[J-FOOD 비즈니스] より健康的な食事のための日本のサラダドレッシングとマヨネーズ市場

KSP-POSによると、2020年4月から2021年3月にかけて、日本での包帯の売上高は前年同期比で7.9%増加しました。 健康志向の高まりや家庭での通勤などで野菜を食べたいという消費者の意欲が高まる中、サラダドレッシング市場は拡大しています。

日本政府が非常事態宣言を出した2020年4月の円周率は6,574円(約68,769ウォン)で、前年同期比で約11.5%増加した。 第2の非常事態が宣言された2021年2月でも、それは成長を続けており、前年同期と比較して約11%増加しています。

健康的で機能的なオイルへの嗜好の高まり

ドレッシングの中でも、近年、オイルを使用しないドレッシングの売上は減少傾向にあります。 機能性オイルの有効性が注目されるにつれ、オリーブオイルや亜麻仁油などのヘルシーオイルをまぶしたサラダが増え、ヘルシーオイルを使ったサラダドレッシングの開発・販売が増えています。

Kewpieは、ローズヒップを含むオイルであるAmiceを使用して血圧をコントロールするのに役立つ新しいオイルをリリースしました。これは、優れた食事効果があります。 QPの研究結果によると、ローズヒップ由来のチリロシド0.1mgを12週間毎日摂取すると、内臓脂肪面積が9.3㎡減少しました。 さらに、フラックスシード中のα-リノレン酸は、1日あたり2.6グラムのα-リノレン酸が消費されたときに収縮期およびコンプレッサーの熱圧を低下させました。

マヨネーズ市場は過去2年連続で5%成長しました

日本のマヨネーズ市場は2020年に552億円を記録し、史上最大の市場規模に達しました。 サラダドレッシングのカテゴリーに分類するのに十分な大きさであり、コロナ19以降の家庭料理の需要の高まりにより成長を続けています。

マヨネーズメーカーのキューピー氏は、「消費者の健康志向が高まるにつれ、他の調味料に比べてナトリウムや糖分が少ないマヨネーズを食べる人が増えている」と語った。 2021年3月、QPは体脂肪減少成分(ローズヒップ由来のチリロシド)を配合した「キューピーパイ」を発売しました。

キューピー缶は機能性食品として登録されており、既存のキューピーマヨネーズに比べてカロリーが50%低いので、ダイエット中の方でも負担なく食べられます。 また、QPが販売する亜麻仁油入りマヨネーズの売上高は毎年10%以上増加しており、健康志向の商品への需要が高まっていることを示しています。

最近、日本では、ソースの代わりに肉を焼いたり、野菜を漬けたりするなど、さまざまな用途でドレッシングが使われるようになり、家庭での消費も増えています。 各メーカーは、ドレッシングを万能調味料として使用するマーケティングも実施しています。

マヨネーズの本来の用途は野菜ディップやたこ焼きソースでしたが、食用油の代わりに他の調味料と混ぜて新しいドレッシングを作る「粟瀬マヨ100レシピ」など、さまざまな用途が導入されています。

CopyrightFOODNEWS。 全著作権所有。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。