K …CUコンビニエンスストアの領土拡大により、マレーシアに最短時間で100店舗目をオープン

マレーシアで5年ぶりに500店舗目…モンゴルで200店舗目を組み合わせることで業界初のグローバル店舗300店舗目

▲写真提供:BGF Retail

今年ブランド独立10周年を迎えるコンビニエンスストアNo.1のCUは、4月にモンゴルに200店舗目をオープンし、マレーシアに100店舗目をオープンしました。 これにより、CUは業界で初めて300番目のグローバルストアに到達しました。

CUは10日、マレーシアに100店舗目をオープンすることを発表しました。この地域のランドマークとして使用されています。

CUを運営するBGFRetailは、マレーシア企業MynewsHoldingsの子会社であるMYCURetailとブランドライセンス契約を締結し、業界で初めてマレーシア市場に参入し、100ポイントを獲得しました。

これは、マレーシアのコンビニエンスストア業界史上、100店舗目となる最短記録である50店舗目を1年でほぼ2倍にする最初の目標です。

CUは現在、クアラルンプールを中心にジョホールバル、マラッカ、ペナンなどのマレーシアの主要都市で進展を遂げており、まもなくその支店の範囲をマレーシア東部(ボルネオ島)に拡大し、最終的に150店舗をオープンする予定です。今年のそして次の5年間で500以上の店。

マレーシアでは、CUが別の韓流を作成します。 1号店の開店以来、100メートルを超える長蛇の列が店頭に並び、1日平均1,000人、最大3,000人のお客さまを魅了しています。 韓国文化を強く好む地元の消費者動向を狙った韓国化戦略は、地元の消費者にぴったりだった。

実際、韓国製品の人気が高まっており、総売上高の60%を占めています。 売上高1位と2位の2種類のトッポッキが1日4,000杯で販売されています。 また、ダクガンジョンなどの韓国料理やデラフェアイスドリンクなどのPB商品も人気があります。

CUはマレーシアのコンビニエンスストア業界では遅れをとっていますが、CUはグローバルな競合他社と比較して優れたパフォーマンスと強力なブランド力を構築しています。

また、IT能力とノウハウを蓄積した「BGFグローバルITシステム」を通じて現地パートナーとの有機的な連携を継続し、来年からのマレーシアフランチャイズ事業を強化していきます。

BGFRetailの海外事業運営チームの責任者であるKimTae-han氏は、次のように述べています。 グローバルなCU展開を通じてさまざまなシナジーを生み出し、Kコンビニエンスストアの地位を高めます。

CUは2012年に日本でファミリーマートの独立ブランドとなり、 新規株式公開そして100%韓国の資本で完全に独立した管理を始めました。 以来、国内市場以外の海外市場を積極的にターゲットに、Kコンビニエンスストアのグローバル化を牽引してきました。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。