Lunitは、日本でAIイメージング診断ソリューションを開始してから6か月以内に100の病院を紹介します


[테크월드뉴스=조명의 기자] Lunitは、日本市場を真剣に拡大しており、昨年末に日本でAI画像診断ソリューションを開始してから6か月で100の病院に参入しました。 その結果、上半期の日本での売上高は、昨年に比べて約5倍になると見込まれます。


LunitAIビデオ分析ソリューション


特に、Lunit製品は、東京の大規模な検査センターなど、日本のさまざまな地域の高等総合病院や中小規模の医療機関など、さまざまな規模の機関によって導入されていることに注意してください。大阪の国立センター病院。


2019年、Lunitは富士フイルムNo.1との提携により本格的に日本市場に参入しました。


その後、昨年8月に日本医薬品医療機器総合機構(PMDA)からAIベースの胸部X線画像解析ソリューション「CXR-AID」が正式に承認され、CXR-AIDが日本市場に投入されました。 昨年末に。


国内市場投入後2年以内にLunitが100病院を超えたのに対し、発売後6ヶ月以内に日本の137の医療機関に供給されたことは有望です。 Lunit Insight製品は、6月末現在、世界中の600を超える医療施設で使用されています。


また、最近の日本政府による医療AIの医療費の適用も、将来的にLunitの収益性を高めることが期待されています。


日本の厚生労働保険局は、4月の治療費改定の際に「人工知能技術による画像診断支援」に追加料金を適用した。 これは、医療機関に医療用AIの導入を促すことで、Lunitの日本市場への拡大にプラスの影響を与えると期待されています。


LunitのCEOであるSeoBeom-seok氏は、次のように述べています。 手数料は新たに設立され適用され、強力な技術と制度的支援に基づくグローバル企業であり続けます。


富士フイルムの医療システム部門責任者である山下まみ氏は、「日本では、X線などの画像が年々増えるにつれて、読書にかかる時間が長くなり、医療用AIを導入する必要があります。 Lunitとの連携関係を強化し、AIを通じてお客様に差別化された価値を提供し、グローバルな市場シェアを拡大​​していきます。
















Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。