JAPAN NOW シェアオフィスとカプセルホテルのコラボレーション

従来のカプセルホテルよりも広いスペースとスマートデバイスを活用したリノベーションを施したホテル。

先週21日、「wework」がニューヨーク証券取引所に上場したことが分かった。 新型コロナウイルス感染拡大後の働き方の変化に応じて、様々な形でホットデスク事業が導入されています。 アメリカ発のグローバルチャンネル「wework」なら、和のテイストにマッチした和風ワークスペース「.andwork」。

日本独自の「カプセルホテル」をベースに、いつでもどこでも仕事ができる時代に向けたホテル一体型ワークスペース「.andwork」は、2020年9月に日本7地域でオープンしたチャンネルです。

住宅のようなオフィスワークスペースは、進化したカプセルホテルとシェアオフィスを組み合わせたもの。

住宅のようなオフィスワークスペースは、進化したカプセルホテルとシェアオフィスを組み合わせたもの。

サービスには大きく分けて、宿泊型と日貸し型の2種類があります。
デイリータイプのレンタルは1時間単位で利用でき、シェアオフィススペース、ワークスペース、シャワーブース、カプセル型のスマートポッドで仮眠などを利用できるなど、ユーザー同士が楽しめるコミュニティスペースで交流を誘発します。

テレワークポートスペース。

テレワークポートスペース。

テレワークポートは、午前8時から深夜12時まで利用可能で、利用時間は午前1時から午後4時まで、出入り自由、飲食自由、料金は1時間1,000円/3,000円1日1回、1ケース45,000円です。

オープンなシェアオフィスに比べ、独立したワークスペースと宿泊が可能なパッケージは、出張など旅先での自由で快適な働き方の提案です. 地域によって異なりますが、東京では1泊6,000円です. .

会議室、電話ブース、シェアオフィス(京都)

会議室、電話ブース、シェアオフィス(京都)

高さ2.3m、床面積3㎡の個室は、L字型のデスクチェア、コンセント、熱源、電源、Wi-Fi、扇風機で新鮮な空気が循環する環境です換気はこれになります

日本では、東京の渋谷と麻布十番、大阪、京都、福岡、川崎、沖縄の合計7つのサイトがあります。

利用者のコミュニティエリアでは、24時間無料のコーヒーとパートタイムのビールサービスを提供しています。

利用者のコミュニティエリアでは、24時間無料のコーヒーとパートタイムのビールサービスを提供しています。

コロナ禍で変化した働き方の変化や、PCやWebデザイナーなど空間を超えた新しい職種の出現により、オフィス空間の変化や革新が進んでいます。

キム コナ / JAPAN NOW編集長

「外部の著者のコンテンツは、この記事の編集方向とは異なる場合があります。」
読者リクエスト:thepen@hankyung.com

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。