流と換気のミスマッチの増加。

 

写真=順天郷大学校富川病院睡眠医学センター内面図(崔正文教授)



肥満の場合、腹部と上気道の脂肪が増えると、気道が狭くなり、いびきや睡眠時無呼吸が増えます。

睡眠障害は、倦怠感、眠気、集中力の低下、記憶喪失、感情の変化、うつ病、性機能の低下などのさまざまな問題を引き起こす可能性があります。

崔教授は、「症状を確認した後、睡眠ポリグラフ検査と治療が必要だと思われる場合は、耳鼻咽喉科、精神科、小児の場合は小児科などの外来治療を求めるべきだ。睡眠検査が可能かどうか確認してください。」 必要な設備や機器がたくさんあるので、事前に電話やインターネットで睡眠ポリグラフ検査ができるかどうかを確認し、医療依頼を受けて総合病院に行って診察を受けることができます。」

「すでに入院している場合は、手術後や手術後の回復状態で、睡眠ポリグラフ検査といびき治療を併用する方法があります。必要に応じて利用することも有効です。」

「睡眠障害が続くと、心血管疾患や認知症につながる可能性があるため、日中の眠気、頻繁ないびき、睡眠時無呼吸、倦怠感、睡眠中の息切れに悩まされている場合は、睡眠ポリグラフ検査を受けることをお勧めします。あなたが糖尿病または肥満の患者である場合は、原因に応じて検査と適切な治療のために病院に行くことをお勧めします。」

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。