[J-FOOD 비지니스] 日本のフィッシュケーキティーバッグ!? 人気のドリンクブロス製品

数年前、国内のケータリング市場でフィッシュケーキスープティーバッグが商品として発売され、非常に人気がありました。 近年、食事時間を簡単に解決する必要性が高まっており、さらに進化したスープや食事時間の飲み物をリリースする傾向にあります。

食事に代わる飲み物も日本に登場しています。 コロナウイルスによる在宅勤務が盛んな環境では、コーヒーやお茶に加えて、お腹を空かせるためにスープや紅茶キノコを飲む人が増えています。

KIKOMAN Beverage(kitkoman飲料会社)は、コーヒーのように濃厚で深みのある味わいと香りを楽しめるドリップだし「よはく」を発売しました。 キコマンビバレッジは、料理用のスープではなく、飲み物の一種として、将来的に5億円から10億円に市場を拡大する計画だと語った。

かつて、キコマンビバレッジは、日本のコカ・コーラとの合弁事業により、2021年10月に「カレー」などの缶飲料として販売されていました。

今回問題を解決したのが「よはくドリップ」で、手でドリップする方法でスープから風味を抽出します。 鹿児島県焼津市のかつお節、静岡県焼津市のかつお節、日本のマグロの3つの主原料で作られています。

塩、調味料、添加物を使用していないため、本来の味わいが楽しめ、カフェイン、炭水化物、カロリーが含まれていないため、深夜でも快適に飲むことができます。

2021年9月に京都にオープンした日本食レストラン「だしとうまみ」は、「片手で日本食が食べやすい」をスローガンに、片手で食べられる「DrinkingJapaneseStyle」を販売することで注目を集めました。

販売されている飲み物は、野菜をすりつぶして擂り流しする伝統的な日本料理の擂り流です。 調味料は使用しておらず、季節に応じて野菜や付け合わせを変更しています。

昨年はカボチャと紫芋を使ったイベントメニューを紹介し、クリスマスシーズンにはほうれん草の豆乳で泡を作り、トッピングをトッピングしました。星型。

ダシトウマミ氏によると、京都の外国人観光客が減少し、コロナウイルスによる日本伝統品の売り上げが減少したため、顧客を韓国人に限定するだけで楽しめる日本式の飲み物を開発することにした。 コーヒードリンクのように見えますが、ミールリプレイスメントとして摂取できるため、あらゆる年齢層に人気があります。

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。