Lineは日本を超えてアジアに事業を拡大しています…台湾とタイでの成果↑

[아이뉴스24 윤선훈 기자] Lineは日本を超えて台湾やタイでの事業活動を急速に拡大しているようです。 Lineは「Line」メッセンジャーを中心に様々な事業活動を展開しており、実を結びつつあります。

2日のLineによると、Lineは日本、台湾、タイなど「LineMessenger」が人気のある地域を中心に事業を拡大している。 貿易関連サービスの利用者数は「ぼんじん」である日本で着実に増加しているが、台湾やタイでもこの傾向が見られる。

Lineが台湾とタイで開始した貿易関連サービスは着実に増加傾向にあります。 左側が台湾で発売された「ラインギフトショップ」、右側がタイで発売された「ラインショッピング」。 [사진=라인]

まず、台湾で立ち上げられた「ラインギフトショップ」は2021年6月以降さらに急速に成長しました。「ラインギフトショップ」は、昨年6月にデジタルバウチャープラットフォームから台湾のギフトプラットフォームにリブランドされました。 それ以来、売上高は急増し、前年の3倍に達したと同社は説明した。 3月の利用者数も前年の3倍以上になりました。

2018年に台湾で発売された「ラインショッピング」も今年5月にアプリのダウンロード数が300万を超え、月間アクティブユーザー数(MAU)は1200万に達しました。 Line氏は、「私たちは地元の「業界No.1」のプラットフォームになることを目指しています」と述べています。

タイでも同じ傾向が見られます。 2020年に導入されたタイの「ラインショッピング」は、2021年の平均MAU700万から今月の1200万に成長しました。 ラインによると、昨年第1四半期から今年第1四半期までの総商品売上高(GMV)は約3,138億ウォンを記録し、2022年第1四半期だけでも成長率は97%に達した。同じ期間。 前年の。 Lineは勢いを増しており、今年の後半にタイで「GiftasGift」サービスを開始する予定です。

ラインサービスを開始した日本では、貿易関連サービスも力強い伸びを示しています。 今年5月、日本のラインアプリ内のギフトサービス「ラインギフト」の累計利用者数は2400万人を超えました。 同社によれば、2020年以降に日本でコロナ19の緊急事態が宣言されて以来、「リモートギフト」がトレンドになり、利用者数が増加しているという。

また、「ラインショッピング」は、店舗での商品数を着実に増やし、ユーザー数を増やすことで、主要な事業活動としての地位を確立しています。 同社によれば、今年6月の登録ユーザー数は4600万人を超え、商品数は6億人に達した。

Lineの幹部は、次のように述べています。「日本、台湾、タイでのLineのeコマースサービスは、遠隔トレンドとともに力強い成長を遂げています。 それができる独自のeコマースエコシステムを構築したいと考えています。

一方、ラインは現在、ネイバーのスマートストアモデルを日本に移植する動きを見せています。 これは、中小企業(SME)がNaverのショッピングプラットフォームの下にオンラインストアを作成し、その過程でNaverのテクノロジーを統合するさまざまなビジネスツールを使用してプラットフォームとともに成長するエコシステムです。

現在、日本語版のスマートストア「マイスマートストア」では、ベータ版がリリースされた中小企業を募集しています。 実際の運用はラインを担当しています。 「マイスマートストア」が日本で大きな成果を上げれば、ラインの事業競争力もさらに高まるはずです。 しかし、同社の見解では、正式なリリース日はまだ設定されていません。

/ジャーナリストユンソンフン(krel@inews24.com)











Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。