[K-POP은 내 인생을 어떻게 바꿨나?] ②複雑で微妙な熱意…日本が直面するK-POP時代

「現在、韓国が映画や音楽でリードしている部分があります。東方神起のようなグループが出たとき、日本は少し進んでいましたが、すぐに追い抜かれました。」

4月にジャーナリストとの初対面で就任した都倉俊一文化大臣の言葉です。 同日、戸倉大臣は、今後も積極的な役割を果たし、日本の大衆文化を「グローバル」にすることを目指すと発表した。 文化開発を担当する政府関係者が新たな任務を引き受け、特定の国が自国の文化を追い越していると言及することは珍しいことです。 これは、韓国文化の普及に対する日本の見方を明確に示しています。

世界中に影響力を広げている韓国の文化コンテンツも、日本での存在感を急速に高めています。 しかし同時に、K-popを含む韓国の文化コンテンツは、アジア市場を支配してきた日本文化を追い抜いた危険な競争相手であり、政治的および歴史的に絡み合っている韓国が生産する不快な文化的消費財でもあります。 。 そのため、日本でのK-POPの受け入れは、他の国とは大きく異なる「複雑で微妙な熱意」を示しています。

 

[그래픽=김효곤 기자 ]

「好きだけど嫌い」…「複雑で微妙な熱意」と憎しみが混ざり合う

日本は、2020年に多くのK-popをツイートするユーザー(Unique Voices)で世界第1位にランクされました。これは、日本におけるK-popの存在感を反映しています。 同じ現象が市場でも見られます。 2020年にオリコンの年間アルバムチャートのトップ100に入ったK-POPアルバムは26枚あります。昨年7月、CDの月間売上高トップ50に入る韓国のアルバムの数は13枚に達しました。

2000年代初頭、BoAがデビューアルバム「TheListen To My Heart」で日本の音楽チャートを上回った最初の韓国人になったとき、韓国の音楽の波は日本で始まったと一般に信じられています。 それ以来、東方神起、ビッグバン、SHINeeなどの第2世代のボーイグループや、少女時代やカラなどのガールグループも人気を博しています。 しかし、数年の落ち込みの後、Twiceなどのグループの人気が回復するにつれて、ファンダムは2010年代半ばから後半に再び成長し始めました。日本の雑誌日経エンタテインメントによると、東方神起は日本で1,2800万人の視聴者を記録しました。 2018年だけでツアー。


日本のオンラインメディアDiamondOnlineに掲載された記事で、翻訳者でもある文化評論家の白川つかさが、「なぜK-Popは日本の若者を熱狂させるのか」業界がCDとオフラインの販売を中心とした利益モデルに移行するにつれて会議では、消費の焦点は経済的および時間的余裕のある中年の人々に移りました。 -私はポップアイドルに行きました」と彼は指摘しました。

K-POPアイドルの消費が増えるにつれ、日本文化におけるアイドルの見方も変わりました。 白川評論家は、「伝統的に日本のアイドルは「サポート」対象でしたが、今では多くの若い日本人にとって、アイドルは多くの娯楽の才能を持ち、消費者を楽しませる「欲望」になっています」と指摘しました。 日本では、アイドルを「未熟」と見ながらサポートするという独特の文化がありましたが、若者のK-POP消費が増えるにつれ、消費傾向は変化しました。

しかし、実際、アジア諸国の中でも、日本は韓流消費に対して強い否定的な見方をしている国でもあります。 韓国国際文化交流庁が発表した2021年のグローバル韓流動向レポートによると、日本は韓流指数で2.88点を獲得しました。これは、国別の韓流の普及と成長のレベルを測定でき、アジアの主要国の中で最低レベルを記録しています。 過去3年間(2018〜2020年)はほとんど変化がありません。 韓流の利用レベルや集中度も主要国の中で最も低く、日本文化のガラパゴス現象が顕著です。

一方、韓流に対する否定的な見方への共感率は、2018年以降着実に高まっている。これは、中国を除くほとんどの国で韓国に対する否定的な見方への共感が減少しているのとは対照的である。 2018年に29.8%だった否定的な認識の共感率は、2019年に31.4%、2020年に33.2%に達した。韓国との政治的および外交的紛争(41.6%)が否定的な認識に共感する最も一般的な理由であり、韓国(34.9%)と貧しい韓国国籍(31.6%)。 コンテンツ以外の要因は、韓流の認識に悪影響を及ぼしました。 特に、韓国国籍が低いという項目は、日本における「韓国の憎しみ」の高まりを反映していることがわかる。

 

BTS。[사진=빅히트 엔터테인먼트]

J-POPリフレクション理論の台頭…「音楽の才能から逃げるのをやめなさい」

2000年代初頭、日本はJ-popのファンダムを作り上げ、アジアの音楽市場を支配しました。 しかし、全盛期は続きませんでした。 韓国コンテンツ振興院が発行した2020年音楽産業白書は、「日本は世界最大の音楽市場の1つであり、2000年代初頭までアジア市場をリードする先進的な音楽産業でした。アイドル文化の普及などにより。、境界とジャンルの境界が曖昧であり、ストリーミングにおける音楽を中心とした再編成された世界市場の流れに遅れをとっていると評価されている。」

この危機感は日本にも広がっています。 日本のエンターテインメント作家兼ジャーナリストの松谷宗一郎氏は、次のように述べています。 日本市場を開拓し、ガラパゴス諸島の環境にあった日本のポップミュージックが一気に世界的な競争に直面する。

松谷記者は「私たちの調査によると、昨年9月にKポップでデビューした日本生まれのアーティストは30人以上いるし、韓国では10倍から100倍の頻度で練習していることがわかる。日本よりも」 「多くの若者が韓国で未来を見つけようとしているが、日本のエンターテインメント業界では、それは才能の枯渇のようなものだ」と彼は指摘した。 日本のトップスター・トップガールグループであるAKB48のセンターを務めた宮脇咲良は、韓国のハイブと契約を結び、最近の傾向を示している。

K-POPの影響が文化のあらゆる面で大きくなるにつれて、日本のアイドル文化への関心が高まっています。 日本の大手エンターテインメントエージェンシーであるジャニスの名誉会長である藤島靖子氏の死後、システムのメンテナンスが必要であるという自立説もありました。

 

2回。[사진=연합뉴스]

音楽を通して韓国に来た日本人、彼らの物語

「K-POPは私の人生をどのように変えましたか?」 シリーズの第1部では、近隣の日本でのK-popの受け入れのさまざまな側面について報告する予定です。 音楽の入り口で韓国と出会ったサイバー韓国大学助教の笹博子さん、日本の女性アイドルグループAKB48チームBの元メンバーである竹悠美優さんのように韓国のエンターテインメント業界に参入することを夢見ている若者たち現在、韓国と日本で活動しています。 比較的ユニークな環境でK-POPカルチャーを消費する若者の懸念に耳を傾ける予定です。

◆この記事は、韓国言論振興財団の政府広告料の支援を受けて作成されました。


©「5つの言語でのグローバル経済日報」アジュ経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。